墜落の原因は? 最新鋭ステルス戦闘機F-35をより知るための5本

F-35

Thomson Reuters

航空自衛隊のF-35Aが太平洋上で消息を絶った。機体の一部は発見されたが、パイロットの捜索は続いている。また事故原因の追求にはブラックボックスの発見も欠かせない。

F-35とはどういう航空機なのか。F-35に関する記事をピックアップした。


F-35は仮にレーダーに捕捉されても、ロシアにも中国にも撃ち落とせない —— 元パイロットが断言する理由

F-35

F-35は金属と合金でできた巨大な飛行物体。レーダーを適切な場所で、適切なタイミングで照射すれば、機体を確実に探知できるだろう。ただ、撃墜できるかどうかは別の話だ。

Lockheed Martin

Jun. 10, 2017

多くの人が、ステルス戦闘機はアメリカ空軍にとって無益であり、お金がかかり過ぎると声高に主張してきた。

だがその一方で、元アメリカ海兵隊少佐ダン・フラットリー(Dan Flatley)氏は、ステルス戦闘機のパイロットがロシアや中国の対ステルス兵器を恐れない理由をBusiness Insiderに語った。

Learn more?


F-35のパイロットが語る「ステルス機の絶対的な心理的優位」

F-35とF-18

F-35のパイロットとF-18のパイロットが得る情報量の間には、埋めようのないギャップがある。

DVIDS

May. 21, 2017

「情報量の格差がいかに重要かということを、ほとんどの人は分かっていない」

F-35と旧来の戦闘機の間に、スピードや旋回能力、射程距離において大きな性能差はない。だが、F-35のパイロットとF-18のパイロットが得る情報量の間には、埋めようのないギャップがある。

Learn more?


ボーイングは改良版F-18を準備中、F-35に匹敵するのか

アドバンスドスーパーホーネット

アドバンスドスーパーホーネットのコンセプト図。

Boeing

Jan. 26, 2017

アメリカ、そして他の国々も、F-35の能力を補完するために最先端の改良をF/A-18に施すことを視野にいれている。この改良により、たとえステルス性が備わっていなくても、一部の分野ではF-35よりも優れた能力を発揮するかもしれない。

Learn more?


元米海軍司令官「F-35は他の機に置き換えるべき」

F-35

日本の航空自衛隊向けの1号機、通常離陸タイプの「F-35A」。ロールアウト式典より。

Courtesy of Lockheed Martin

Dec. 14, 2016

高度なステルス性を備え、空軍、海兵隊、海軍の3軍で使える共通の機体を開発するというアイデアは企画書の上では優れたアイデアであり、最終的には米軍の承認を得たが、決して唯一の選択肢ではなかった。

Learn more?


中国やロシアのステルス機は「ダーティ」、F-22やF-35の相手になり得ない。

殲20(J-20)

中国のステルス戦闘機「殲20(J-20)」。

Chinese Military Review

Aug. 11, 2017

アメリカはステルス戦闘機の製造と実地配備に数十年の経験を蓄積している。ロシアや中国がハッキングしても追いつけない差がある。

「ロシアや中国もステルス戦闘機を投入しようとしているが、我々はすでに40年間、研究している」と、アメリカ空軍の退役少将マーク・バレット(Mark Barrett)氏は8月2日、ディフェンス・ニュース(Defense News)に語った。

Learn more?

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中