BI Daily Newsletter

【米大統領選】スーパーチューズデーは2週間後! 民主党候補に指名されそうな有力候補ランキング [更新]

ジョー・バイデン

前副大統領のジョー・バイデン候補。

Associated Press

2020banner

2月に入ってアイオワ州党員集会(3日)とニューハンプシャー州予備選挙(11日)が終わり、2020年の米大統領選に向けて8人が民主党の候補指名獲得を目指す戦いは、近年まれに見る競争の激しい、予想の難しいものとなっている。

候補者のうち誰が戦いをリードしているのか。Business Insiderではランキングを作るにあたって、これまでに実施された党員集会と予備選挙の結果と、INSIDERの世論調査の結果、モーニング・コンサルト(Morning Consult)の調査の結果をまとめた。

最新ランキングでは、アイオワ州で僅差の2位につけ、ニューハンプシャー州で勝利したバーニー・サンダース候補が1位に。ピート・ブティジェッジ候補、マイケル・ブルームバーグ候補がこれに続いた。

これまでの党員集会・予備選挙で獲得した代議員の数は、ブティジェッジ候補が23人、サンダース候補が21人、エリザベス・ウォーレン候補が8人、エイミー・クロブチャー候補が7人、ジョー・バイデン候補が6人だ。

2020年2月14日現在の最新ランキングを見ていこう。


8位 ハワイ州選出の下院議員、トゥルシー・ギャバード氏

ギャバード氏

トゥルシー・ギャバード氏。

Reuters


7位 ビリオネアの投資家でリベラルの活動家、トム・ステイヤー氏

トム・ステイヤー氏

トム・ステイヤー氏。

Associated Press

6位 マサチューセッツ州選出の上院議員、エリザベス・ウォーレン氏

ウォーレン氏

エリザベス・ウォーレン氏(2020年2月11日)。

Associated Press


5位 ミネソタ州選出の上院議員、エイミー・クロブチャー氏

クロブチャー氏

エイミー・クロブチャー氏(2020年2月11日)。

Associated Press


4位 元副大統領、ジョー・バイデン氏

バイデン氏

ジョー・バイデン氏(2020年2月11日)。

Associated Press


3位 元ニューヨーク市長、マイケル・ブルームバーグ氏

ブルームバーグ氏

マイケル・ブルームバーグ氏(2020年2月13日)。

Associated Press


2位 インディアナ州サウスベンドの元市長、ピート・ブティジェッジ氏

ブティジェッジ氏

ピート・ブティジェッジ氏。

REUTERS/Brendan Mcdermid


1位 バーモント州選出の上院議員、バーニー・サンダース氏

サンダース氏

バーニー・サンダース氏(2020年2月11日)。

Associated Press


[原文:POWER RANKING: Here's who has the best chance of becoming the 2020 Democratic presidential nominee]

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み