"極右の希望の星"からトランプ大統領の右腕に! スティーブン・ミラー氏の妥協を許さない半生

スティーブン・ミラー

スティーブン・ミラー大統領補佐官。トランプ大統領のスピーチを書くことも。

Chip Somodevilla/Getty Images

  • アメリカでは複数のメディアが、ニールセン国土安全保障長官の突然の辞任の裏にはスティーブン・ミラー大統領補佐官の存在があると報じている。ミラー補佐官は今後もトランプ大統領の政策に影響を与え続けそうだ。
  • ミラー補佐官は、トランプ大統領が求めている50億ドルの国境の壁をめぐって、民主党議員との戦いの最前線にいた。
  • ミラー補佐官はトランプ政権の移民政策の推進役と見なされてきた。
  • 「極右の希望の星」として、ミラー氏は政権に入る前からその発言や振る舞いでニュースになっていた。

アメリカでは4月7日(現地時間)、ニールセン国土安全保障長官が突然辞任した。より厳しい国境政策を実行するための同省の刷新の裏には、大統領補佐官のスティーブン・ミラー氏の存在があると複数のメディアが報じている。ミラー大統領補佐官は今後もトランプ大統領の政策に影響を与え続けそうだ。

ミラー氏は何年も前から「極右の希望の星」で、その発言や振る舞いがニュースになっていた。

同氏は2016年の米大統領選から残っているトランプ大統領の数少ないスタッフの1人で、初めての一般教書演説などトランプ大統領のいくつかの主要スピーチを書いてきた。

その強硬姿勢と才覚でのし上がってきたミラー氏だが、トランプ政権で主要な地位に就く前から、高校や大学でも自身の考えを積極的に発言し、選挙キャンペーンにも参加する保守派の活動家だった。

ミラー氏は、どうやってトランプ大統領の政策の右腕になったのか、見てみよう。


1985年8月23日、カリフォルニア州サンタモニカで生まれたスティーブン・ミラー氏は、迫害を逃れたユダヤ系一家の出身だ。家族はリベラル寄りだが、ミラー氏自身は若い頃から筋金入りの保守だという。

サンタモニカ高校

サンタモニカ高校(2009年)。ミラー氏は2000年代前半に通っていた。

Charley Gallay/Getty Images

Source:The Hollywood Reporter

2002年、16歳になったミラー氏は、9.11同時多発テロのあと、生徒たちの間にただよう反戦ムードから「ウサマ・ビンラディンはサンタモニカ高校で大歓迎されていると感じるだろう」と寄稿した。それ以降、ミラー氏はロサンゼルスの保守系ラジオ・トーク番組に出演し始めた。

ミラー氏

ホワイトハウスでインタビュー取材に応じるミラー氏。

REUTERS/Joshua Roberts

Sources:The LookOut,Univision,Politico Magazine

2017年には、ミラー氏が高校時代、生徒会の選挙でしたスピーチ動画が話題になった。スピーチの中で同氏は、生徒は自分のゴミを拾うべきではない、なぜなら彼らのために「お金をもらってそれをする用務員がいくらでもいる」からだと主張した。聴衆はステージ上の彼に向かって、すぐにブーイングをした。

高校時代のミラー氏

高校時代のミラー氏。

Screenshot via Univision Noticias/Youtube

Sources:The Washington Post,Politico Magazine

デューク大学に進学したミラー氏は、そこでも有名な保守派のイデオロギー信奉者として、論争を呼び続けた。CNNやFOXニュースに出演し、レイプ疑惑のあるラクロス・プレーヤーを擁護して、大学のメキシコ系アメリカ人団体とやり合った。

テレビ出演するミラー氏

2007年、FOXニュースの番組『ザ・オライリー・ファクター』に出演したミラー氏。

Screenshot via Gotfong/Youtube

Sources:The Duke Chronicle,Vanity Fair,The New Yorker

デューク大学でミラー氏は、白人至上主義者のリチャード・スペンサー氏と出会う。スペンサー氏は大学時代、自分はミラー氏のメンターだったと主張しているが、ミラー氏はこれを否定。移民に関する討論会のために、資金調達を手伝ってもらっただけだとしている。

