ニューヨーク、"世界ナンバー1の金融の中心地"の座を取り戻す —— 最新調査

ニューヨーク

Getty Images

  • 最新調査によると、ニューヨークは世界ナンバー1の金融の中心地の座を取り戻した。
  • 2018年の調査では、ロンドンが1位だった。イギリスのEU離脱(ブレグジット)に対する懸念が広まる前のことだ。
  • 香港はますます、未来の金融の中心地と見なされるようになっている。

金融コンサルティング会社ダフ・アンド・フェルプス(Duff & Phelps)の最新調査によると、ニューヨークは世界ナンバー1の金融の中心地の座を取り戻した。

報告書「Global Regulatory Outlook」の中で、同社は世界各地の183人を対象に実施した調査の結果を明らかにした。回答者の半数以上は、銀行もしくは資産運用会社で働いていた。

2019年の調査の結果、回答者の過半数がニューヨークを世界ナンバー1の金融の中心地に挙げた。ブレグジットに対する懸念から、ロンドンを世界の金融の中心地に挙げた回答者は36%で、2018年の53%から大幅に減った。

ブレグジットは2018年の時点でもよく知られたリスクだったが、その後、イギリスにとって本格的な危機となっている。2年に及ぶ離脱交渉の末、合意に至ることができなかったイギリスのメイ首相は5月24日、辞任を表明した合意なき離脱を呼びかける政治家もいれば、2度目の国民投票を求める政治家もいて、欧州連合(EU)におけるイギリスの立場は依然としてこれまでになく不安定だ。その一方で、金融サービス会社はすでにイギリスの首都から脱出し始めている

ロンドンの問題は、結果的に香港にとってプラスに働くかもしれない。同調査で、5年後の世界ナンバー1の金融の中心地はどこになると思うかとの質問に対し、香港と答えた回答者の割合は、2018年の3%から12%に急増している。

アメリカやヨーロッパに比べて、高い経済成長率を誇るアジア経済も香港人気をけん引している。上海とルクセンブルクも金融の中心地候補に挙がっている。

調査結果

Duffy & Phelps

[原文:New York reclaims the crown as the world's top financial center, survey says]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み