「公立高は辞退できない」高校入試謎ルール崩した“日比谷の変”【日比谷高校定員割れ】

日比谷高校

名門・日比谷高校で定員割れ、のニュースは多くの受験生の親たちの心をざわつかせた。

都立の名門・日比谷高校が想定以上の辞退者によって定員割れし、初めて二次募集を行うことが報じられ、大きな波紋を呼んでいる。

このニュースで私を含むかなりの受験生の親が思っただろう。

「え?公立高校って辞退していいの?」

都立を含め、「公立高校は合格したら必ず入学する」ことは長らく「暗黙のルール」「不文律」とされてきた。だがネット上では、「それって明文化されたルールじゃないですよね」「合格した中からどこに行くか決めるのは受験生の権利」と数年前から激しいバトルが繰り広げられている。

受験倍率約2倍の日比谷高校で定員割れが起きるという珍事で、高校入試のパンドラの箱が開いてしまったのではないか。

受験できないよう「受験票回収」

辞退掲示板

合格した公立高校を辞退できるのかという質問に、大半の回答者は「できない」としている。

ベネッセが運営する掲示板「WOMEN'S PARK」より

「公立高校を辞退してはいけない」というのは、少なくとも都立の入試要項には書いていない。だが、ネットの掲示板では「公立と私立で迷っているけど、公立は合格後に辞退できるのか」という質問に対し、大半の回答者が「できません」と答えている。

大学生の娘を持つ都内在住の女性は、「今はどうなっているか分かりませんが、娘の中学校は、私立第一志望の生徒が私立に合格したら、都立を受験しないように先生が都立の受験票を回収していましたよ」と話す。

東京に限らず進路指導や三社面談で、「公立に合格したら、入学しなければなりません」と指導する中学校は珍しくない。

「公立を辞退する場合は、中学校の校長の印鑑が必要」「中学校の責任者が、辞退先に出向く」と辞退ルールが決まっている県もあるようだが、中学校の責任者が公立高校に出向いて辞退する=どう考えても、「迷惑をかけてすみません」と謝罪の場になるわけで、受験者が辞退する抑止力になっているのは間違いない。

私立に行く生徒は「入試欠席」がマナー

辞退掲示板2

教育をテーマにした掲示板「インターエデュ」より

都立の上位校では開成や早慶附属などトップレベルの私立、学芸大附属など国立高校と併願する生徒も多いが、都立以外の第一志望に合格した受験生は、「都立入試を欠席する」のがマナーになっている。

私の息子は今年都立高校を受験し、日比谷と戸山の説明会にも参加した。両校とも「応募倍率は高いですが、特に男子は他の高校に入学を決めて入試を欠席する生徒が相当出るので、実質倍率は2倍前後になります」と説明があった。

日比谷高校は2019年3月の一般入試で、男子の募集人員133人に対し、最終応募者は329人(倍率2.47倍)。しかし実際に受験したのは258人で、受験倍率は1.94倍に下がった(それでも高いが)。

同じく進学重点校の戸山高校も、男子の募集人員132人に対し、最終応募者は331人(2.51倍)で都内最高。受験者は268人で受験倍率は2.03倍まで下がった(やっぱり高いが)。両校とも男子は60人以上の入試欠席者が出ており、彼らは別の国立・私立に合格し、自主的あるいは中学の指導を受け、都立入試そのものを辞退したと考えられる。

都立合格者は「定員プラス若干名」

hibiya

日比谷高校の出願・入学手続き者状況

日比谷高校ウェブサイト

公立高が「合格者は辞退しない」ことを前提としているのは、合格者数を見ても分かる。

都教育委員会が公表している都立高校の合格発表を見ると、人気高でも合格者数は募集人員プラス数人に抑えられている。倍率が最も高い戸山高校では、男子の合格者数は募集人員プラス5人。そして合格者全員が入学手続きを行っている。

日比谷は男子で定員プラス9人、女子プラス7人、定員より計16人多く合格を出しており、公立校としてはかなりの流出を想定している。ところが実際には21人の辞退が出て、5人欠員となってしまったのだ。

