エコノミークラス、昔はラグジュアリーだった...

エコノミークラス、かつては豪華だったその歴史

トランスワールド航空(TWA)のボーイング747の前でポーズをとるモデル。

Andre Carrara/Condé Nast via Getty Images

  • 民間航空会社の出現は人々の移動方法を変えた。
  • IATAが発表した最新データによると、2017年には41億もの人が飛行機を利用、前年比7.3%増となった。
  • 1950年代中頃、ジェット旅客機が登場し、航空業界は急速に発展した。
  • だが乗客数は飛躍的に伸び、今では空の旅への不満も増大している。
  • エコノミークラスの昔と今を比べてみよう。

過去1世紀、空の旅の出現は人々の移動方法を変えた。世界はより近くなった。

近年の航空業界の成長は、特に目覚ましい。

「2000年、平均的な人が飛行機に乗る頻度は43カ月に1度だった」と国際航空運送協会(IATA)の事務局長兼CEOのアレクサンドル・ドゥ・ジュニアック(Alexandre de Juniac)氏はステートメントで述べた。

「2017年、22カ月に1度になった」

「空の旅はかつてないほど身近になった。人々は仕事で、旅行で、教育で世界を飛び回ることができるようになっている。航空業界は自由のビジネス」とエールフランスの元CEOでもある同氏は続けた。

IATAが発表した最新の乗客データによると、2017年、41億もの人が飛行機を利用した。前年比7.3%増となった。

1950年代中頃、ジェット旅客機が登場し、航空業界は急速に発展した。

だが乗客数は飛躍的に伸び、今では空の旅への不満も増大している。実際、ジェット機による空の旅の初期、「古き良き時代」についての思い出話は少なくない。

そこで我々はエコノミークラスの昔と今を比べてみた。

1952年、ブリティッシュ・エアウェイズ(British Airways)の前身、ブリティッシュ・オーバーシーズ・エアウェイズ(British Overseas Airways Corporation)のデ・ハビランド・コメット(De Havilland Comet)がジェット旅客機時代の幕を開けた。

ブリティッシュ・オーバーシーズ・エアウェイズのデ・ハビランド・コメットG-ALYP

世界初のジェット機による定期旅客便はブリティッシュ・オーバーシーズ・エアウェイズの36席のデ・ハビランド・コメット G-ALYP。ロンドン・ヒースロー空港と南アフリカのヨハネスブルクを結んだ。

PA Images via Getty Images


だが、ボーイング707と、

ボーイング707

AP



ダグラスDC-8がジェット機時代の初期の主力機となった。

ダグラスDC-8

AP


ボーイング707の機体幅は148インチ(約3.8メートル)、エコノミーの座席構成は1列6席。DC-8の機体幅は147インチ(約3.7メートル)。

昔のエコノミーの内部

Getty/Bettmann / Contributor


707は客室レイアウトはボーイング727と同じ。

デルタ航空のボーイング727

Reuters/Mike Segar


737とも同じ。

ルフトハンザ航空のボーイング737

Lufthansa


信じられないことに、ボーイングのナローボディー機の機体幅はずっと変わっていない。最新鋭のボーイング737MAXの機体幅も同じ148インチ、座席構成も1列6席。

ボーイングのナローボディーのエコノミークラス、横6席

Southwest Airlines


1970年代初頭のボーイング747の登場が、ワイドボディー機時代の到来を告げた。747のほかには、

パンナム航空のボーイング747

AP Photo/Wally Fong


ロッキード L-1011 トライスター、

TWAのロッキード L-1011 トライスター

Getty/Christopher Deahr / Contributor


マクドネル・ダグラス DC-10。

マクドネル・ダグラス DC-10

AP


ボーイング747は乗客1人あたりのコストを劇的に下げ、空の旅はかつてないほど手頃になった。空の旅の大衆化を実現した。

パンナム航空のボーイング747

AP


ワイドボディー機は、今までにないエコノミークラス体験をもたらした。

初期のワイドボディー機のエコノミークラス

Fox Photos/Getty Images


当時、ワイドボディー機のエコノミーは、この写真のエティハド航空のエアバスA380のように大きく、広かった。

エティハド航空のエアバスA380の客室

Hollis Johnson


だが、1つ大きく違うのは、以前ほど足元のスペースが広くないこと。

現在のエコノミークラスの客室

AP Photo/Shawn Pogatchnik


シートもそう。大きく快適だったシートは、スリムなシートに変わった。

初期のエコノミークラスの客室

Fox Photos/Getty Images


軽量で、スタイリッシュ。

現在のエコノミークラスのシート

Southwest Airlines


だが、クッション性に欠け、あまり快適とは言えない。

現在のエコノミークラスのシート

United Media


良い面を見ると、空の旅は今、以前に比べて飛躍的に安くなっている。特に、格安航空会社、超格安航空会社が人気を集めている。

スピリット航空の機体

Spirit


だが残念ながら、サービスをオプションにする価格戦略も取っており、座席指定や荷物の預け入れなどには現状、追加料金がかかる。その結果、荷物棚はいっぱい。

LCCの荷物棚、荷物がいっぱい

Ted S. Warren/AP


機内エンターテインメントは、パンナムが1965年に試験導入して以来、大きな発展を遂げた。

パンナム航空が試験的に導入した機内エンターテインメント・システム

Alan Band/Keystone/Getty Images


最近は、多くの航空会社が無料のストリーミング・エンターテインメント・メニューか、個別の機内エンターテインメント・システムのどちらかを提供している。

現在の機内エンターテインメント・システム

Delta


フライトアテンダントもスマートフォンなどの最新テクノロジーを使い、乗客に価値ある情報を提供している。

スマートフォンを手に乗客と話すフライトアテンダント

United Airlines


その昔、空の旅はよりフォーマルなものだった。今は、かなりカジュアルになった。

昔のエコノミークラスの客室

AP


機内食に話題を移そう。昔は機内食は当たり前だった。

昔のエコノミークラスの客室、機内食を運ぶフライトアテンダント

Peter Stackpole/The LIFE Picture Collection/Getty Images


今では通常、長距離国際線のみ。

現在の機内食

Benjamin Zhang/Business Insider


多くの場合、エコノミーの機内食と言えば、飲み物と軽食。

現在のエコノミークラスの機内食、飲み物と軽食のみ

Benjamin Zhang/Business Insider


最後に空港について。利用者が格段に少なかったため、混雑もさほど問題ではなかった。

昔の空港、混雑していない

Getty/Bettmann / Contributor


現在、我々が利用するたびに経験する行列とはまったく違っていた。

現在の空港、窓口の行列

Business Insider



[原文:Photos show just how dramatically less glamorous flying economy is today compared to the golden age of aviation

(翻訳:Ito Yasuko、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み