渦中のボーイング、777Xを従業員のみに披露 ── 747をリプレースする次世代大型機

ボーイング777X

ボーイング777X。

Boeing

  • ボーイングは3月13日、従業員のみの社内イベントで次世代大型機777Xを公開した。
  • 777Xはボーイングの新しいフラッグシップ機となり、同社の象徴的存在である747ジャンボジェットをリプレースする。
  • 777Xは2タイプ。4億1020万ドル(約450億円)の777-8と4億4220万ドル(約490億円)の777-9。
  • 就航は2020年の予定、ローンチカスタマーはエミレーツ航空

3月13日はボーイングにとって華々しい1日となるはずだった。

同社は次世代大型機777Xを披露する予定だった。今後数十年にわたって同社のフラッグシップ機となり、同社の伝説的な747ジャンボジェットを置き換えるワイドボディ機を広く、メディアに公開するはずだった。

この日、世界中のメディアはボーイングに注目していた。だが理由は別だった。

3日前の3月10日(現地時間)、エチオピア航空302便がアディスアベバのボレ国際空港から離陸した後、数分で墜落。ボーイング737MAX8に乗っていた乗員、乗客、157人全員が死亡した。新鋭機737MAX8は2018年10月にも同じような状況で墜落していた。

3月13日朝までに、世界中の航空当局と航空会社、合わせて50以上がボーイング737MAXの飛行を停止、あるいは空域内の飛行を禁止した。同日午後、アメリカ連邦航空局(FAA)も737MAXの飛行停止を命じた。

ボーイングにとって祝福の1日になるはずが、同社史上、最悪の1日となった。

メディア向けの公開は中止され、777Xの1機目のプロトタイプは従業員のみのプライベートなセレモニーで披露された。

とは言え、初披露を取り巻く不幸な状況はボーイングにとっての777Xの重要性を損なうものではない。見てみよう。

3月13日、ボーイングは従業員に次世代大型機777Xの1機目のプロトタイプを披露した。

ボーイング777X

Boeing


777Xは2タイプ。4億1020万ドル(約450億円)の777-8と4億4220万ドル(約490億円)の777-9。

ボーイング777-8と777-9

Boeing


1機目のプロトタイプは777-9。2タイプのうち、胴体延長型。

ボーイング777-9

Boeing


777Xは、元となった777をリプレースするだけではなく、

ボーイング777

ボーイング777。

Boeing


同社を象徴する747ジャンボジェットをリプレースする。

ボーイング747

ボーイング747。

Boeing


ボーイングの新しいフラッグシップ機となる。

ボーイング777X

Boeing

「航空業界にとって、未来の大型機はボーイング777-9になるだろう」

ボーイングのマーケティング担当バイスプレジデント、ランディ・ティンゼス(Randy Tinseth)氏は2018年、ファンボロー国際航空ショーでBusiness Insiderに語った。

「400人乗りで、現行の747やエアバスA380よりも長距離を飛ぶことができる」

そして同氏は「双発、ワイドボディの経済性は4発の大型機に勝る。それがマーケットの現実」と付け加えた。

全長77メートル(252フィート)、世界最長の旅客機。

ボーイング777X

Boeing


客室は2つに分かれ、座席数は777-8が最大375席、777-9が最大425席。

ボーイング777Xの客室

Boeing


広い客室には大きな窓と新しい照明システム。

ボーイング777Xの客室

Boeing


エンジンはGE9Xターボファンエンジン 2基。GEによると排出ガスを抑えた、静粛性の高いエンジン。

ボーイング777Xのエンジン、GE9Xターボファンエンジン

Boeing


翼端は折りたたみ式。

ボーイング777X、翼端は折りたたみ式

Boeing


飛行中は優れたエアロダイナミクスをもたらし、空港では狭いスペースにも対応できる。

ボーイング777X、翼端は折りたたみ式

Lufthansa


ボーイングは777Xのプライベート・ジェットも販売している。

ボーイング777Xのプライベート・ジェット

Boeing


内装案の1つ。ジェット・アビエーション(Jet Aviation)が手がけたもの。

ボーイング777Xのプライベート・ジェット、内装

Jet Aviation


777Xの組み立てはワシントン州にあるボーイングのエバレット工場。

ボーイング777Xの組み立て

Lufthansa


2013年5月の正式な販売開始以降、350機以上の発注を受けている。

ボーイング777X

Boeing


就航は2020年の予定、ローンチカスタマーはエミレーツ航空。エミレーツ航空は現行のボーイング777の最大の運航会社。

ボーイング777X

Boeing



[原文:Boeing quietly unveiled the $442 million airliner that will replace the 747 jumbo jet

(翻訳、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中