アメリカで今、最も雇用が増えているのはマリファナ業界

マリファナ工場

マリファナ工場で働く人。

Thomson Reuters

  • アメリカでは2018年、6万4389人の合法マリファナ(大麻)関連のフルタイムの雇用が生まれた。
  • その成長ペースは、他のセクターよりも早い。

エネルギーは忘れよう。アメリカでは今、マリファナ業界で求人が増えている。

マリファナに関する情報サイト「Leafly」と「Whitney Economics」の最新レポートによると、アメリカでは2018年、6万4389人の合法マリファナ関連のフルタイムの雇用が生まれた。これにより、マリファナ業界で働く人の数は21万1000人と、前の年に比べて44%増えた。

そして、この数字には法律の専門家や会計士、セキュリティー・コンサルタント、メディア、マーケティング担当といったマリファナ業界に間接的に関係する雇用は含まれていない。これらも含めると、2018年の雇用の数は29万6000人にのぼる。

業界の雇用は、2017年から2020年の間に110%増になると見込まれていて、その成長ペースは他のセクターよりも早い。なお、労働統計局はソーラーパネルの設置部門で105%増、在宅医療介護部門で47%増を見込んでいる。

連邦法の下では、マリファナは違法とみなされているため、労働統計局はマリファナ業界の雇用統計を取っていない。レポートでは、州のデータと業界の統計をもとに推定値を出している。

ただ、アメリカでは現在、多くの州で嗜好用マリファナが合法化されている。

それに伴い、求人も増えているのだ。例えば、求人情報検索サイトのグラスドアによると、同サイトに掲載されているマリファナ業界の求人件数は、2017年12月の857件から、2018年12月には1512件に増えた

同社のダニエル・ジャオ(Daniel Zhao)氏は、「採用活動への投資は、時間、労力、お金を長期的に投資することが必要となることから、景況感を示す大きな指標だ」と言う。

労働省が発表した2月のアメリカの雇用統計は予想を下回り、2017年以来の最も小幅な伸びとなった。これはたまたまなのか、雇用の減少傾向の始まりなのか、次の発表にエコノミストたちは注目している。

採用関連のソフトウエア会社「iCIMS」のチーフ・エコノミスト、ジョッシュ・ライト(Josh Wright)氏は、マリファナ業界が今後も今のペースで成長し続つけられるかどうかは分からないと言う。

「マリファナ業界は、多くの労働者や恐らくはコミュニティーにまで変化をもたらすほど大きいように思えるが、不況と戦えるほどではない」

[原文:Marijuana is the fastest-growing industry in the US job market, according to a new report]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中