すでに3億8000万円超え! ウォーレン・バフェット氏との昼食会が今年もオークションに

ランチを食べるバフェット氏

Dave Weaver/AP

  • 毎年恒例となっているウォーレン・バフェット氏との昼食会のオークションが始まり、その金額はすでに350万ドル(約3億8000万円)を超えている。
  • オークションの売り上げは全額、サンフランシスコを拠点にホームレスを支援しているグライド財団(GLIDE Foundation)に寄付される。
  • 2018年の落札額は400万ドルを超えた。

今年で20回目となる「ウォーレン・バフェットとのパワーランチ」オークション。その金額はすでに350万ドルを超えている。昼食会はeBayとグライド財団が主催するもので、ニューヨークのステーキハウス「Smith & Wollensky」が会場となる。

オークションには、eBayのウェブサイトから参加できる。締め切りは5月31日午後7時30分(太平洋標準時)。これまでにグリーンライト・キャピタル(Greenlight Capital)のデービッド・アインホーン(David Einhorn)氏や、今ではバフェット氏の投資チームの一員になったテッド・ウェシュラー(Ted Weschler)氏が落札している。

例年通り、オークションの売り上げは全額、サンフランシスコを拠点にホームレスを支援しているグライド財団に寄付される。グライド財団はメモリアル・ユナイテッド・メソジスト教会とのつながりがあり、今から50年以上前にセシル・ウィリアムズ(Cecil Williams)牧師とジャニス・ミリキタニ(Janice Mirikitani)氏が立ち上げた。

2000年から始まったこの昼食会のオークションを通じて、財団はこれまでに総額2800万ドル以上を集めた。バフェット氏の前妻スーザン・トンプソン・バフェット氏は、慈善家としてサンフランシスコでよく知られた存在だった。

オークションは2万5000ドルからスタートしている。

バークシャー・ハサウェイの株価同様、オークションの落札額も年々上がっている。2000年には2万5000ドルだったその額は、2018年には423万ドルと約169倍になった。バークシャー・ハサウェイの株価はこの間に5.5倍になっている。

[原文:Eating lunch with Warren Buffett will cost you at least $3.5 million]

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み