生活コストは世界一、シンガポールのビリオネアの暮らし

シンガポール、ビル群

シンガポールには推定44人のビリオネアが住んでいる。

Shutterstock/joyfull

エコノミストの調査部門、Economist Intelligence Unitのレポートによると、シンガポールは5年連続で世界一コストの高い都市となった。

シンガポールとともに、パリ、香港もトップに並んだ。

人口約560万人、「ライオン・シティ」と呼ばれる都市には、推定44人のビリオネアと、さらに多くのミリオネアが住んでいる。このリッチさが、2018年のヒット映画『クレイジー・リッチ!(原題:Crazy Rich Asians)』の背景となった。

シンガポールのビリオネアの暮らしを見てみよう。


シンガポールは、世界で最もリッチな国のひとつ。

シンガポールのビル

Prasit Rodphan/Shutterstock

出典:Business Insider

マレー半島の南端にある都市国家で人口は560万人、居住者の私有財産は1兆ドル(約100兆円)に達する。

マレー半島とシンガポールの地図

Google Maps

出典:Singapore Department of StatisticsBusiness Insider

推定44人のビリオネアが暮らし、ニューヨーク、香港、サンフランシスコ、モスクワ、ロンドン、北京に次いで、世界で7番目にビリオネアが多い都市だ。ミリオネアの数も着実に増えている。

シンガポールのビジネス街。

シンガポールのビジネス街。

Suhaimi Abdullah/Getty Images

出典:Business Insider

その数は2017年半ばから2018年半ばにかけて11.2%増え、18万3737人となった。また、最も生活コストの高い都市でもある。

シンガポールのマンション群。

シンガポールのマンション群。

Unkel/ullstein bild via Getty Images

出典:Straits TimesBusiness Insider

2018年、133の都市でパン、ワイン、タバコ、ガソリンなど150品目以上の価格を比較した調査によると、シンガポールは5年連続で世界一高コストな都市となった。

シンガポール、店員

Jeff Greenberg/UIG via Getty Images

出典:Business Insider

この街のリッチなエリートの姿は、2018年のヒット映画『クレイジー・リッチ!』で、

クレイジー・リッチ

Warner Bros.

出典:Business Insider

豪華な邸宅での暮らしや、

クレイジー・リッチ

Warner Bros.

出典:Business Insider

常識はずれのライフスタイルとともに描かれた。

クレイジー・リッチ

Warner Bros.

出典:Business Insider

シンガポールに実在するビリオネア兄弟、ロバート・ウン氏、フィリップ・ウン氏の資産は、合わせて121億ドルにのぼる。2人はシンガポール最大の不動産開発会社、ファー・イースト・オーガニゼーション(Far East Organization)を率いている。父のウン・テンフォン氏が1934年に設立した会社だ。

ロバート・ウン氏(左)。1988年、土地の競売会場にて。右は父のウン・テンフォン氏。

ロバート・ウン氏(左)。1988年、土地の競売会場にて。右は父のウン・テンフォン氏。

POST STAFF PHOTOGRAPHER/South China Morning Post via Getty Images

出典:Forbes

ウィー一族もビリオネア。ウィー・チョーヨー氏の資産は64億ドル。1935年にユナイテッド・オーバーシーズ銀行(大華銀行)を設立、シンガポールで3番目に大きな金融機関となった。現在のCEOは息子のウィー・イーチョン氏。

ウィー・イーチョン氏

REUTERS/Tim Chong

出典:Forbes,Singapore Tatler

サウスチャイナ・モーニング・ポストによると、シンガポールの超富裕層は、富を維持するために裕福な家族同士で結婚し、血縁関係を大切にしている。

カップル

Suhaimi Abdullah/Getty Images

出典:South China Morning Post

上流階級に最も人気の住宅は「土地付き住宅(landed properties)」と呼ばれるもの。土地の所有を伴うので、単なるマンションの一室とは違う。「シンガポールで土地を所有することは、確かに特権。シンガポールでは土地が最も貴重な資源だから」と世界有数の不動産サービス企業、クッシュマンウェイクフィールドのクリスティン・リー氏はブルームバーグに語った。「過去50年以上にわたり、土地の価格は非常に高く評価されてきた。これが前の世代が富を築くもととなった」。

