「飛行機は複雑になり過ぎている」トランプ大統領、ボーイング737MAXの墜落事故に言及

トランプ大統領

トランプ大統領。

Joe Raedle/Getty Images

  • トランプ大統領は、157人が死亡したエチオピア航空ET302便の3月10日(現地時間)の墜落事故を受けてツイッターに投稿した。
  • エチオピア航空の墜落事故と、189人が死亡した2018年10月のライオンエアの墜落事故は、どちらもボーイング737MAX8が離陸数分後に起こしたもの。どちらも原因は調査中。
  • 3月12日、トランプ大統領は「飛行機は複雑になり過ぎている」とツイッターに投稿した。

世界の多くの航空会社と航空当局がボーイング737MAXの運航を一時停止しているなか、トランプ大統領は2件の墜落事故を起こした737MAXに触れるツイートを投稿した。

「飛行機は複雑になり過ぎている」とトランプ大統領は3月12日(現地時間)朝、ツイッターに投稿した

「もはやパイロットではなく、MITのコンピューター・サイエンティストが必要になっている。多くの製品がそのような状況になっている。不必要な改良が行われている。時には古く、シンプルな方法が優れていることもある。第2の選択肢が……」とトランプ大統領は投稿し、およそ12分後に続けて以下のようにツイートした

「……必要だ。複雑さが危険を生み出す。多大なコストがかかっているのに、ほとんど成果はない。とにかく、アインシュタインに私のパイロットになって欲しくない。飛行機を簡単に素早くコントロールできる、偉大な空のプロフェッショナルを望んでいる」

3月10日、エチオピア航空ET302便のボーイング737MAXは離陸後数分で墜落、8人のアメリカ人を含む、157人が死亡した。

2018年11月、ライオンエアJT610便が似たような墜落事故を起こしていた。ライオンエアのボーイング737MAX8は離陸後12分でジャカルタ沖に墜落、189人が死亡した。

2件の墜落事故の原因は調査中。

エアライン・コンサルタントは737MAXは機能を満載していると述べた。エアライン・コンサルティング兼法律事務所Aero Consulting ExpertsのCEO、ロス・エイマー(Ross Aimer)は、ボーイングは安全性の高い飛行機で知られているが、737MAXは「いくつか安定性の問題」があるとBusiness Insiderに語った。

「ボーイングは常に素晴らしい、安全な飛行機を製造してきた。だが737については、このように言える。何回、古い1980年代のホンダシビックを改修するのか、と。これがボーイングが737に基本的に行ってきたこと」とエイマーは語った。

「長い間、とても安全な飛行機だった。そして、現在運航されている旅客機の中で最も普及している機体。だがボーイングがルフトハンザのために最初に737-100を設計したのは50年前のこと、まったく違う飛行機だった。今では違う機体に進化している」


※敬称略

[原文:'I don't want Albert Einstein to be my pilot': Trump says airplanes are becoming 'too complex to fly' as the UK, China, and other nations ground the Boeing 737 Max 8

(翻訳、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み