世界の政府専用機、人気の機体は?

エアフォースワン

Morris MacMatzen/特派員/Getty Images

  • ボーイングVC-25(Boeing VC-25)は間違いなく、世界で最も有名なジェット旅客機。
  • 多くの人が知っているのは、この機にアメリカ合衆国大統領が搭乗した時に割り当てられるコールサイン「エアフォースワン」。
  • 有名な世界のリーダーの多くは何らかの形で要人専用機を保有している。ボーイング747エアバスA330/A340が多い。

ボーイングVC-25は間違いなく、世界で最も有名なジェット旅客機。だが、多くの人が知っているのは、この機にアメリカ合衆国大統領が搭乗した時に割り当てられるコールサイン「エアフォースワン」。

エアフォースワンと聞けば、すぐにアメリカ合衆国大統領の飛行機を思い浮かべ、アメリカの軍事力と経済力を思い浮かべる。丁寧に磨き上げられたブルー、ホワイト、シルバーのカラーリングが世界で最も影響力のある人物の到着を大胆に宣言する。

あまり知られていないが、1機ではなく2機の、ほぼ同じボーイングが大統領専用機として使われている。通常、2機はテールナンバーを使って「28000」「29000」と呼ばれるが、大統領が搭乗すると「エアフォースワン」と呼ばれる。実は大統領専用機は1959年までこのコールサインを使っていなかった

2機の大統領専用機はボーイング747-200シリーズがベース。メリーランド州アンドルーズ空軍基地の大統領空輸群(Presidential Airlift Group)が運用している。

アメリカ合衆国大統領だけが「大統領専用機」を保有しているわけではない。実際、有名な世界のリーダーの多くは何らかの形で政府専用機を保有している。ボーイング747が多く、中国、日本、インド、韓国など多くの国で採用されている。一方、エアバスA330、A340も数多く見られる。

見てみよう。

アメリカ:大統領専用機VC-25は、ボーイング747-200を大幅に改造したもの。

アメリカ合衆国大統領専用機ボーイングVC25

1000 Words/Shutterstock


運用開始は1990年。2024年にボーイング747-8インターコンチネンタルをベースとした新しい機体にリプレースされる予定。

アメリカ合衆国大統領専用機ボーイングVC25

AP


時々、ボーイング757-200をベースにしたC-32が使われることもある。

アメリカの要人輸送機C-32

Holger Hollemann/picture alliance via Getty Images


ロシア:大統領専用機は5機、国産のイリューシンIL-96-300PUを大幅に改造。

ロシアの大統領専用機イリューシンIL-96-300PU

REUTERS/Adnan Abidi


ツポレフ214(TU-214)をベースとした小型の機体を使うこともある。

ロシアの要人輸送機

Alexei Nikolsky\TASS via Getty Images


ドイツ:2機のエアバスA340-300を改造。かつてはルフトハンザ航空の旅客機だった。

ドイツの政府専用機エアバスA340-300

Bernd von Jutrczenka/picture alliance via Getty Images


エアバスA320ファミリーをベースとした機体も数機保有している。

ドイツ政府要人輸送機

Bernd von Jutrczenka/picture alliance via Getty Images


中国:政府専用機は存在しない。代わりに、中国国際航空のボーイング747-400をチャーターしている。

中国国際航空のボーイング747-400

AP


だが、747-400は老朽化が進んでいるため、同社の747-8インターコンチネンタル1機を政府専用機にすることを検討中と伝えられた。


日本:1993年以降、2機のボーイング747-400を改造して使用してきた。だが2機とも2018年度で退役、2019年度より新たにボーイング777-300ERが政府専用機となった。

日本の政府専用機ボーイング747-400

REUTERS/Jason Le


イギリス:イギリス空軍のエアバスA330MRTTを使用。58席のビジネスクラス・シートを装備。

イギリス:イギリス空軍のエアバスA330MRTTを使用。58席のビジネスクラス・シートを装備。

Andy_Oxley/Getty Images

※エアバスA330MRTT(Multi Role Tanker Transport):A330-200がベースの空中給油/輸送機。

2015年から運用開始、空中給油機として使われることもある。2015年以前は民間機をチャーターしていた。


韓国:大韓航空からリースして改造したボーイング747-400を使用。

大韓航空のボーイング747-400

Alexander Shcherbak\TASS via Getty Images


カナダ:エアバスA310-300がベース。CC-1500ポラリスとも呼ばれている。

カナダ政府専用機CC-1500

Carsten Rehder/picture alliance via Getty Images


ポーランド:エンブラエルE-Jet、ガルフストリームG550、ボーイング737BBJなど、複数の機を保有。

ポーランド政府専用機

Artur Widak/NurPhoto via Getty Images


トルコ:世界で最も印象的な政府専用機の1つ。さまざまなワイドボディー機を使用している。エアバスA330-200や、

トルコ政府専用機A330-200

Turkish Prime Ministry / Mustafa Aktas / Handout/Anadolu Agency/Getty Images


エアバスA340-500、

トルコ政府専用機エアバスA340-500

Sean Gallup/Getty Images


ボーイング747-8Iプライベートジェットはカタール政府から贈られたものと報じられた。

トルコ政府専用機ボーイング747-8Iプライベート・ジェット

Murat Kaynak/Anadolu Agency/Getty Images


北朝鮮:ソビエト時代のイリューシンIL-62M。だが近年は、列車や中国から提供された航空機を使用。

北朝鮮の要人輸送機イリユーシンIL-62M

Kyodo News via Getty Images


コートジボワール:エアバスA319を使用。

コートジボワール政府専用機エアバスA319

Fu Tian/China News Service/VCG via Getty Images


イラン:エアバスA340-300を使用、かつてエア・カナダとターキッシュ エアラインズで使われていた機体。

イランの要人輸送機エアバスA340-300

Abdulhamit Topal/Anadolu Agency/Getty Images


オーストラリア:ボーイング737BBJを数機保有。だが、オーストラリア空軍のエアバスA330MRTTが長距離フライト用の機体に転用されると報じられた。

オーストラリア政府専用機ボーイング737BBJ

Teaukura Moetaua/Getty Images



[原文:The Boeing 747 and the Airbus A330 are two of the most popular choices for Presidential jets. Here's how the world's leaders travel.

(翻訳:Ito Yasuko、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み