リチャード・スペンサー氏

テキサスの大学で演説する、リチャード・スペンサー氏(2016年)。

Associated Press/David J. Phillip

Source:Mother Jones

政治学を専攻し、2007年に大学を卒業すると、ミラー氏は保守派でミネソタ州選出のミシェル・バックマン下院議員(当時)やアリゾナ州選出のジョン・シャデッグ下院議員(当時)の広報担当としてキャリアを積んだ。

ミシェル・バックマン

ミシェル・バックマン氏。

AP

Sources:Politico Magazine,Vanity Fair

2009年、ミラー氏はジェフ・セッションズ氏の下で働き始めた。セッションズ氏は上院議員で、のちに司法長官も務めた。

ジェフ・セッションズ氏

アラバマ州で開かれた、トランプ氏の集会に登場するジェフ・セッションズ氏(2016年12月17日)。

AP Photo/Brynn Anderson, file

Sources:Politico Magazine,Vanity Fair

2013年、セッションズ氏とミラー氏は、アメリカに住む全ての不法移民に市民権取得の道を開く法案を非難した。

セッションズ氏、ミラー氏

会見するセッションズ氏とそれを見守るミラー氏。

Andrew Harnik/AP

Sources:Politico Magazine,Vanity Fair

他にも、ミラー氏は「国家ポピュリズム」という概念を考案し、他の議員の選挙を手伝っていた。この頃、FOXニュースの司会者、タッカー・カールソン氏とも親しくなり、しばしばカールソン氏のメディア「Daily Caller」に協力していた。

タッカー・カールソン氏

FOXニュースのタッカー・カールソン氏。カールソン氏は保守派の「Daily Caller」の創設者でもある。

Fox News

Source:Politico Magazine

2016年1月、ミラー氏は上級政策顧問としてトランプ陣営に加わった。

トランプ大統領とスタッフ

トランプ大統領とそのスタッフ。大統領専用機の中で。

White House

Sources:Politico Magazine,Washington Post

トランプ氏のスピーチを書くことでチーム内での地位を固め、自らもしばしば集会で演説した。その後、ミラー氏はトランプ氏の経済政策チームに指名される。

ミラー氏

2016年、トランプ氏の集会で。

Brian Snyder/Reuters

Sources:Politico Magazine,Washington Post

選挙戦を通じて、ミラー氏はのちに首席戦略官となるスティーブ・バノン氏と親しくなった。ミラー氏はその後、バノン氏がトップを務めたこともある保守系ニュースサイト「ブライトバート」の編集者やライターをホワイトハウスに招き、移民問題について議論した。