シンガポールの高級住宅街にある住宅。

シンガポールの高級住宅街にある住宅。

Google Maps

出典:Singapore Property Inc.Bloomberg

土地付き住宅を所有することは、シンガポールでは究極の「富裕層にとってのステータスシンボル」とリー氏は付け加えた。土地付き住宅の中でもさらに特別なのは「グッド・クラス・バンガロー(Good Class Bungalows:GCB)」と呼ばれる。居住スペースは少なくとも約1400平方メートルあるのが一般的。

シンガポールの高級住宅。

Google Maps

出典:Bloomberg,Asia One

だが、そうしたタイプの住宅は極めて少なく、シンガポールに約2700戸しかない。購入できるのは、収入がシンガポールの上位5%の人だけ。

シンガポールの高級住宅。

Google Maps

出典:Asia One,Singapore Business Review

もちろん、価格は天文学的。GCBは1平方フィートあたり最低1190ドルほど。

シンガポールの高級住宅。

Google Maps

出典:Asia One

シンガポールの富裕層のためのもう少し手ごろな住宅は、例えば、ディリードン・シンガポール(d'Leedon Singapore)。7棟のマンションと1棟2軒のイギリス式の住宅が7つある。設計は、イラク系イギリス人建築家の故ザハ・ハディド氏。

ディリードン・シンガポール

Hufton+Crow/View Pictures/UIG via Getty Images

出典: Zaha Hadid

現在分譲中のマンションの価格は160万〜470万ドル。

ディリードン

Hufton+Crow/View Pictures/UIG via Getty Images

出典:SRX Property

ディリードンは、シンガポールで最も裕福な人々が暮らすホランド・ビレッジにある。

ホランド・ビレッジ。

Shutterstock/ZDL


ホランド・ビレッジでは、戸建て住宅が木立に囲まれ、

ホランド・ビレッジ

Google Maps

出典:Google Maps

家の入り口はゲートで守られている。

ホランド・ビレッジ

Google Maps

出典: Google Maps

もうひとつの裕福なエリア、オーチャード・ロードにある豪華マンションの価格は2200万ドルから。ここはビジネスやショッピングの中心地でもあり、

オーチャード・ロード

Shutterstock/Everything

出典:South China Morning Post

プラダ、カルティエといった高級店が並び、

オーチャードロードのプラダ

Flickr/adforce1

出典:Visit Singapore

未来的なショッピングモール、アイオン・オーチャードがある。

アイオン・オーチャード

Valery Sharifulin\TASS via Getty Images

出典:Visit Singapore

シンガポールのエリートたちが癒しを求めて訪れるのは、贅沢なスパ。セントレジス・シンガポールのルメードゥ・スパや、

ルメードゥ・スパ

St. Regis Singapore/Facebook

出典:Prestige Online

セントーサ島にあるカペラホテルのアウリガ・スパなど。

アウリガ・スパ

Capella Hotels/Facebook

出典:Irish Examiner

アウリガ・スパには「カペラ・シンガポールだけの特別なトリートメントメニュー」がある。

出典:Capella Hotels

リゾートのようなセントーサ島には、シンガポール随一のビーチやヨットが係留できるマリーナがある。カジノ、ウォーターパーク、遊園地があり、「シンガポールの遊び場」として知られている。

セントーサ島のビーチ

Ore Huiying/Getty Images

出典:Luxe City GuidesTripAdvisor

だが、富裕層を最も見かけるのはセントーサゴルフクラブだろう。シンガポールの高層ビルの素晴らしい眺めが楽しめる。

セントーサ島の名門ゴルフコース

Sentosa Golf Club/Facebook

出典:Singapore Guide

このゴルフコースには、海外からVIPやセレブが頻繁に訪れると言われている。

出典:Singapore Guide

ディナータイムにはカット バイ ウルフギャング パック(Cut by Wolfgang Puck)でビリオネアを見かけるかもしれない。ここでは和牛やタルタルステーキ、牛タン、キャビア、ロブスターなどを味わうことができる。

