閉店ラッシュはまだまだ続く! 地図で見る、"小売業の崩壊"に最も苦しんでいる州

セールの看板

過去10年で小売業の雇用が最も失われたのは、ウェストバージニア州、バーモント州、ロードアイランド州だ。

AP

  • アメリカでは過去10年で、"小売業の崩壊"の影響によって数十万人が職を失った。
  • 2019年に入って、これまでに6100以上の店舗が閉店されることが分かっている。これは、すでに2018年の数を上回っている
  • 中でも過去10年で小売業の雇用が最も失われたのは、ウェストバージニア州、バーモント州、ロードアイランド州、オハイオ州、コネティカット州、メリーランド州だ。
  • "小売業の崩壊"に、終わりはまだ見えない。商業不動産会社クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(Cushman & Wakefield)の推計によると、2019年に約9000店舗、2020年に1万20000店舗の小売店が閉店する見込みだ。

小売店の閉店破産、清算が相次ぐアメリカでは、過去10年で小売業に従事する数十万人が職を失った。

こうした状況から回復し始めている州もある一方で、中西部や北東部の一部地域を中心に、まだまだ苦戦している州もある。

中でも過去10年で小売業の雇用が最も失われたのは、ウェストバージニア州、バーモント州、ロードアイランド州、オハイオ州、コネティカット州、メリーランド州だ。

アメリカ労働統計局のデータによると、これらの州では2007年1月から2019年2月にかけて、それぞれ6~10.3%の小売業の雇用が減った。

地図

Shayanne Gal/Business Insider

一方で、ワシントン州、ユタ州、ワシントンD.C.ではいずれも同時期に小売業の雇用が少なくとも20%増えた。

小売店の閉店がますます増える中、小売業の雇用が不況前の水準まで回復していない州は、苦しい状況が続くことになるかもしれない。閉店は、店がオープンするペースを上回り続けている。

商業不動産会社クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドによると、アメリカでは2017年に8000店以上が閉店し、1年でこれほどの店がクローズするのは史上初のことだった。別の商業不動産会社CoStar Groupによると、翌2018年には閉店した小売店舗の面積が史上最多を記録した。

そして、2019年も新たな記録を作りそうだ。

アメリカでは2019年に入って、これまでに6100以上の店舗が閉店されることが分かっている。これは、すでに2018年の数を上回っている。一方で、今年オープンが見込まれている店の数は約2100店舗だ

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは、最終的に約9000店舗が2019年に閉店するだろうと見ている。2020年には、さらに1万20000店舗の小売店が閉店する見込みだという。

[原文:The pace of store closures is on track to accelerate after hitting record highs. This map shows where Americans are feeling the most pain.]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み