日本でもスマートフォンが発売延期、ファーウェイについて今、知っておきたいこと

ファーウェイの創業者兼CEO、任正非氏。

ファーウェイの創業者兼CEO、任正非氏。

Kyodo News via Getty Image

  • 中国の大手通信機器メーカー・ファーウェイ(華為技術)は、アメリカ商務省のブラックリストに追加された。つまり、アメリカ企業とビジネスを行う際、まずアメリカ政府の承認を得なければならない。
  • アメリカ政府は以前から、ファーウェイのテクノロジーが中国政府によるスパイ行為に使われているという懸念を表明してきた。一方、同社は一貫して否定している。

トランプ大統領が「情報・通信技術と関連サービスへの脅威」に関する国家非常事態を5月15日(現地時間)に宣言したことは、ファーウェイにとって大きな打撃となった。

アメリカ政府は、同社が中国政府のためにスパイ行為を働いており、アメリカの安全保障を脅かしていると考え、2018年からファーウェイとの対立を深めている

ファーウェイは、まずアメリカ政府の承認を得ない限り、アメリカ企業とビジネスを行うことを禁じられた。司法省は2019年はじめ、ファーウェイと同社の孟晩舟(Meng Wanzhou)副会長兼最高財務責任者(CFO)を銀行と通信に対する詐欺などの容疑で起訴した。また孟氏のアメリカへの引き渡しを引き続き求めている

アメリカ人にとって、ファーウェイは馴染みのある名前ではないだろう。だが今では実際、アップルを抜き、サムスンに次ぐ世界第2位のスマートフォンメーカーとなった。

ファーウェイについて知っておきたいこと、および同社とアメリカ政府の間の争いを見てみよう。

ファーウェイは巨大テック企業、通信サービス、企業向けテクノロジー、スマートフォンなどのコンシューマー製品の製造・開発を手がけている。製品は70カ国以上で販売されている。

ファーウェイ・ロゴ

ファーウェイは2019年、アップルを抜いて世界第2位のスマートフォンメーカーとなった。

Shutterstock

出典 :Huawei

2018年の売上高は約1000億ドル(約11兆円)、マイクロソフトとほぼ同じ。世界最大の通信機器メーカーであり、サムスンに次いで、世界第2位のスマートフォンメーカー。

ファーウェイのMate 20。

ファーウェイのMate 20。

Shona Ghosh/Business Insider

出典 : Business Insider, Forbes

ファーウェイは1987年、任正非(Ren Zhengfei )氏が設立、同氏は現在もCEOを務めている。ファーウェイ設立以前、任氏は人民解放軍でエンジニアとして働いていた。

ファーウェイの任正非CEO。2012年撮影。

ファーウェイの任正非CEO。2012年撮影。

AP Photo/Dmitry Lovetsky

同氏は社内では、ことわざや象徴的な言葉を好んで使う哲学的な起業家として知られている。

出典 :Huawei

任氏の哲学的な一面を表す例として、数羽の黒鳥(ブラックスワン)が飼われていることがある。

ファーウェイ本社で黒鳥に餌を与える施設管理者。

ファーウェイ本社で黒鳥に餌を与える施設管理者。

Kevin Frayer/Getty Images

黒鳥は「企業のカルチャーの中で満足してはいけない」という意味を表すと言われている。

出典 : CNBC

本社は広東省深セン市にある。同社の従業員は世界中に約18万人とされるが、本社メインキャンパスだけで6万人が働いている。

広東省深セン市のファーウェイ本社。

広東省深セン市のファーウェイ本社。

Herwin Thole / Business Insider

出典 : CNBC

報道によると、メインキャンパスにあるリサーチラボのニックネームは「ホワイトハウス」。訪問者が内部に入り、同社の最先端テクノロジーを垣間見ることは、ほとんど許されない。

ワシントンD.C.のホワイトハウス。

ワシントンD.C.のホワイトハウス。

Gerald Herbert/AP

出典 : Business Insider

最近、中国南部の東莞市に新しいキャンパスを建設した。このオックスホーン(Ox Horn)キャンパスは12の「町」に分けられ、それぞれがヨーロッパの主要都市を模したデザインとなっている。