カット バイ ウルフギャング パック

Cut by Wolfgang Puck/Facebook

出典:South China Morning Post

このステーキハウスはマリーナベイサンズにある。シンガポールのランドマークで、ホテル、カジノ、博物館、ショッピングモールがあり、街や湾の素晴らしい眺めが楽しめる。

マリーナベイサンズ

Shutterstock/S-F

出典:Business Insider

ワク・ギン(Waku Ghin)も富裕層に人気のレストラン。ミシュランの2つ星レストランで、和と洋が融合した10品のコースメニューを提供している。

ワク・ギン

Waku Ghin/Facebook

出典:South China Morning Post

トン ルー プライベートダイニング(Tong Le Private Dining)も人気。マリーナベイを見渡せる回転タワーの中にあり、ディナーは1人あたり78ドルから250ドル以上。

トン ルー プライベートダイニング

Tong Le Private Dining/Facebook

出典: Tong Le Private Dining

シンガポールのビリオネアたちの社交の場といえば、ストレーツ・クラン(Straits Clan)のような会員制クラブ。

ストレーツ・クラン

Straits Clan/Facebook

出典:Forbes

入会費は約3400ドル、バー、レストラン、ワークスペース、ジム、会員限定イベントの費用が含まれている。

View this post on Instagram

💎 @mouawadsg Ladies Lunch #privateevents

ANNIE LAM 🅰️藍さん(@annielaam)がシェアした投稿 -

出典:Forbes

クラブは会員について「職業ではなく情熱で定義される。つまり栄誉や功績を超えたところで。語るべき素晴らしいストーリーがあり、より多くのことを学び、実行することへの飽くなき欲求を持つ。多くの会員は大きな将来性があり、カルチャーの担い手であり、マルチな才能を持ち、より良い世界の実現のために戦っている」と表現している。

ストレーツ・クラン、若者

Straits Clan/Facebook

出典:Forbes

だが、ストレーツ・クランは若い世代向け。シンガポールで最も古い会員制クラブの1つ、タングリン・クラブ(Tanglin Club)は入会条件が非常に厳しい。シンガポールの初代警察長官、トーマス・ダンマン(Thomas Dunman)によって1865年に設立された。会費は年約4500ドル。

タングリン・クラブ

Tanglin Club/Facebook

出典 :Singapore Tatler,Tanglin Club

会員になるには、少なくとも3年は在籍している人物2人からの推薦が必要。承認されるまでに平均10〜15年かかる。

出典:Singapore Tatler

エリートの子弟は、アメリカかイギリスで教育を受けるか、シンガポールにいくつかある名門校に通う。アングロ・チャイニーズ・スクール(Anglo-Chinese School)はその1つ。設立は1886年、年間の学費はシンガポール居住者なら3250ドルほどで済むが、外国人の子弟は2万2000ドルほどになる。

View this post on Instagram

11 years on, TKK still going strong 💙💪🏻

ʝσиαтнαи тαиさん(@johnny___boyyy)がシェアした投稿 -

出典:Independent,Asia One

こうした名門校は、シンガポールの有力者や起業家、アスリートを多く輩出している。

出典:Key Location

ラッフルズ・インスティテューション(Raffles Institution)も歴史ある名門校の1つ。設立は1823年。

出典:Wall Street Journal

年間の学費は、居住者は約2700ドル、非居住者は約1万8700ドル。

View this post on Instagram

One step closer to adulthood

Kyzchristian (Alex)さん(@kyzchristian)がシェアした投稿 -

出典:Raffles Institution

[原文:What it's like living as a billionaire in Singapore, the most expensive city in the world, where wealthy residents are worth a combined $1 trillion and limited land makes owning a house the ultimate 'status symbol'

(翻訳:仲田文子、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み