サウジアラビア経済に関する12の驚きの事実

ムハンマド・ビン・サルマン皇太子

サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子。

Reuters/Bandar Algaloud/Courtesy of Saudi Royal Court

サウジアラビア王国が誕生したのは1932年。以来、王国は90年近くをかけて、地球上で最も裕福な国の1つに成長した。

その大半が、広大な油田と天然ガスのおかげだ。だが、サウジアラビアは農業生産といった他の経済活動にも積極的に取り組んでいる。

軍事費から外国人労働者の数まで、サウジアラビア経済に関する12の驚きの事実を紹介しよう。


1. サウジアラビアには、34兆ドル相当以上の天然資源がある

油田

Ali Jarekji/Reuters

サウジアラビアの地下には、すでに知られている地球上の石油埋蔵量の約20%が眠っていて、これが王国の天然資源の大部分を占める。他にも、多くの銅や銀、フォスフェイトなどの資源がある。

2. サウジアラビアは、世界最大の利益企業の拠点

58d46595d349f91f008b6ad2

REUTERS/Hamad I Mohammed

2018年には純利益1110億ドルと報告したサウジアラムコは、世界最大の利益企業と考えられている。

この国営石油会社の純利益は、アップルやアマゾン、アルファベットを足したよりも多い。

3. サウジアラビア経済の約90%を占めるにもかかわらず、石油は1938年まで発見されていなかった

プラント

REUTERS/Ahmed Jadallah

サウジアラビアで石油が見つかったのは1938年。アメリカのカリフォルニア州に拠点を置く「スタンダード・オイル(Standard Oil)」の探鉱者が発見した。1980年にサウジ王室が経営を引き継ぐまで、スタンダード・オイルが石油生産を管理していた。今日、石油生産はサウジアラビア経済の90%以上を占める。

4. サウジアラビアのGDPは、アメリカのペンシルベニア州のGDPよりも少ない

宝飾品

Reuters/Faisal Al Nasser

サウジアラビアのGDP(国内総生産)は、世界で18番目だ。だが、アメリカのペンシルベニア州よりも少ない。2017年のサウジアラビアのGDPは約6830億ドル、ペンシルベニア州のGDPは7520億ドルだった。そして、ペンシルベニア州のGDPはアメリカ50州のうち6位だ。

5. サウジアラビアの1人当たりGDPは、中東諸国の中で4番目

ショッピングモール

Hasan Jamali/AP

中東で最も裕福な国と見なされることの多いサウジアラビアだが、1人当たりGDPは実際、カタール、クウェート、アラブ首長国連邦(UAE)に次いで4番目だ。 カタールでは1人当たりGDPは12万9700ドルだが、サウジアラビアでは5万4000ドルだ。

6. サウジアラビアは、中東で2番目に軍事費が多い

訓練

Reuters/Ahmad Masood

サウジアラビアの軍事費がGDPに占める割合は、オマーンに次いで中東で2番目に多い。サウジアラビアは年に約690億ドル、予算の10%以上を軍事費に充てている。なお、世界銀行によると、アメリカの1年あたりの軍事費は約6100億ドルだが、GDPに占める割合としては3.1%だ。

7. サウジアラビアは、世界の輸出国トップ20に入らない

紙幣

Reuters/Ali Jarekji

サウジアラビアの2017年の輸出総額(ドル換算)は2313億ドルで、世界22位だった

8. サウジアラビアには、世界最大の酪農場がある

酪農場

AP/John Moore

サウジアラビアにある酪農・食品加工会社「アルマライ」は、世界最大の酪農会社だ。約9万5000頭の乳牛を飼育し、1日あたり10億リットル近くの牛乳を生産している。

9. サウジアラビアの1人当たり年間所得は、アメリカの約半分

食料品店

AP Photo / Khalid Mahmoud

世界銀行のデータによると、2017年のアメリカ人の1人当たり年間所得は5万9160ドル、サウジアラビアは2万90ドルだった。

10. サウジアラビアのある油田には、オリンピックのスイミングプール477万個分の石油がある

油田

Saudi Aramco

サウジアラビアのガワール油田には、約750億バレルもの石油がある。これは、オリンピックのスイミングプール477万890個分を上回る

11. サウジアラビアの人口は3300万人で、約600万人の外国人労働者を雇っている

建設現場で働く人

Ali Jarekji/Reuters

サウジアラビアでは約600万人の外国人労働者が雇われていて、石油・天然ガス業界は彼らがその大半を占めている。つまり、サウジアラビアで暮らす人々の15%以上が外国人ということだ。

12. サウジアラビアは、深刻な失業問題に取り組んでいる

サウジアラビアの人々

Reuters/Faisal Al Nasser

外国人労働者がサウジアラビアの油田やガス田、精製所に押し寄せる一方で、サウジアラビアの人々は慢性的な仕事不足に直面している。2018年には失業率が12.9%に達した

[原文:12 mind-blowing facts about Saudi Arabia's economy]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み