植物をベースに作られた"肉"が市場に革命を起こす? アナリストが指摘する、その3つの理由

ハンバーガー

Burger King

  • 植物をベースに作られた"肉"が爆発的に売れている。バークレイズは、こうした代替肉の市場は今後10年で1000%伸び、1400億ドル(約15兆3000億円)規模になるだろうと見ている。
  • バークレイズは、気候変動や動物愛護の懸念、健康に対する関心の高まりが、代替肉革命を推し進めていると指摘する。
  • 「食料生産が地球に及ぼすダメージが知られるにつれ、消費者、中でもミレニアル世代やジェネレーションZの消費者の持続可能性に対する関心は増している」と、バークレイズの最新のレポートは書いている。

食料品店やファストフード・チェーンが代替肉のブームに便乗することで、植物をベースに作られた"肉"が一般化しつつある。

バークレイズが先週リリースしたレポートによると、代替肉の市場は今後10年で現在の10倍の1400億ドル規模に達する可能性がある。

1兆4000億ドルの食肉業界の10%のシェアを代替肉が占めるようになる可能性があると、バークレイズは指摘している。これは、ベジタリアンよりも肉を食べる人々をターゲットに据え、植物ベースの"肉"を作っている「インポッシブル・フーズ(Impossible Foods)」や「ビヨンド・ミート(Beyond Meat)」の目指すところだ。

バークレイズが指摘する、代替肉革命を推し進める3つの要素を見ていこう。

気候変動と環境に対する懸念

環境保護を訴えるデモの参加者

REUTERS/Wolfgang Rattay

「食料生産が地球に及ぼすダメージが知られるにつれ、消費者、中でもミレニアル世代やジェネレーションZの消費者の持続可能性に対する関心は増している」と、バークレイズは書いている。

世界の牛肉消費は、主な環境上の脅威の1つだ。毎日、平均して500リットルのメタンを排出する牛は、自動車以上に世界の温室効果ガスの排出に貢献している。

植物ベースの製品は、必ずしも完璧な解決策ではなく、バークレイズはヤシ油の生産と森林破壊のつながりを指摘している。しかし、気候変動が「より関心の高いトピック」になるにつれ、企業にとって「この問題に自社の製品がいかに取り組んでいるかを示す機会」になっているという。

動物愛護の懸念

牛

Retuers/David Gray

家畜の95%以上は工場飼育であり、動物の残酷な扱いに対する懸念が植物ベースの"肉"への支持につながっていると、バークレイズは指摘する。肉の代わりとなるオプションを模索しつつ、人々は食肉業界のやり方に注意を払い、企業に変化を迫っている。

「利益を早く出すために、動物の成長を早めたことで家畜の数が飼育能力を上回り、面積あたりの動物の数が増えることで動物の生活環境や囲いのタイプ —— 鶏を窓のない小屋で飼育したり、牛を豚を狭い場所で飼育したり —— を動物愛護の観点から悪い方に変えた」とレポートには書かれている。

加えて、「ひどいケースでは、家畜に眠ることよりも食べることを優先させるために、1日中照明をつけている農場もあり、鶏が十分な睡眠を取れていないこともある」という。

しかし、大半の人々は動物の扱いがひどいからといって、肉を食べることを完全にあきらめてはいない。バークレイズは、最大の成長のチャンスは、ベジタリアンやビーガンの人々ではなく、今も肉を食べている人々にあると見ている。

健康に対する懸念

ハンバーガー

ファストフード・チェーンは、植物ベースのハンバーガーをメニューに加え始めている。

Sarah Jacobs/Business Insider

世界中の人々は、これまでになく健康に対する意識が高い。バークレイズは、"ウェルネス"は今や、流行ではなく、ライフスタイルだという。

植物ベースの"肉"の製造業者にとっては、より健康的であろうとする人々を取り込むチャンスだ。消費者が心臓血管の健康を向上させようとする中、代替肉は赤身肉とコレステロールをカットする1つの方法だと、バークレイズは指摘している。

しかし、どうすれば本当により健康になれるのか、多くの人々はよく分からないでいる。そして多くの代替肉が通常の肉製品と同じくらいのカロリーだ(むしろ塩分が多いケースもある)。

「人は実際よりも自分は健康だと思いがちなことに加え、タンパク質の問題を味と価格中心で考える傾向がある。こうした部分で消費者を満足させられなければ、代替肉の受け入れが阻まれる可能性がある」と、レポートは指摘する。

[原文:3 factors are driving the plant-based 'meat' revolution as analysts predict companies like Beyond Meat and Impossible Foods could explode into a $140 billion industry]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み