ウーバー、旅客用ドローンの初フルスケール・モックアップを公開

ウーバー初の旅客用ドローンを見てきた

Uber

  • ウーバーが「空飛ぶタクシー」の初のフルスケール・モックアップを公開した。
  • 早ければ2023年、ヘリコプターの次の航空サービスを提供したい意向。
  • 我々は、ヘリコプターと航空機のハイブリッドのような航空機について、同社のカンファレンス「ウーバー・エレベート」で同社幹部に聞いた。

ウーバーは、自転車、スクーター、公共交通機関などを通して、何年も移動の新しいあり方を思い描いてきた。

今、目を向けているのは、空だ。

2019年7月、ウーバーはニューヨーク - ジョン・F・ケネディ国際空港間のヘリコプター輸送サービスを開始する予定。その後、同社は航空機機とヘリコプターのハイブリッドのような航空機を使ったフライトシェアサービスを世界中の都市で開始したいと考えている。同機は最大速度150マイル/時(約240km/h)、排気ガスを出さない

6月11日、ウーバーはその航空機の初のフルサイズモデルをワシントンD.C.で開催した同社のカンファレンス、第3回「ウーバー・エレベート(Uber Elevate)」で公開した。

内装も初公開となる。見てみよう。

ウーバーエア(Uber Air)はバイポーラースタジオ(Bipolar Studio)と共同でフルサイズのモックアップを制作。

ウーバーエア(Uber Air)はバイポーラースタジオ(Bipolar Studio)と共同でフルサイズのモックアップを制作。

Uber


「ノーススター(North Star)」と名づけられたモデルは、将来の実機のデザインのベースとなる。

「ノーススター(North Star)」と名づけられたモデルは、将来の実機のデザインのベースとなる。

Uber


最終的にサービスの費用はプレミアムサービスの「ウーバーブラック(Uber Black)」と同じくらいと同社幹部は述べた。そして同様に豪華。

最終的にサービスの費用はプレミアムサービスの「ウーバーブラック(Uber Black)」と同じくらいと同社幹部は述べた。そして同様に豪華。

Uber


パイロットを含めず、最大4名が搭乗可能。

パイロットを含めず、最大4名が搭乗可能。

Uber


正面から。ローターや推進装置はまだない。

正面。ローターや推進装置はまだない。

Uber


「我々はデザインの過渡期にいると考えている。今後数世代にわたって、航空ライドシェアリングのスタンダードとなる大きな類型を作ろうとしている」とウーバーエアの設計責任者、ジョン・バトルメント(John Battlement)氏はプレスリリースに記した。

「我々はデザインの過渡期にいると考えている。今後数世代に渡って、航空ライドシェアリングのスタンダードにおける大きな類型を築こうとしている」とウーバーエアの設計責任者、ジョン・バトルメント(John Battlement)氏はプレスリリースに記した。

Uber


シートは従来のヘリコプターではなく、豪華なSUVでくつろいでいる感じ。

シートは従来のヘリコプターではなく、豪華なSUVでくつろいでいる感じ。

Uber


インテリアは、提供するサービス内容に応じて、運航者ごとに完全にカスタマイズ可能。

インテリアは、提供するサービス内容に応じて、運航者ごとに完全にカスタマイズ可能。

Uber


「機内はある意味、ミニマル。だが、ミッションの達成が絶対的な目的」とデザインチームは述べた。安全があらゆる機能において最優先だったと付け加えた。

「機内はある意味、ミニマル。だが、ミッションの達成が絶対的な目的」とデザインチームは述べた。安全があらゆる機能にとって最優先だったと付け加えた。

Uber


荷物用スペースもある。

荷物用スペースもある。

Uber


ドアはジェームズ・ボンド映画のよう。

ドアはジェームズ・ボンド映画のよう。

Uber


乗客が搭乗した様子。

乗客が搭乗した様子。

Uber


理論的なコックピットは、まさに未来的。

ウーバー初の旅客用ドローンを見てきた

Uber


近くから見たコントロールシステム。

近くから見たコントロールシステム。

Graham Rapier / Business Insider



[原文:See inside Uber's first passenger drone, which could eventually fly passengers at 150 mph while burning no fossil fuels

(翻訳:Makiko Sato、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み