情報が錯綜? "北朝鮮で最も力のある女性"金与正氏、52日ぶりに兄・正恩委員長のそばに姿を見せる

金与正氏

兄の金正恩委員長や他の政府高官らとともにマスゲームを観覧する金与正氏(平壌、2019年6月3日)。

Korean Central News Agency/Korea News Service via AP/ORGE SILVA/AFP/Getty Images/Business Insider

  • 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の妹で、北朝鮮で最も力のある女性だと考えられている金与正(キム・ヨジョン)氏が、52日ぶりに公の場に姿を見せた。
  • 謹慎処分を受けたと噂されていた与正氏だが、毎年恒例のマスゲームで、正恩委員長のすぐ近くで拍手をしている姿が捉えられた。
  • ロシアのプーチン大統領との会談など、複数の重要な行事でその姿が見られなかったことから、米朝首脳会談の失敗で与正氏が降格、謹慎処分を受けたのではないかと報じられていた。
  • 与正氏は2017年、朝鮮労働党の宣伝扇動部の幹部に指名され、米朝首脳会談は2度とも兄の正恩委員長に同行している。

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長を支える謎に満ちた妹、金与正氏が4月以降、52日ぶりに公の場に姿を見せた。

北朝鮮の国営メディアは、与正氏が6月3日、兄の正恩委員長や他の政府高官らとともにマスゲームを観覧、拍手する様子を伝えた。マスゲームは、数万人がアートやダンス、体操を披露する毎年恒例のイベントだ。

BBC Monitoringは、このマスゲームについて報じた国営メディアの動画をシェアした。グレーの服に身を包んだ与正氏が、兄の正恩委員長らとともに会場に到着した場面が映っている。

与正氏は2017年、朝鮮労働党の宣伝扇動部の幹部に指名され、トランプ大統領との2度の米朝首脳会談を含め、重要な行事では必ず兄に同行していた。

しかし4月以降、複数の政治イベントでその姿が見られなかったことから、2月の米朝首脳会談が失敗したことで、与正氏が降格、謹慎処分を受けたのではないかと噂されていた。

北朝鮮のニュース専門サイト「NK ニュース」は4月、与正氏が役職を外され、重要な政治イベントに姿を現さなくなったのかもしれないと報じた

マスゲーム

北朝鮮の毎年恒例のマスゲーム。

Wikimedia Commons

与正氏はまた、4月下旬に行われたロシアのプーチン大統領との会談でも姿を見せなかった

韓国の新聞「朝鮮日報」は5月、米朝首脳会談が失敗に終わったあと、正恩委員長が与正氏を降格させたと報じていた。

6月3日に与正氏が公の場に現れたということは、この報道が誤りだったか、正恩委員長が妹の処遇について自身の考えを変えたかのどちらかだろう。AP通信は、韓国メディアが報じる北朝鮮の政治スクープが結果的に誤りだったことは、過去に何度もあると指摘している。

朝鮮日報は、金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長が「強制労役と思想教育」を受けたと報じていたが、金英哲氏も3日のマスゲームを鑑賞していた。

正恩氏と与正氏

金正恩委員長と金与正氏。南北首脳会談にて(板門店、2018年4月)。

Pool/Getty Images

ただ、国務委員会米国担当特別代表の金革哲(キム・ヒョクチョル)氏の姿は見られなかった。

朝鮮日報は先週、金革哲氏が米朝首脳会談が失敗したあと、「最高指導者を裏切った」として粛清されたと報じた。だが、CNNは4日、同氏は拘束下にあるものの生存しているとし、「重罰」を受ける可能性があると報じている。

北朝鮮の国営メディアは、3日のマスゲームは「美しく優雅でリズミカルな動き、はつらつとした身のこなし、興味深い国民感情、豊かな芸術的表現」を見せたと述べた。

マスゲーム

マスゲームでは、子どもたちもパフォーマンスを見せる(2018年)。

Alexander Demianchuk\TASS via Getty Images

しかし、金正恩委員長はパフォーマンスの一部に不満があったようで、「制作担当を呼び、公演の内容や表現について、創作精神の誤りと無責任な制作姿勢を厳しく批判した」とも報じている。

マスゲームには約15万人が出席し、最大10万人がパフォーマンスを披露した。

専門家は、マスゲームは北朝鮮の人権問題を無視するものだと批判し、子どもたちが本番に向けて何カ月も厳しい訓練を強いられているとの報道もある。

[原文:Kim Jong Un's mysterious sister, who helps him govern but was rumored to have fallen from favor, just appeared next to him at a major event]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中