広東省東莞市の松山湖地区にあるファーウェイのオックスホーン・キャンパス。

広東省東莞市の松山湖地区にあるファーウェイのオックスホーン・キャンパス。

Reuters/Tyrone Siu

出典 :CNBC

新キャンパスには湖があり、独自の電車もある。最大2万5000人が収容可能と伝えられた。

5cdd6871021b4c03766441f5

Reuters/Tyrone Siu

出典 :Business Insider

ファーウェイのスマートフォンは世界中で人気。安価、かつパワフルで、ときにはiPhoneの売り上げを上回ることもある。

ファーウェイのスマートフォン

Shona Ghosh/Business Insider

出典 : Business Insider

ファーウェイは、アメリカ市場への進出を試みた。だが、提携先と見られていたAT&Tとの関係は2018年1月に解消された。同社が未だに提携を望む別のキャリアを見つけられないのは、中国企業を信頼していないアメリカ政府からのプレッシャーが一因と見られている。このため、ファーウェイのアメリカでの実績は限られたものとなっている。

ファーウェイは、アメリカ市場への進出を試みた。だが、提携先と見られていたAT&Tとの関係は2018年1月に解消された。

Reuters/Hannibal Hanschke

出典 :Business Insider

議会は以前から、中国政府との密接な関係からファーウェイをアメリカの安全保障上の脅威と見てきた。同社のスマートフォンや電子機器は、アメリカ政府関係者をスパイするために使われているという説を唱える者もいた。ファーウェイはそうした訴えを否定し続けている。

スマートフォンと女性

Sean Gallup/Getty Images

出典 :Business Insider

だが、ファーウェイに対するアメリカの懸念は、サイバーセキュリティに留まらない。報道によると、当局は同社がアメリカからイランに製品を輸出し、アメリカの対イラン制裁に違反したとして、2016年から捜査を続けている。

52f37b70eab8ea3b356ea82a

REUTERS/Bobby Yip

出典 :Reuters

アメリカと中国の間の貿易関係は、不安定な状態が長年続いている。両政府による貿易戦争は膠着状態、互いに主要輸入品に何十億ドル相当もの関税を課している。

トランプ大統領と習近平国家主席。

トランプ大統領と習近平国家主席。

Oliver Contreras/Getty; Greg Baker/Getty; Shayanne Gal/Business Insider

出典 : Business Insider

しかし2018年12月、同社の孟CFOがアメリカの要請でカナダで逮捕されると、両国の関係はさらに悪化した。当局は、孟氏がアメリカの対イラン経済制裁に反して機器をイランに販売しようとした企業とファーウェイとの関係を隠ぺいしたとしている。アメリカは今も孟氏の引き渡しを求めている。

ファーウェイの孟晩舟(Meng Wanzhou)CFO。

ファーウェイの孟晩舟(Meng Wanzhou)CFO。

REUTERS/Alexander Bibik

出典 : Business Insider

孟氏は1993年にファーウェイに入社、現在は同社のCFO(最高財務責任者)兼副会長。また、創業者兼CEOである任正非氏の娘でもある。

ファーウェイの孟晩舟CFO。

Reuters

出典 :Huawei

孟氏の逮捕でアメリカと中国の緊張が一気に高まった。これは、両国の指導者が何らかの合意に達するように思われた直後のことだった。専門家はこれを、中国との貿易関係に対するトランプ政権の強硬路線を象徴するものと受け止めている。

習近平国家主席とトランプ大統領。

Associated Press/Andy Wong

出典 : Business Insider

孟氏の逮捕に対する中国の対応は早かった。中国はアメリカとカナダに、孟氏をすぐに釈放しなければ、「深刻な事態」を招くと警告した。その後、警告通りに2人のカナダ人を逮捕し、もう1人には死刑判決を言い渡した。

