もう着ない! アメリカの10代が見捨てたブランド 15

ビクトリアズ・シークレット

志向に変化が。

Business Insider/Mary Hanbury

パイパー・ジャフレーの最新調査によると、ティーンが今、最も好きなブランドはナイキ、アディダス、ビクトリアズ・シークレットだ。

だが、これらのブランドは同じ調査で、高所得者層のティーンが着るのを止めたと答えたブランドでもある。

これは富裕層の若者の志向が変わりつつあることを示しているのかもしれない。

以下、高所得者層のティーンが着なくなったと答えたブランドを割合の多い順に紹介しよう。


1. ジャスティス(Justice)

ジャスティス

Facebook/Justice

高所得者層のティーン(女子)の30%が、ジャスティスを着なくなったという。

2. アンダーアーマー(Under Armour)

アンダーアーマー

Facebook/Under Armour

高所得者層のティーン(男子)の15%がアンダーアーマーを着なくなったという。

3. ギャップ(Gap)

ギャップ

Business Insider/Hollis Johnson

高所得者層の男子の10%、女子の6%がギャップを着なくなったという。

4. ナイキ(Nike)

ナイキ

Reuters

男子の12%、女子の2%がナイキを着なくなったという。

5. エアロポステール(Aeropostale)

エアロポステール

REUTERS/Brendan McDermid

高所得者層のティーン(女子)の9%がエアロポステールを着なくなったと答えた。

6. ホリスター(Hollister)

ホリスター

Business Insider/Jessica Tyler

女子の8%、男子の2%がホリスターを着なくなったという。

7. アディダス(Adidas)

アディダス

Photo by Vianney Le Caer/Invision/AP

高所得者層のティーン(男子)の8%がアディダスを着なくなったという。

8. アバクロンビー&フィッチ(Abercrombie & Fitch)

アバクロンビー&フィッチ

Business Insider/Mary Hanbury

高所得者層のティーン(女子)の7%がアバクロンビー&フィッチを着なくなったという。

9. アメリカンイーグル(American Eagle)

アメリカンイーグル

Business Insider/Jessica Tyler

女子の5%、男子の2%がアメリカンイーグルを着なくなったと答えた。

10. リーボック(Reebok)

リーボック

Reebok on Facebook

高所得者層のティーン(男子)の5%がリーボックを身につけなくなったという。

11. オールド・ネイビー(Old Navy)

オールド・ネイビー

Shutterstock/Northfoto

高所得者層の男子の3%、女子の2%がオールド・ネイビーを着なくなったという。

12. プーマ(Puma)

プーマ

Ralph Orlowski/Getty Images

高所得者層のティーン(男子)の4%がプーマを身につけなくなったという。

13. スケッチャーズ(Skechers)

スケッチャーズ

Mari Bandz/YouTube

高所得者層のティーン(男子)の4%がスケッチャーズを身につけなくなったという。

14. フォーエバー21(Forever 21)

フォーエバー21

Timothy Hiatt/Getty Images

高所得者層のティーン(女子)の3%がフォーエバー21を着なくなったという。

15. ビクトリアズ・シークレット(Victoria's Secret)

ビクトリアズ・シークレット

Keegan Z. / Yelp

高所得者層のティーン(女子)の2%がビクトリアズ・シークレットを身につけなくなったという。

[原文:Rich teens are ditching these 15 brands]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み