A220、A320からA380まで、エアバス全ファミリーが編隊飛行

エアバス50周年

Airbus

5月29日(現地時間)、エアバスの50周年を記念して、現行の全ファミリーが編隊飛行を行った。

エアバスの歴史は1969年5月29日、フランスとドイツの両政府がワイドボディ機A300を開発・販売する企業連合の設立に合意したことに始まる。

1960年代まで、ヨーロッパの航空機メーカーは優れた航空機を生み出していたが、次第にアメリカのメーカーに押され、単独では対抗できなくなっていた。

特に、その後「空の女王」と呼ばれることになったボーイング747の登場は、大きな危機感につながった。ワイドボディ機の開発が急務となり、それがエアバスの誕生を後押しした。

関連記事:写真で見るエアバスの歴史 ── いかにしてボーイングのライバルになったか

29日の記念フライトには、A220、A320、A330、A350 XWB、A380、そして巨大貨物機ベルーガXLが参加した。見てみよう。

駐機中の6機

エアバス50周年

Airbus


滑走路に一列に

エアバス50周年

Airbus


別カット

エアバス50周年

Airbus

機のサイズと翼長、エンジン位置の関係が面白い。

A220

エアバス50周年:A220

Airbus

A220ファミリーは100〜150席市場がターゲット。

A320ファリミーのA319neo

エアバス50周年:A320

Airbus

A320ファリミーはA318、A319、A320、A321の4機種。100〜240席。

A330neo

エアバス50周年:A330

Airbus

機体はA330-900neo。

A350 XBW

エアバス50周年:A350

Airbus

エアバスの最新鋭ワイドボディ機。

A380

エアバス50周年:A380

Airbus

総2階建てのA380。生産中止となったが、ANAのホノルル路線に就航したばかり。

ベールガXL

エアバス50周年:ベルーガXL

Airbus

ヨーロッパ各地にある協力会社の工場から、フランスのトゥールーズとドイツのハンブルグにある組立工場まで主要部品を運ぶ。

フランス空軍のアクロバットチーム「パトルイユ・ド・フランス」も編隊飛行に参加

エアバス50周年

Airbus


エアバスブルーの煙幕が編隊飛行に華を添えた

エアバス50周年

Airbus


ベルーガの意味は「シロイルカ」

エアバス50周年

Airbus


参加したパイロットたち

エアバス50周年:パイロット

Airbus

1人足りない?


(文:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中