自動運転で居眠り? ハイウェイを120キロで走行中のテスラのドライバー

居眠りしているように見えるテスラのドライバー。

居眠りしているように見えるテスラのドライバー。

Twitter/SethWageWar

  • テスラのドライバーは居眠りしていたようだ。3月4日(現地時間)、動画がツイッターに投稿された
  • 動画を投稿したのはロックバンドWAGE WARのギタリストSeth Blake氏、動画を撮影した時、テスラは時速75マイル(約120キロメートル)でハイウェイを走行していたと語った。
  • 動画ではドライバーは頭をヘッドレストに預け、ハンドルを操作していないように見える。
  • テスラにコメントを求めたが、返答はまだない。

テスラのドライバーは走行中に居眠りしていたようだ。3月4日(現地時間)、動画がツイッターに投稿された

動画を投稿したのはロックバンドWAGE WARのギタリストSeth Blake氏、動画を撮影した時、テスラは時速75マイル(約120キロメートル)でハイウェイを走行していたと語った。

「やつはハイウェイを時速75マイル(約120キロメートル)でまっすぐスムーズに走っていた。彼のテスラはうまく機能していた」とBlakeは記した。

動画ではドライバーは頭を運転席のヘッドレストに預け、車のハンドルを操作していないように見える。ドライバーはオートパイロットを使っていたようだ。テスラの半自動運転機能はハンドル、アクセス、ブレーキなどを一定の環境下で操作可能、だがドライバーは周囲に注意を払い、必要な時は車をコントロールすることが求められている。

我々はテスラにコメントを求めたが、返答はまだない。

テスラはウェブサイトに、オートパイロットは「ドライバー自身が車を監視する必要や責任があり、完全自動運転ではありません」と記している。だが、これまでに明らかになっているオートパイロットが絡んだ事故の多くは、ドライバーが注意を払っていなかったことを指摘した。

またテスラCEOのイーロン・マスク氏はテレビでのインタビュー中にオートパイロットを使い、ハンドルから手を離したことで批判された。

「やつはハイウェイを時速75マイル(約120キロメートル)でまっすぐスムーズに走っていた。彼のテスラはうまく機能していた」


[原文:A Tesla driver appears to be sleeping on the highway in a Twitter video

(翻訳、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み