国のトップは若い方がいい? アメリカの有権者が考える、大統領候補の理想の年齢とは

ベト・オルーク氏

ベト・オルーク氏。

Ethan Miller/Getty Images

  • INSIDERの最新の世論調査の結果、アメリカの有権者は大統領候補の理想の年齢は49歳と考えていることが分かった。
  • 候補者の理想の年齢は、回答者の年齢が上がるにつれ高くなった。
  • 民主党支持者は、共和党支持者よりも若い候補者を好む。
  • この結果は、その多くが50~70代の民主党の候補者にとっては、悪いニュースかもしれない。

INSIDERの最新の世論調査の結果、大統領候補の理想の年齢は、トランプ大統領や2020年の大統領選に向けて民主党候補を目指す主な候補者より、ずっと若いことが分かった。

「あなたにとって主要政党の大統領候補の理想の年齢は?」と尋ねたところ、回答の平均及び中央値は49歳だった(なお、アメリカの大統領は35歳以上であることが条件)。

なお、支持政党別に見ると、共和党の予備選に参加すると回答した有権者の理想は53歳、民主党の予備選に参加すると回答した有権者の理想は48歳だった。

大統領候補の理想の年齢は、回答者の年齢が上がるにつれ高くなる。18~29歳の有権者は45歳、30~44歳の有権者は46歳、45歳~59歳の有権者は50歳、60歳以上の有権者は55歳を理想の年齢と考えている。

この調査結果は、再選を目指すトランプ大統領を含め、多くの候補者にとっては悪いニュースかもしれない。

トランプ大統領は72歳。民主党の主な候補者である、バーモント州選出の上院議員バーニー・サンダース氏は77歳で、元副大統領のジョー・バイデン氏は76歳だ。

現時点で理想の年齢に近いのは、ニュージャージー州選出の上院議員コリー・ブッカー氏(49歳)、テキサス州選出の元下院議員ベト・オルーク氏(46歳)、起業家のアンドリュー・ヤン氏(44歳)の3人だ。カリフォルニア州選出の上院議員カマラ・ハリス氏(54歳)、ミネソタ州選出の上院議員エイミー・クロブチャー氏(58歳)、メリーランド州選出の元下院議員ジョン・ディレイニー氏(55歳)、ニューヨーク州選出の上院議員カーステン・ギリブランド氏(52歳)、ワシントン州の知事ジェイ・インスレー氏(68歳)など、その他の候補者はいずれも50歳以上だ。

反対に、インディアナ州サウスベンドの市長ピート・ブティジェッジ氏とハワイ州選出の下院議員トゥルシー・ギャバード氏はいずれも37歳と若い。

もちろん、有権者は年齢だけで候補を選ぶわけではない。INSIDERが先に行った世論調査の結果、トランプ大統領に最も勝てそうな候補者は、70代のジョー・バイデン氏だった。

バイデン氏は知名度も高い。民主党の予備選に参加すると回答した有権者のうち、82%がその名前を聞いたことがあると答え、66%がバイデン氏が民主党候補となることに違和感はないと答えた。

[原文:Americans' ideal presidential candidate is a lot younger than Bernie Sanders, Joe Biden, or Trump]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中