日本では無理? 飲料メーカーの公式アカウントがユーザーにあり得ない反撃

ビタココのココナッツウォーター

ビタココは企業のツイッター運用を新たなレベルに押し上げた。

AP Photo/Larry Crowe

  • ココナッツウォーター・ブランドのビタココは、ツイッターで同社を批判した人にSNS担当者の尿を送ると反撃した。
  • 「ココナッツウォーター飲むくらいなら、ソーシャルメディア担当者の尿を飲む」とライターのトニー・ポスナンスキーはビタココにツイートした。
  • ビタココは、尿にも見える液体でいっぱいのビンを若い女性がトイレで持っている写真をツイートして応じた。写真に添えられた一言は「住所は?」
  • ポスナンスキーはビンの送り先として、ビタココにホワイトハウスの住所を伝えたと述べた。

ビタココ(Vita Coco)は企業のツイッター運用を新たなレベルに押し上げた。

ライターのトニー・ポスナンスキー(Tony Posnanski )は5月15日(現地時間)にビタココの製品は「他のココナッツウォーターと同じように不味い」とツイートした時、こんな反応は期待していなかっただろう。

当初、ビタココはスマートに対応し、ポスナンスキーに同社のココナッツウォーターを送ると申し出ていた。

「最悪だ。誰かにくれてやる。ココナッツウォーター飲むくらいなら、ソーシャルメディア担当者の尿を飲む」とポスナンスキーは応じた。

ビタココは、尿にも見える液体でいっぱいのビタココ・ブランドのビンを若い女性がトイレで持っている画像をツイートして応じた。

画像に一言だけ、こう添えられていた。

「住所は?」

話題のツイート

話題になったビタココのツイート。

Vita Coco/Twitter

ビタココによると、写真の女性は同社コミュニティー・コーディネーターのレーン・ローリングス(Lane Rawlings)。

このやりとりはすぐに話題となった。ポスナンスキーも他の人もツイッターの状況に驚いた。最初の1時間で、ツイートは3000以上のlikeを集めた。

「今日はココナッツウォーターにやられた最悪の1日」

「ウェンディーズ:猛反発」「ビタココ:尿をあげる」


「ブランドからの信じられないレベルの対応」

Business Insiderがコメントを求めたところ、ポスナンスキーは次のように述べた。

「ココナッツウォーターは飲み物界の『ミラクル・ホイップ(Miracle Whip』と付け加えて。それと、やられた、完敗だと」

ポスナンスキーは、ビンの送り先として、ビタココにホワイトハウスの住所を伝えたと述べた。

一方、ビタココはこうした状況に反応して、プロフィール写真をビンを持つローリングスの写真に変更した。

ビタココのブランド・ディレクター、アリソン・フィナッツォ(Allison Finazzo)は、ツイートは同社の新しい「インポッシブル・トゥー・ヘイト(Impossible to Hate)」キャンペーンの一環とBusiness Insiderに認めた。

「我々は『インポッシブル・トゥー・ヘイト』という新しいキャンペーンを始めたばかり。我々はアルゴリズムを作って、ネット上で最も否定的な人を探した。そして実際に試してみた」とフィナッツォは述べた。

「もしも最も否定的な人がココナッツウォーターを嫌いでなくなれば、嫌いな人はいなくなる」

「我々はトニーをビタココを試してもらい、魅力を分かってもらおうとした。彼は以前、ココナッツウォーターは不味いと書いていたから。だが、彼はココナッツウォーター飲むくらいなら、ソーシャルメディア担当者の尿を飲むと言った。ビタココでは、ココナッツウォーター嫌いな人が間違っていることを証明するためなら努力を惜しまない」

ビタココは、成長するココナッツウォーター業界の最大手の1つ。2005年の創業以来、1780万ドル(約20億円)の資金を調達した。

※敬称略

[原文:A massive coconut water brand is threatening to send urine to a critic on Twitter who said he'd rather drink 'piss than coconut water'

(翻訳:Ito Yasuko、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中