スティーブ・ジョブズにインスピレーションを与え続けた14冊の本

スティーブ・ジョブズ氏

Linda A. Cicero / Stanford News Service

アップルはなぜ「Think different」できたのだろうか?

スティーブ・ジョブズがiPadを紹介しながら言ったように、"Mac"のメーカーがただのテクノロジー会社だったことは一度もない。

「アップルがiPadのようなプロダクトを生み出すことができるのは、我々が常にテクノロジーとリベラルアーツの交点であろうとしてきたからだ」とジョブズは言った。

彼の生涯にわたる人文学への関心が、アップルに人間味を与えた。

テクノロジーとリベラルアーツを組み合わせることで、ジョブズはアップルが「技術的な観点から非常に高度なプロダクトを作るだけでなく、それを直感的で使いやすく、使って楽しいものにしたからこそ、ユーザーに真にフィットする」ことができたと語っている。

ジョブズは読書を通じて、こうした考えに至った。Business Insiderは、その中でも彼に最もインスピレーションを与えた14冊の本をまとめた。

(敬称略)

※日本語訳のないものについては、英語のタイトルに日本語の直訳を併記しています。


スティーブ・ジョブズは高校時代、ウィリアム・シェイクスピアの『リア王』に心を奪われた。

リア王

Amazon

青春時代、彼はハーマン・メルヴィルの『白鯨』も楽しんだ。

白鯨

Amazon

ディラン・トマスの詩集は、その人気と創造性でジョブズを引き込んだ。

ディラン・トマスの詩集

Goodreads

ラム・ダスの『ビー・ヒア・ナウ ― 心の扉をひらく本』は、大学生だったジョブズを変えたと言われている。

ビー・ヒア・ナウ

Amazon

フランシス・ムア・ラッペの『小さな惑星の緑の食卓:現代人のライフ・スタイルをかえる新食物読本』を読んだあと、ジョブズは肉を断つと誓った。

小さな惑星の緑の食卓 : 現代人のライフ・スタイルをかえる新食物読本

Amazon

ジュース断食を始めたのは、アーノルド・エーレットの『Mucusless Diet Healing System(無粘液食による療法)』を読んだあとのことだ。

Mucusless Diet Healing System(無粘液食による療法)

Amazon

ジョブズはヒマラヤでパラマハンサ・ヨガナンダの『あるヨギの自叙伝』を読んだ。

あるヨギの自叙伝

Amazon

鈴木俊隆の『禅マインド ビギナーズ・マインド』を読んだジョブズは、著者から直接、教えを受けていた。

禅マインド ビギナーズ・マインド

Amazon

クレイトン・クリステンセンの『イノベーションのジレンマ』は、ジョブズにどうすればテクノロジーに取り残されないかを教えた。

イノベーションのジレンマ

Amazon

リチャード・モーリス・バックの『宇宙意識』は、世界中を旅しようという気持ちにジョブズをさせた。

宇宙意識

Amazon

仏教について学び始めたジョブズは、ラマ・アナガリカ・ゴヴィンダの『The Way of the White Clouds(白い雲の道)』を読んだ。

The Way of the White Clouds(白い雲の道)

Amazon

クリストファー・イシャーウッドの『Ramakrishna and his Disciples(ラーマクリシュナとその弟子)』は、自身の文学的な冒険の一部として読んだ。

Ramakrishna and his Disciples(ラーマクリシュナとその弟子)

Amazon

チョギャム・トゥルンパの『タントラへの道:精神の物質主義を断ち切って』は、ジョブズに自己意識は錯覚だと教えた。

タントラへの道:精神の物質主義を断ち切って

Amazon

ジョブズが読んだ、ゲオルギイ・グルジェフの『注目すべき人々との出会い』も、スピリチュアルな旅について書かれている。

注目すべき人々との出会い

Amazon

[原文:14 books Steve Jobs always turned to for inspiration]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中