辞退NGは「入試要項に書いていない」

「つまり中学の圧力に負けて都立入試を欠席した人がバカを見るってことですよね。フェアじゃない」

と憤るのは、世田谷区在住の立花愛さん(40代、仮名)。彼女の息子は今春、私立2校と都立1校に出願した。

「私立が第一志望だったけど、都立も受けた上で、結論を出したかった。だけど第一志望の私立に合格後、中学側に『都立は合格したら辞退できないから、入試は欠席してください』と言われ、しぶしぶ承諾しました」

「公立辞退の是非」は、ネット掲示板で以前から繰り返された質問だが、最近は都立上位校のスレッドで容認派と反対派の論争が激しくなっている。

辞退容認派が、

「都立の入試要項に『合格後に辞退できない』と書いていないのに、なぜ受験生や中学側が自主規制するんですか」

と書き込めば、辞退否定派は、

「出身中学校に迷惑をかける」「合格者の枠を1人減らしてしまう。何のための公立か。空気読んでください」

と反論し、お互いを「非常識」と批判する泥沼になっている。

「学芸大附属」vs.「日比谷」の構図の複雑化

gakugeidai

学芸大附属高も、ウェブサイトで「他校の合格等などの理由による辞退は考えておりません」とけん制している。

東京学芸大学付属高校ウェブサイトより

今回、日比谷で辞退が続出した背景として、ネット上で「塾関係者の話」として、「学芸大附属が定員割れで追加合格を大量に出した結果」(学芸大附属は2月22、23日と3月1、2日の2回に分けて繰り上げ合格者に通知している)説が流れている(ただしネット掲示板では同説への反論も多い)。

1年前の2018年の入試では、学芸大附属の大量辞退と定員割れが大きな話題になった。学芸大附属もウェブサイトで文書を掲示し、合格後の辞退をけん制している。

そして今回の日比谷の定員割れが、本当に「学芸大附属の追加合格」の結果なら、今年も学芸大附属の合格者が想定以上に他校に“抜かれて”いることになるし、繰り上げ合格の通知日が都立の合格発表と重なっていることから、辞退の連鎖が起きている可能性もある。そもそも、学芸大附属と公立高で迷う学生は5、6年前にはほとんどいなかったはずで、日比谷の進学実績の急上昇(と、もしかしたら学芸大附属のプレゼンスの低下)で都内の高校受験地政学が変化していることが、今回の“日比谷の変”の一伏線になっていると言える。

この数年、日比谷の東大合格者数が学芸大附属に肩を並べる中で、受験掲示板では日比谷派と学芸大附属派がお互いをディスりあう抗争も頻発している。誰が何のために書き込んでいるか分からないが、部外者から見たらただただ怖い。

公立の学費で私立並みの進路指導

日比谷

日比谷の二次募集は定員5人に171人が応募。日比谷だけでなく、他の上位都立の不合格者も出願し大激戦となっている。

私の息子は九州の国立中学に祖父母宅から通っており、昨夏に運動部を引退した時点でも、地方の高校に進学するか、私が住む東京で進学するかを決めきれずにいた。

息子だけでなく地方育ちの私自身も、東京の高校入試に対する知識がなく、また、都立高校の入試は2000年以降大きく変化しているため、同世代の友人に聞いてもよく分からない。この1年はガイドブックを購入したり、学校の説明会に参加したり、受験記事や掲示板をチェックして情報を仕入れていた。

日比谷は東大合格者を50人前後に伸ばしているが、説明会で校長は「まだ6人に1人しか合格させられてあげていない」と話し、今の実績になお満足していないことをうかがわせた。

説明会では豊富な夏期講習、マンツーマン指導、定期的な面談など、手厚い進学指導体制が紹介された。実際、夏休みの学校見学では、教師が廊下の机で生徒の勉強を1対1で見ていた。

