“離婚しない”ミレニアル世代、なぜ?

なぜミレニアル世代は離婚しないのか? セックス、お金、親たち

ミレニアル世代は結婚まで長い時間をかけており、それにより離婚率が低くなっている。

Robyn Beck/Getty Images

離婚率はミレニアル世代にとって、これまでで最も重要な数字なのかもしれない。

この世代は、離婚率を1981年から24%も低下させた ── 専門家は低下は今後数10年続くと予測しているとコスモポリタン(Cosmopolitan)は伝えた

ミレニアル世代は離婚の恐怖に駆られている ── 同誌によると、ミレニアル世代の多くは離婚した親を持っているか、離婚した親を知っており、不安定な結婚を避けようとしている。

「気まぐれで、ひねくれたように見える振る舞い、つまり、結婚を遅らせ、縛られることを避けることは、大きな別れのドラマから身を守るための方法」と彼女は記した。

良いパートナーを見つけたかどうかを確認するために、ミレニアル世代はセックスという手早い手段を選ぶ。だが、結婚への道のりは遅いと生物人類学者でキンゼイ研究所(Kinsey Institute)のシニアリサーチフェロー、ヘレン・フィッシャー(Helen Fisher)氏はコスモポリタンに語った。

「結婚はかつて、関係の始まりだった。だが今はフィナーレ」

その結果として、 ミレニアル世代は結婚までに長い時間をかけている。平均4.9年と、Bridebookの調査を引用してBusiness Insiderは伝えた。またINSIDERによると、結婚年齢も遅くなっている。アメリカの初婚の年齢の中央値は、女性が27歳、男性が29歳、約25%は生涯結婚しない

婚約前に同棲するカップルの数は増加している。INSIDERによると、これは離婚を避けるためJournal of Marriage and Familyに発表された研究は、一緒に住むことは「結婚につながる道の1つになる」と述べた。

ミレニアル世代はまず経済的な取り決めを求める

だが、離婚は精神的な負担だけでなく、経済的な負担も伴う。コスモポリタンによると、ミレニアル世代は一般的な離婚にかかる平均1万5000ドルの費用に直面することを望んでいない。

ミレニアル世代は結婚前に、キャリアの構築や学生ローンの完済といった経済的な成功を収めることを優先している。こうしたことによって、ストレスを減らし、借金返済などに取り組む状況をなくし、結婚へと進むことができるとコスモポリタンは記した。

これは、お金は離婚の一般的な原因と考えたうえでの戦略的な動きとBusiness Insiderは伝えた。そして、カップルが結婚カウンセリングを受ける大きな理由でもある。実際、結婚そのものは、裕福なミレニアル世代の中では極めて当たり前のこと。つまり、離婚は経済的な危機の現れでもある。

結婚を遅らせることは、2人がそれぞれ資産を築く時間を持つことにもなる。その結果、多くのカップルは離婚した時に自分の資産を守るために、結婚前に婚前契約書を結んでいる。それは、ミレニアル世代が結婚を成功させるためにできることすべてを行っていることを表しているだけだ。

コスモポリタンの全文はこちら

[原文:Why are millennials abandoning divorce? Sex, money, and their parents

(翻訳:Makiko Sato、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中