アップル発表会迫る!新製品情報から経営課題まで、「予習」に役立つ厳選5本

iPad。

日本時間3月26日未明、世界中のメディアを集めた「発表会」を開くアップル。その直前のタイミングを狙った新製品ラッシュでファンの期待は高まる一方ですが、当日にはどんな重大発表があるのでしょうか?読者の「予習」に役立てばと、Business Insider Japanが掲載した記事の中から、直近の新製品情報からアップルの経営課題まですべてわかる5本を選びました。

どこが違う? 新旧「iPad mini」「iPad Air」を徹底比較:2019年3月版

iPad miniスペック比較表。

3月18日に発表された、新しい「iPad mini」と「iPad Air」。「買い」なのか、どんなユーザーが選ぶべきなのか。旧モデルや今あるほかのモデルと徹底的に比べてみました。

Learn more?


アップル新製品ラッシュ、新型iMacも電撃発表 ── 最新のCPUや高性能なGPUが選択可能に

iMac

3月19日、今度はデスクトップPCの「iMac」シリーズのアップデートが発表されました。何がどう変わったのか、分かりやすく解説します。

Learn more?


「2018年にアップルの姿勢が変わった」ソニーなど米テレビ4社がアップル対応の舞台裏【CES2019】

Samsungの発表会。

アメリカ・ラスベガスで開かれた、世界最大の家電・技術見本市「CES2019」。そこで関係者の注目を集めたのが、テレビに関するアップルの方針転換でした。「自前ハードウエア主義からの脱却」の舞台裏は?

Learn more?


アップルは優越的地位を“濫用”している? 公取委が調査 ── アカウント停止、表現規制……

App Store。

「この世界ではアップルが法をつくり、課税権も持つ」。あるアプリゲーム企業幹部の言葉です。圧倒的な力を持つアップルやアマゾンといった「プラットフォーマー」がどのようなビジネスをしているのか、日本の公正取引委員会が実態調査を進めています。何が問題になっているのでしょうか?

Learn more?


時価総額1兆ドルのアップルとアマゾン。2社の「曲がり角」は対照的だ

ジョブズ氏。

2018年夏には、時価総額がそれぞれ1兆ドルを突破して話題を呼んだアップルとアマゾン。「アップルは終わりの始まり」「アマゾンは始まりの終わり」という曲がり角にあるのではないか——。2社のビジネスモデルの本質を解き明かした分析記事です。

Learn more?

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中