スタバを抜くか、チックフィレイがアメリカ第3位のチェーンに

チックフィレイのバッグ

チックフィレイが好調だ。

Hollis Johnson/Business Insider

  • チックフィレイ(Chick-fil-A)は現在、全店売上高でアメリカ第3位のレストラン・チェーンとなった。ネイションズ・レストラン・ニュース(Nation's Restaurant News)のデータが明らかにした。
  • 同チェーンの売上高は2018年、16.7%増となり、約105億ドル(約1兆1500億円)に達した。
  • 昨年のトップ200ランキングの7位からアップ。ウェンディーズ、バーガーキング、タコベル、サブウェイを抜いた。

チックフィレイ(Chick-fil-A )はかつてのライバルたちを破り、アメリカ第3位のレストラン・チェーンとなった。

ネイションズ・レストラン・ニュースによると、同チェーンは2018年、大きく成長し、アメリカのレストラン・チェーン・ランキングで3位になった。アメリカ全店の売上高は104億6000万ドルに達した。

マクドナルドは首位をキープ、アメリカ全店の売上高は385億2000万ドル。スターバックスは204億9000万ドルで2位となった。

チックフィレイは昨年の7位からアップ。ウェンディーズ、バーガーキング、タコベル、そしてサブウェイを抜いた。2018年の全店売上高は、前年の89億7000万ドルから16.7%増となった。

専門家は、チックフィレイの勢いはしばらく続くだろうと指摘した。どちらかと言えば、スターバックスが2位から転落する可能性がある。

「チックフィレイは売上を倍増できるか? 同社にとっては極めて妥当な目標だと思う」と カリノフスキー・エクイティ・リサーチ(Kalinowski Equity Research)の創業者マーク・カリノフスキー(Mark Kalinowski)氏は5月、Business Insiderに語った。

「近いうちに倍増しなければ、驚き」と同氏は付け加えた。

「300億ドルは可能か? 十分な時間があれば、これも現実的な目標だと思う。いずれ、スターバックスを追い抜くはず」

ライバルが恐れる理由

チックフィレイのチキン

チックフィレイ。

Hollis Johnson/Business Insider

チックフィレイは、より店舗数の多いチェーンと競合している。他社がうらやむ平均店舗売上高がこれを可能にしている。

2018年、年間の店舗平均売上高は460万ドル、2017年の420万ドルから成長した —— これは全ファストフード・チェーンでトップ。マクドナルドの店舗平均売上高は280万ドル。

チックフィレイには大きな成長の余地がある。南部以外にも拡大を続けているためだ。

「同社は大幅に拡大中」とカリノフスキー氏は述べた。

「アメリカ国内のすべての大都市圏を考えると、今後数年ではなく、今後数十年にわたる成長の余地がある」

カリノフスキー氏によると、チックフィレイの成長を最も警戒すべきブランドはチキンで競合するKFCと、チキン・バーガーで知られるウェンディーズ。競争が激化している外食産業において、多くのチェーンはチックフィレイの成長にプレッシャーを感じている。ライバルたちは、集客に苦戦しているためだ。

「ハンバーガー・チェーン全般にとってプレッシャーになっていると思う」とカリノフスキー氏。

「多くのチェーンがプレッシャーと戦っているが、成果はまちまち」

[原文:Chick-fil-A is now the 3rd-largest restaurant chain in America, and McDonald's and Starbucks should be terrified

(翻訳:Ito Yasuko、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み