やりきった『アベンジャーズ/エンドゲーム』の監督をシリーズに復帰させるキャラクターは誰?

『アベンジャーズ/エンドゲーム』のハルク。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』のハルク。

Marvel Studios

  • 『アベンジャーズ/エンドゲーム』のアンソニー・ルッソ監督とジョー・ルッソ監督は今のところ、マーベルではやりきったと述べた。だがBusiness Insiderとのインタビューで、MCUに戻ってくることを否定しなかった。
  • 「我々をインスパイアしてくれるストーリーを探すだけ」とジョー・ロッソ監督は語った。
  • それができるのは、ウルヴァリンやドクター・ドゥームといったFOXのキャラクターと2人の監督は語った。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』の監督、アンソニー・ルッソ氏とジョー・ルッソ氏はマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の4作品を監督した。1作目は2014年の『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』、最新作の『アベンジャーズ/エンドゲーム』はMCUフェーズ3の完結作であるだけでなく、2人の監督にとっても完結作、2人はマーベルとはやりきったと述べている ── ただし、今のところは。

Business Insiderとのインタビューで、ルッソ兄弟はMCUに戻ってくることを否定しなかった。

「我々はマーベルを愛している。仕事をする上で最高のパートナーであり、極めて密接な関係を持っている」とアンソニー・ロッソ監督はBusiness Insiderに語った。

「おそらく将来、アイデアが浮かぶだろう。だが今はなにもない」

ジョー・ロッソ監督も以下のように付け加えた。

「我々をインスパイアしてくれるストーリーを探すだけ。そのために毎日、ベッドから起きている」

一体、どんなストーリーだろう? 2019年3月に完了したディズニーによるFox買収によって、マーベル・スタジオは今や『X-MEN』や『ファンタスティック・フォー』といったFox作品を手にしている。

「ファンタスティック・フォーのベン・グリムが大好き。ドクター・ドゥームも好きな悪役の1人」とジョー・ロッソ監督は語った。

監督はX-MENのウルヴァリンも大好きだが「もう少しの間、そっとしておく必要がある」と付け加えた。ヒュー・ジャックマンは17年間、FOXの『X-MEN』シリーズでウルヴァリンを演じたが、2017年の『ローガン』で役を終えた。

元FOXのキャラクターが正式にマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に登場するにはしばらく時間がかかるだろう。マーベル・スタジオは買収が正式に完了するまで、プロジェクトを正式にスタートさせていない。

マーベル・スタジオは2020年から2022までの8作品の公開スケジュールを発表した。だが、X-MENやファンタスティック・フォーのキャラクターが登場する可能性は小さい。

8作品のうち、すでに6作品は判明している

『ブラック・パンサー』『ドクター・ストレンジ』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の続編が製作中、ブラック・ウィドウの単独映画、『The Eternals』、マーベル初のアジア系ヒーロー映画『The Eternals』が予定されている。

その他、『キャプテン・マーベル』の続編もあり、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』が6月28日から公開される。

[原文:'Avengers: Endgame' directors reveal which characters could bring them out of Marvel retirement

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み