ミラー氏、バノン氏

ミラー氏とバノン氏。

Andrew Harnik/AP

Sources:Politico,The Washington Post

政権移行チームに名を連ねたのち、2017年1月、ミラー氏は正式にトランプ大統領の政策チームに指名された。

ミラー氏

Win McNamee/Getty Images

Source:Politico

トランプ政権の発足後、ミラー氏は移民や難民の入国規制措置に携わった。

ミラー氏

CNNに出演し、トランプ大統領を擁護するミラー氏。

Twitter/Fox News

Sources:Politico,Vanity Fair

同氏はまた、トランプ大統領の就任演説や一般教書演説、2016年7月の共和党全国大会での基調講演といったいくつかの主要なスピーチの準備を手伝った。

ミラー氏と当時のホワイトハウスのスタッフたち

Ron Sachs-Pool/Getty Images

Sources:Politico,The Duke Chronicle,The Washington Post

ホワイトハウスの元報道官、ショーン・スパイサー氏は「スティーブンは自分の声をどう使えばいいか、よく分かっている」と語っている。

ミラー氏、スパイサー氏

ニューヨークにあるトランプ・タワーに到着した、ミラー氏とスパイサー氏。

Drew Angerer/Getty Images

Source:The Washington Post

2017年8月、移民の入国規制をめぐって、ミラー氏は記者会見でCNNのジム・アコスタ記者とやり合う様子は注目を集めた。

ミラー氏

CNNのアコスタ記者とやり合うミラー氏。

AP Photo/Susan Walsh

Source:Business Insider

2018年1月には、CNNの司会者ジェイク・タッパー氏とも激しくやり合った。最終的にはセキュリティーが呼ばれ、ミラー氏はスタジオから連れ出された。

ミラー氏

CNNの「State of the Union」に出演したミラー氏。

Twitter/CNN

Source:Business Insider

1月の政府機関の閉鎖をめぐる交渉の際には、ミラー氏がホワイトハウスの政策立案に重要な役割を果たしていることが広く知られた。だが、同氏の強情ぶりは批判された。

ミラー氏

Evan Vucci/AP

Source:Politico

このとき、リンゼー・グラム上院議員は「スティーブン・ミラーが移民問題の交渉を担当している限り、らちがあかない」と述べた。

グラム議員

メディアの取材に応じる、共和党のリンゼー・グラム上院議員。

AP Photo/Jacquelyn Martin

Source:Politico

6月、ニューヨーク・タイムズは、メキシコとの国境で移民の親から子を引き離すトランプ大統領の政策の裏にミラー氏がいると報じた。

トランプ大統領、ミラー氏

ホワイトハウスでメディアの取材に応えるトランプ大統領とその後ろを歩くミラー氏(2018年6月)。

Chip Somodevilla/Getty Images

Source:The New York Times

6週間で約2000人の子どもを家族から引き離したこの政策は、党派に関係なくトランプ政権への反発を招いた。

移民の子ども

AP

Source:Business Insider

この「不寛容(ゼロ・トレランス)」政策について、ミラー氏は「シンプルな決定」であり「移民法からは誰も逃れられないとのメッセージだ」と、ニューヨーク・タイムズに語った。

ミラー氏

Chip Somodevilla/Getty Images

Source:The New York Times

12月、トランプ大統領が連邦議会に対し、メキシコとの国境沿いの壁の建設費用として50億ドルを認めなければ、政府機関を閉鎖することを「誇りに思う」と強調し、ミラー氏も再び注目を浴びた。

コーヒーを持つミラー氏

Evan Vucci/AP Photo

Source:Business Insider

CBSの「フェイス・ザ・ネイション」に出演したミラー氏は、トランプ大統領の主張を繰り返し、政権は連邦議会が壁の建設費用を認めなければ政府機関を「間違いなく」閉鎖すると語った。

番組出演時のミラー氏

Screenshot via CBS

Source:CBS

「非常に根本的な問題だ」とミラー氏は言い、「これはアメリカが主権国家であり続けるかどうかの問題だ。我々が、我々の国に入るためのルールを確立、実行できるかどうかだ」

民主党のチャック・シューマー上院議員は、政権のコメントを「かんしゃく」と呼び、トランプ大統領は「どんな形の壁も手に入れることはないだろう」と警告した。

シューマー議員

民主党のシューマー上院議員。

Manuel Balce Ceneta/AP

Source:NBC News

結局、2018年12月22日に政府機関は一部閉鎖した。

閉鎖のサイン

ナショナル・ギャラリー・オブ・アートの入り口に掲げられた「閉鎖」のサイン。

Reuters

数週間にわたって続いた、国境の安全をめぐる民主党幹部とトランプ大統領、ニールセン国土安全保障長官の間の交渉は、非生産的なものだった。政権が壁の建設に固執したからだ。

民主党幹部との交渉

Mark Wilson/Getty Images

Source:Business Insider

そして、政府機関の閉鎖は終わらせるが、壁の建設費用は予算として認めないとの合意に至ったあと、トランプ大統領は軍事費を壁の建設費用に回すため、国家非常事態を宣言した。

トランプ大統領

国家非常事態を宣言するトランプ大統領(2019年2月15日)。

Evan Vucci/AP

Source:Business Insider

こうした強硬姿勢は、ミラー氏の妥協を許さない政策スタイルにマッチする。4月7日のニールセン長官の辞任も、移民を減らすためのより厳しい政策に道を開こうとするミラー氏の仕業だと、複数のメディアが報じている。

ニールセン国土安全保障長官

ニールセン国土安全保障長官。

Getty Images/Chip Somodevilla

Source:Business Insider

ニールセン長官の辞任は、ミラー氏がトランプ大統領に与える影響力が強まっているであろうことを示している。政権は今後、さらに厳しい政策を取る可能性がある。

トランプ大統領と側近

Chip Somodevilla/Getty Images

Source:Business Insider

アメリカの国境をめぐる政策が今後、どうなるかはまだ分からないが、10代の頃から強硬な保守派として活動してきたミラー氏の勢いが衰える気配はない。

ミラー氏

大統領令に署名するトランプ大統領を見守るミラー氏(2017年2月24日)。

AP Photo/Pablo Martinez Monsivais

[原文:Meet Stephen Miller, the 33-year-old White House adviser who was reportedly behind Kirstjen Nielsen's abrupt resignation]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中