意外と難しい? リモートワークが上手くいく13のコツ

カフェでPCを使う男性

リモートワークは今後、まだまだ広まりそうだ。

GaudiLab/Shutterstock.com

2017年のある世論調査によると、アメリカでは40%以上が少なくとも1年のうちの一部をリモートワークしていることが分かった。

自宅でフリーランスとして働いている人もいれば、出張であちこち飛び回りながら働いている人もいるだろう。いずれにせよ、別のある調査によると、2027年までにアメリカではリモートワークをする人が労働力の半分以上を占めることになる見込みだ。

ドレスコードがなく、日中にワークアウトを入れたり、通勤に費用がかからないなど、リモートワークにはさまざまなメリットがあるが、それだけではない。

実際には規律が必要だし、孤独も伴う。

Business Insiderでは、リモートワークを実践している複数の専門家に、彼らがどのような工夫をしながら働いているのか尋ねた。

リモートワークが上手くいくコツをチェックしよう。


1. 仕事専用のスペースを作る

書斎

Chip Somodevilla / Stringer / Getty Images

2. お気に入りのコーヒーショップに行くなど、社会的な交流を伴う休憩を挟む

カフェ

Andrew Burton/Getty Images

3. デスクで昼食や夕食を取らない —— 外の空気を吸うことも大切

デスクに置かれたパスタ

Flickr/Sarah Marriage

4. 毎日同じ時間に起きるなど、1日のスケジュールを決めておく

パジャマ姿でPCを見る人

Creative Nina/Shutterstock

5. リラックスしたり、休憩を取ったり、気分転換の時間を作る

カフェで仕事をする人

Andrew Burton/Getty Images

6. 時差のある場所に行く場合は、クライアントに予め対応可能な時間を伝えておく

スマートフォンを使う女性

Joscha Malburg/EyeEm/Getty

7. 急な呼び出しにも応えられるよう、きちんと着替えておく

メイクをする女性

Getty Images

8. 少なくとも週に1度は、いつもと違う場所で仕事をする

カフェでPCを使う女性

GaudiLab/Shutterstock.com

9. ワークアウトを日々のルーティンに組み込む

ジム

Guido De Bortoli/Getty Images

10. 職場で同僚と雑談をするように、1時間くらい働いたら家事をして気分転換

キッチン

Flickr / frozenpeas42

11. 誰かに電話をかけて、しゃべる

電話をする男性

Francis Kokoroko/Reuters

12. 瞑想など、頭をすっきりさせ、集中力を高める自分なりの朝の習慣を持つ

ヨガ

Strelka Institute/Flickr

13. アラームを使って、10~15分に1度は立つようにする

床に座る人と立つ人、椅子に座る人

dotshock/Shutterstock.com

[原文:Working from home is harder than it looks — here are 13 ways to keep yourself sane if you work remotely]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み