ホームレス生活を送りながら成績トップで高校を卒業した生徒に、約3億円の奨学金

トゥパック・モズレーさん

トゥパック・モズレーさん。

FOX13

  • 17歳の高校生トゥパック・モズレー(Tupac Mosley)さんは、ホームレス生活を送りながらも、5段階の成績評価GPAで4.3を取って卒業生総代となった。
  • 5月の卒業を前に、モズレーさんは合計300万ドル(約3億3000万円)、50もの奨学金を獲得した。
  • 卒業生総代のスピーチの中で、モズレーさんは「現状に負けないこと。どんな状況にあっても、目標は高く持とう」と話した。

トゥパック・モズレーさんは卒業生総代として高校を卒業し、GPAで4.3を取り、300万ドルの大学奨学金を手にした —— これら全てをホームレス生活を送りながら。

アメリカ、テネシー州メンフィスで暮らす17歳のモズレーさんは、家族が困窮する中でも努力し続けたという。地元放送局Fox13のインタビューによると、モズレーさんの父親は最近他界し、残された家族は生活ができなかった。Fox13によると、モズレーさん一家は2月に立ち退きにあい、「For the Kingdom」という子どもたちにキャンプ場を提供するメンフィスの非営利組織が運営するキャビンに住んでいる。

この組織に出会うまで、家から家を渡り歩いてきたモズレーさんだが、トップの成績で高校を卒業した。

ラレー・エジプト高校の卒業生総代として、モズレーさんはそのスピーチの中で、「現状に負けないこと。どんな状況にあっても、目標は高く持とう」と話した。

似たような環境で、高校をトップの成績で卒業し、エリート大学へ進学する子どもたちは他にもいる。ペンシルベニア州フィラデルフィアのホームレス用のシェルターで育ったリチャード・ジェンキンス(Richard Jenkins)さんは1月、ハーバード大学に100%奨学金で進学できることになった。ワシントンD.C.のホームレス用のシェルターで育ったラシェマ・メルソン(Rashema Melson)さんは、モズレーさん同様、高校の卒業生総代になり、今月ジョージタウン大学を卒業した。

モズレーさんは、一家はすぐに仮住まいではない家に引っ越す予定だと話した。秋にはテネシー州立大学に進学し、電気工学を学ぶという。

[原文:A homeless teen living in a campsite became his school's valedictorian and has $3 million in scholarships]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み