イギリスのシンクタンク、ユニバーサル・ベーシックインカムがもたらす効果を疑問視

ベーシックインカムのPR

「収入が保障されていたら、あなたは何をする? 」(スイス、2016年5月)。

REUTERS/Denis Balibouse

  • 市民に無条件で現金を支給するユニバーサル・ベーシックインカムに関する新たなレポートは、このシステムが貧困を軽減し、不平等を是正するというそもそもの狙いを達成できるのか、疑問を呈している。
  • イギリスのシンクタンク「ニュー・エコノミクス財団(New Economics Foundation)」は、ユニバーサル・ベーシックインカムは手の届かない、効果の期待できないプロジェクトだと指摘する。
  • 同財団は、ユニバーサル・ベーシックインカムの実現には大半の国でGDP(国内総生産)の20~30%を必要とするとのデータを引用している。
  • これほど膨大な予算が必要となれば、公営住宅や医療保険といった社会保障の予算が削られる可能性が出てくると、レポートは指摘する。
  • 世界各地で実施されているユニバーサル・ベーシックインカムの実証実験は、大半が社会の中でも比較的貧しい層を対象としてきた。

ユニバーサル・ベーシックインカムに関する新たなレポートは、"正しく実施すれば、貧困を軽減できる"というこのスキームの宣伝に使われてきた、中心的な主張にチャレンジするものだ。

イギリスのニュー・エコノミクス財団によると、ベーシックインカムを支持する人々は、このスキームが貧困ライン以下の暮らしをしている人々の食料や住宅、医療といった生活に欠かせないものの支払いに役立つと主張してきた。

同財団はユニバーサル・ベーシックインカムの16の実証実験をレビューし、これが本当に格差の是正につながるのかどうか検証した。

そして、経済的には可能だが、ベーシックインカムが目標を達成できる確証はないと結論付けた。

財団は国際労働機関(ILO)のデータを引用し、ユニバーサル・ベーシックインカムを本格的に導入するには大半の国でGDPの20~30%が必要だと指摘し、その代替案として最も貧しい人々の支出を軽減することを挙げた。

「普遍的かつ手厚いユニバーサルデザインのモデルには手が届かず、手の届くモデルは普遍的でない」とレポートは指摘する。

ヘルシンキ

フィンランドでも実証実験が行われた。

(Alexander Demianchuk\TASS via Getty Images)

GDPのかなりの部分を個人に回すことは、貧しい人々が頼りにしているシステムやプログラムから最終的に予算を奪うことになるだろうと、ニュー・エコノミクス財団は言う。

その結果、格差が拡大しかねない。レポートは、ユニバーサル・ベーシックインカムを受け取っても、人々が貧困から抜け出すには公共サービスの支援が欠かせないと指摘する。

「わたしたちは本当に公営住宅や子育て支援、公共交通機関、健康保険といった、対象をしぼった既存のプログラムの全てを止めたいだろうか? これらの予算をビリオネアに平等に再配分するために? 」

シモネ・バティスタさん

シモネ・バティスタさんは、ブラジルの現金給付政策「ボルサ・ファミリア」が削減され、生活に困窮しているという。

(Silvia Izquierdo/AP)

近年、世界各地で政府や慈善団体がベーシックインカムの実証実験を行っている。

ブラジルの「ボルサ・ファミリア(Bolsa Familia)」は、子どもが学校に入り、予防接種を受けたことを証明できる貧困層世帯に現金を給付するものだ。

フィンランドでは、2年間にわたってランダムに選んだ失業者に毎月、求職活動をするといった条件なしに現金を給付するプロジェクトが終わったところだ。

アメリカの慈善団体は、ケニアの非常に貧しい村で長期的なベーシックインカムの給付を実施している。

こうしたプロジェクトの多くが成功したと称賛される一方で、ニュー・エコノミクス財団のレポートは、これらの実証実験はユニバーサル・ベーシックインカムが実際どんなものになるのか、十分なエビデンスを提供していないと主張する。

その大きな要素の1つが、これらの実験がいずれも"普遍的な収入"を与えてはおらず、貧困層といった一部の人々にのみ現金を支給していることだ。

ニュー・エコノミクス財団は、ユニバーサル・ベーシックインカムの代わりに「ユニバーサル・ベーシックサービス」を提唱している。

ユニバーサル・ベーシックサービスは、個人を金銭的に力づける代わりに、「支払い能力の有無にかかわらず、必要とする人により多くの、質の高い公共サービスを無料で提供する」ために予算を使おうというものだ。

ユニバーサル・ベーシックサービスを支持する人々は、給付された現金で必要なものを買うよりも、格差の是正に役立つ費用対効果の高い、インクルーシブな手法だと主張している。

[原文:A new study on universal basic income says it doesn't achieve its main purpose and is economically illiterate]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み