習近平国家主席。

Reuters/Pool

出典 :Business Insider,Business Insider

危機的状況が深まる中、2019年1月、公にほとんど姿を現すことがない任氏が、2015年以来初めて記者会見を行った。同氏はトランプ大統領を「偉大な大統領」と呼び、アメリカに対して「成功を分かち合い、協力し合う」関係の構築を訴えた。

ファーウェイの任正非CEO。

The Asahi Shimbun/The Asahi Shimbun via Getty Images

出典 : Business Insider

しかしカナダ政府は3月、アメリカでの裁判に向けて孟氏をアメリカに引き渡すことに合意。アメリカに送られるまでの間、孟氏はバンクーバーの自宅に軟禁される。

ファーウェイの孟晩舟(メン・ワンチュアン)CFO

Darryl Dyck/The Canadian Press via AP

出典 :Business Insider

ファーウェイが直面している課題は、依然として山積み。検察当局は、同社がアメリカ企業から企業秘密を盗んだとしている。スマートフォンの品質検査に用いるTモバイル(T-Mobile)のロボット技術などだ。

T-モバイルのジョン・レジャーCEOとファーウェイの任正非CEO。

T-モバイルのジョン・レジャーCEOとファーウェイの任正非CEO。

Reuters

出典 :Wall Street Journal

2019年1月、司法省は正式にファーウェイと同社CFOの孟晩舟氏を銀行および通信詐欺などの容疑で起訴。訴状の中で同省は、ファーウェイは企業秘密を盗んだ従業員にボーナスを与えたと述べた。

マシュー・ウィテカー米司法長官代理

2019年1月、ファーウェイの起訴を発表するマシュー・ウィテカー司法長官代理。

REUTERS/Joshua Roberts

出典 :Business Insider

だがファーウェイも反撃に出た。2019年3月、トランプ政権が制定した政府機関によるファーウェイ製品の購入あるいは使用を禁止する法律について、アメリカ政府を提訴。ファーウェイは、法律は憲法違反であり、アメリカ政府は同社がアメリカの安全保障を脅かしているという主張を裏付ける「いかなる証拠も提出できなかった」と述べた。

トランプ大統領と、ファーウェイの任正非CEO。

AP/Evan Vucci/Vincent Yu/Business Insider composite

出典 :Business Insider

アメリカとその多くの同盟国は、ファーウェイは中国政府の支援を受けてスパイ行為を行っているのではないかと、今も恐れている。こうしたセキュリティ上の懸念が高まっていることから、多くの国々が ── アメリカに促されて ── ファーウェイとの関係を断ち、次世代通信規格5Gネットワークの構築への同社の参加を拒否する方向で動いている。

ファーウェイの創業者兼CEOの任正非氏。

AP Photo/Vincent Yu

ファーウェイとの関係を断つことを検討しているのは、オーストラリア、イギリス、カナダ、日本、ポーランド、ニュージーランド、そしてEU。

2019年5月、トランプ大統領は「情報・通信技術と関連サービスへの脅威」に関する国家非常事態を宣言し、ファーウェイへの圧力を一段と強めた。アメリカ商務省は、ファーウェイを「エンティティリスト」に追加。これにより、同社がアメリカ企業とビジネスをする際、まずはアメリカ政府の承認を得なくてはならない。

トランプ大統領

Alex Wong / Getty Images

出典 :Business Insider

これに対してファーウェイは、企業の権利を脅かす「過剰な規制」と非難し、将来の5Gネットワークへの取り組みにおいて、アメリカが打撃を受けるだけと主張した。中国市民は、国家非常事態宣言のおかげでファーウェイは「無料で宣伝してもらえた」とトランプ大統領をインターネット上で笑った。

ファーウェイ販売店

Reuters

出典 : Business Insider, Business Insider

アメリカの規制にも関わらず、ファーウェイは成功を収めている。2018年、同社の売上高は約1000億ドル(約11兆円)を超え、前年比19.5%増となった。

ファーウェイの創業者兼CEOの任正非氏。

AP Photo/Vincent Yu

出典 :Business Insider


[原文:Everything you need to know about Huawei, the Chinese tech giant accused of spying that the US just banned from doing business in America

(翻訳:仲田文子、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み