日比谷の教員の一人は、「私も高校生の親なんですが、日比谷の生徒はどうしたらこんなにいい子に育つのかなって子ばかりです」と紹介した。

実際、私が遭遇した日比谷の生徒は“いい子”ばかりだった。

グループでの学校見学中、案内役の1年生の男子に「飛行機の時間に間に合わないから先に抜けたい」と話すと、最寄り駅まで送ってくれ、息子に「すごい人もいるけど、僕のような普通の高校生もいるから大丈夫だよ」と励ましてくれた。

文化祭で息子の写真を撮っていたら、すすすすと男子生徒が近づいてきて、「お母さん、一緒に撮りましょうか」と声を掛けてくれた。

「開成蹴り15人」に「圧が強い」

東大

日比谷はこの数年、50人前後の東大合格者を出している。

撮影:今村拓馬

「都立の学費で、私立並みの進路指導体制。すごいお得だなあ。生徒たちも素晴らしいし」と私は感激したが、息子は少し違う感想を抱いていた。

「日比谷は圧が強い。入れても苦労すると思う」

2016年、日比谷の校長はメディアの取材に「開成に合格したけど日比谷に入学した子は1学年あたり15人くらいいる」と話している。

受験掲示板でも、「日比谷が塾や保護者に示した資料」として、入学者の大半が早慶附属以上の高校に合格しているというデータが紹介され、「早慶附属に合格できる実力がないと、日比谷は難しい」との指摘がちょくちょくされる。

説明会では、推薦入試に出願する受験生について「女子は内申書オール5の生徒が募集人員を上回っている」と紹介された。

進学実績か自由な校風か

ゴウカク発表

どの学校に進むか。それは生徒の“権利”として主張できるはず。それでも公立辞退NGは根強い(写真はイメージです)。

Genta Yamada shutterstock

一方の戸山高。説明会では教員が進学重点校としての取り組みを説明した後、執行委員長(生徒会長に相当)が壇上に上がり、「うちの学校は、一言で言うと自由です!。部活も学校行事も生徒がリードして内容を決めます。けど、自由には責任も伴うのです~」と元気よく呼びかけた。

息子は帰り道、「戸山がいい。自由に伸び伸びと好きなことをやりたい」と言った。

ふたを開けてみれば戸山の応募倍率は2.5倍を超え、過去4年で一番高かった。

あくまで推測だが、息子のような「従来の公立受験者層の中で、比較的勉強ができる子」は戸山に流れ(うちは城東地区で、通学時間的に西方面の学校は検討外だった)、開成などトップ私立や学芸大附属といった国立を複数受け、合格した中から一番いい学校を選ぶ“狩猟系”受験生が、併願校として日比谷を選ぶようになったのではないか。中学校の影響力が比較的小さいその層に、「公立は辞退できない」という不文律は通用しにくいのかもしれない。

日比谷自身が「開成合格者の15人が日比谷に来ている」などとメッセージを発信し、開成や早慶附属、学芸大附属と同じ土俵に入ってしまった以上、自分たちが「都立」であることを理由に、「合格したら辞退しないでください」という論理が通用しないのも仕方がないだろう。

都立も専願と併願に分けてほしい

今回、日比谷の二次募集は5人の枠に171人が応募。3月11日の入試に挑む。

進学先が決まっている息子はそのニュースを見て、「ひえええええええ」と声を出した。抑えで受けた私立高校に数十万円の入学金を払っていたり、想定外の入試のために、春休みの計画を取りやめた家族もいるだろう。

また、「数十人の辞退で定員割れ」という前例が広く知られた以上、日比谷とトップ私立・国立を天秤にかける受験生の「合格後辞退」は今後さらに増えると予想できる。

息子の都立受験を中学校の担任にブロックされた立花さんは、こう話した。

「明文化していないのに、『公立は辞退できない』と暗黙の了解を求める今のシステムは破たんに向かうのではないか。例えば都立も専願と併願に分けて、合格点に差をつけるなど、実態に合わせた公平なルールを整備する時期では」

(文・浦上早苗、写真・西山里緒)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み