世界最大のEV市場を制するのは? Nio ES8とテスラ モデルXを比べてみた

NioのCEO、ウィリアム・リー氏。

NioのCEO、ウィリアム・リー氏。

Ng Han Guan/Associated Press

  • Nioは、中国のラグジュアリーEV市場におけるテスラの最大のライバル。
  • Nioは2018年、最初のEVとしてEV SUV「ES8」を発表。
  • ES8は航続距離220マイル、最大7人乗り、価格は約6万7000ドル〜。

中国は世界最大の電気自動車(EV)市場。2018年、世界のEV販売数の56%を占め、120万台が売れた。

中国市場でのシェア獲得に向け、テスラ上海に工場を建設している。テスラは中国に完全所有の工場を持つ最初の外国自動車メーカーとなる。テスラは現状、中国の顧客向けに完成車をアメリカから輸出している。

中国のラグジュアリーEV市場におけるテスラの最大のライバルは、Nio。同社は2018年、最初のEVとして、EV SUV「ES8」を発表した。航続距離は220マイル(約350キロメートル)、最大7人乗り、価格は約6万7000ドル(約740万円)〜。

一方、2015年の発表だが、テスラのSUV「モデルX」はES8のライバルとなる。

ES8とモデルXを比べてみた。

航続距離

テスラ モデルX

テスラ モデルX。

Tesla

Nio ES8の航続距離は、新欧州ドライビング・サイクル(New European Driving Cycle:NEDC)によると220マイル(約350キロメートル)、一方、モデルXの航続距離は、アメリカ合衆国環境保護庁(US Environmental Protection Agency:EPA)によると295マイル(約475キロメートル)。

NEDCはEPAよりも、数値が甘くなる傾向がある。

加速性能

Nio ES8。

Nio ES8。

NIO

0-60mph、モデルXは2.8秒、ES8は4.4秒。

定員

テスラ モデルX。

テスラ モデルX。

Tesla

どちらも最大7人乗り。モデルXは5人乗り、6人乗りの仕様もある。ES8は6人乗りの仕様もある。

エアロダイナミクス

Nio ES8。

Nio ES8。

Nio

空気抵抗係数(Cd値)、ES8は0.29、モデルXは0.25。数値が小さい方がエアロダイナミクスに優れている。

価格

テスラ モデルX。

テスラ モデルX。

Tesla

モデルXは8万9500ドル〜。ES8は約6万7000ドル。

販売エリア

Nio ES8。

Nio ES8。

Nio

ES8は中国のみの販売。モデルXはアメリカ、ヨーロッパ、カナダ、アジアで購入可能。

運転支援機能

テスラ モデルX

テスラ、イーロン・マスクCEO。

Justin Sullivan/Getty Images

テスラは運転支援機能「Autopilot」を装備。一定の条件でドライバーの監督のもと、アクセル、ブレーキ、ハンドルの操作を行う。

Nioは「Nio Pilot」と呼ばれる運転支援機能を装備。テスラと同様の機能を無線アップデートによって2019年中に導入する計画。

充電ステーション

Nio ES8。

Nio ES8。

Nio

テスラは約1440カ所の専用充電ステーションを設置。Nioは移動充電サービスやバッテリー交換サービスを提供。

その他の特徴

テスラ モデルX。

テスラ モデルX。

Tesla

モデルXは17インチ・タッチスクリーンを装備。ドライバーや乗員は多くの機能をタッチスクリーンで操作できる。また新機能や性能のアップグレードを無線アップデートで行う。

ES8は10.4インチのタッチスクリーン、ヘッドアップ・ディスプレイを装備、「Nomi」と呼ばれる音声認識システムでは、音楽やナビゲーションの設定が可能。


[原文:Nio is Tesla's biggest competitor in the Chinese electric-vehicle market — here's how its ES8 SUV compares with Tesla's Model X

(翻訳、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中