世界で最も多くの金を保有する国トップ10

運ばれる金の延べ棒

Getty Images/Dario Pignatelli/Bloomberg

2018年、各国の中央銀行が購入した金の量は金・ドル兌換制度が廃止された1971年以降で最高となった。

このトレンドは今年に入っても続いている。

国際通貨基金および金の国際調査機関「ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)」の最新データによる、2019年4月初め現在、世界で最も多くの金を保有している国トップ10を見ていこう。


10位 インド

インド

Reuters/Danish Siddiqui

金の保有量:608.7トン

外貨準備に占める金の割合:6.4%

9位 オランダ

オランダ

Michael Dalder/Reuters

金の保有量:612.5トン

外貨準備に占める金の割合:65.9%

8位 日本

日本

Reuters

金の保有量:765.2トン

外貨準備に占める金の割合:2.5%

7位 スイス

スイス

KEYSTONE/Martin Ruetschi

金の保有量:1040トン

外貨準備に占める金の割合:5.5%

6位 中国

中国

REUTERS/Damir Sagolj

金の保有量:1874.3トン

外貨準備に占める金の割合:2.5%

5位 ロシア

ロシア

AP Photo/Alexei Druzhinin, Pool

金の保有量:2150.5トン

外貨準備に占める金の割合:19.1%

4位 フランス

フランス

REUTERS/Jacky Naegelen

金の保有量:2436トン

外貨準備に占める金の割合:61.1%

3位 イタリア

イタリア

Bruno Vincent/Getty Images

金の保有量:2451.8トン

外貨準備に占める金の割合:66.9%

2位 ドイツ

ドイツ

AP Photo/dpa/ Frank Rumpenhors

金の保有量:3369.7トン

外貨準備に占める金の割合:70.6%

1位 アメリカ

アメリカ

Reuters/David Gray

金の保有量:8133.5トン

外貨準備に占める金の割合:74.9%

[原文:The 10 countries with the biggest piles of gold]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み