大卒者の約6割を占める女性、卒業時にすでに男性より約30万円多い学生ローン負債を抱えていた

卒業生

Getty Images

  • 全米大学女性協会(AAUW)の最新レポートによると、女性は大学を卒業するとき、男性より2700ドル(約30万円)多く学生ローン負債を抱えている。
  • アメリカでは、学士号を取得している女性は男性よりも多い。そして、女性の方がローン返済が難航しがちだ。
  • 借金の多さは、女性を男性と同じように稼ぐことから遠ざける、数多くのハードルのうちの1つだ。

全米大学女性協会(AAUW)の最新レポートによると、女性は大学を卒業するとき、男性より平均で2700ドル(約30万円)多く学生ローン負債を抱えている。

アメリカでは学士号を取得した人のうち、57%を女性が占めている。そして、9290億ドル近いこの国の学生ローン負債の3分の2を占めているのも女性だ。

AAUWは、その背景に大学費用の高騰があると指摘する。平均世帯収入が1987年以来、14%しか増えていない一方で、大学教育にかかる費用は103%も上がった。平均して男性よりも稼ぎの少ない女性は、ローン返済にも時間がかかっている。卒業から1年後の時点で、女性の収入は男性に比べて18%少ない。

AAUWのCEO、キム・チャーチズ(Kim Churches)氏は、今でも娘より息子の教育のためにより多く貯金している家庭もあるという。

「これは致命的だ」と、チャーチズ氏はBusiness Insiderに語った。「女性の手には大幅に少ないリソースしか与えられていない。だが、男性よりも女性の方が長生き。これは一生にかかわる問題だ」

中でも、黒人女性は深刻な影響を受けている。女性の平均負債額は2万1619ドルだが、黒人女性に限るとその額は3万ドルを超える。黒人女性の約57%が、学生ローンの返済が原因で、1年以内に生活に最低限必要な費用がまかなえなかったことがあると報告している。

1881年に設立されたAAUWは、高等教育における男女平等を目指す非営利組織だ。AAUWでは、アメリカの労働統計局や国立教育統計センター(National Center for Education Statistics:NCES)のデータを分析している。

借金の多さは、女性を男性と同じように稼ぐことから遠ざける、数多くのハードルのうちの1つだ。Business Insiderがアメリカの国勢調査局のデータを分析したところ、フルタイムで働く女性は、フルタイムの男性が1ドル稼ぐたびに、80.7セントしか稼げていない。企業が幹部ポジションに女性を昇進させることは少なく、子どものいる女性は今でも給料の発生する仕事よりも子育てを優先せざるを得ない

ピュー・リサーチ・センター(Pew Research Center)の2017年の調査によると、働く女性の10人に4人が、昇進が認められなかったり、同じポジションでも男性よりも給料が少ないなど、職場における性差別を経験したことがあると答えている。

AAUWでは、これまでも学生ローンの男女格差について報告してきたが、学生ローン危機は最近、特に顕著だ。アメリカの18~29歳の負債額は過去最高に達し、エコノミストたちは予想される債務不履行が現実のものとなれば、景気後退につながる可能性もあると指摘している。この問題をめぐっては、2020年の大統領選を目指す多くの民主党陣営の候補者たちがすでに対策案を打ち出していて、アナリストたちは選挙の争点になると見ている。

[原文:Women earn 60% of bachelor's degrees, but leave college with $2,700 more student debt than men]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み