フェイスブックの仮想通貨「リブラ」、今わかっている8つのこと

マーク・ザッカーバーグ氏。

フェイスブックCEO、マーク・ザッカーバーグ氏。

Christophe Morin/IP3/Getty Images

フェイスブックが仮想通貨に乗り出した。

6月18日火曜日(現地時間)、同社は1年以上、秘密裏に進めてきた仮想通貨「リブラ(Libra)」を発表した。リブラには、マスターカード、ビザ、ペイパルなどの決済大手、さらにウーバー、スポティファイなどのテック大手が参加している。

フェイスブックはリブラに大きな期待を寄せている。世界中の銀行口座を持たない17億の人々に、安価に利用できる金融サービスを提供することに真正面から取り組む。

同社は、ユーザーが仮想通貨を扱うためのデジタルウォレットを提供する子会社「カリブラ(Calibra)」、および独立した非営利組織として「リブラ・アソシエーション(Libra Association)」を設立。同組織の設立企業はそれぞれ1000万ドルを出資している。

リブラについて、現状分かっていること、どのように機能するのか、何ができるのかをまとめた。

1. リブラは、Facebook Messenger、WhatsApp、リブラ・アプリで使える。

1. リブラは、Facebook Messenger、WhatsApp、リブラ・アプリで使える。

Facebook

フェイスブックによると、リブラを保存しておくデジタルウォレットは、Messenger、WhatsApp、アプリの「カリブラ(Calibra)」 で使うことができる。カリブラはApp Store、もしくはGoogle Play storeからダウンロードできるようになる。

フェイスブックのプレスリリースは、リブラがどのようなものになるかについてのヒントを与えてくれる。だが、同社はフル機能を備えたサービスになるまでには、課題があると述べた。

2. 政府が発行するIDが必要

リブラは2020年にスタートする予定。セットアップには政府が発行するIDが必要となる。

テッククランチはユーザーは、本人確認のために追加の詳細情報を提供する必要があると書いている。だがフェイスブックが世界中の銀行口座を持たない17億人にリブラを利用してもらいたいと考えているなら、口座開設に必要な書類は最小限にしたいところ。

カリブラはすでに「早期登録」を開始している。

3. デジタルウォレットへの入金方法は?

3. デジタルウォレットへの入金方法は?

Chung Sung-Jun / Getty Images

ユーザーは自国の通貨を仮想通貨リブラに変え、デジタルウォレット「カリブラ」に保管しておくことができる。これらは電子的な操作であり、「カリブラ」アプリ、もしくはサードパーティー製のウォレットアプリを使って通貨をリブラに変えることができる。

リブラへの換金については、スーパーやコンビニエンスストアのような実店舗でもデジタルウォレットに入金できる。今、電話料金の支払いをこうした店舗で行っているようなもの。

これはつまり、リブラはドル、ユーロ、あるいはポンドなどと同じ価値を持つものであり、人々にとって受け入れやすいものになることを意味する。だが評価はこれから。

4. リブラで何が買える?

In terms of converting real-world cash, they'll also be able to head brick-and-mortar shops like grocers or convenience stores to top up their balance, much like people can now with top-up phone pay-as-you-go phone plans.

Calibra

現時点では、フェイスブックはリブラでの個人間送金を考えている。上の図は、カリブラのウェブサイトにあったもの。

しかし、リブラは個人間送金だけに留まらない。カリブラのウェブサイトによると、カリブラの最初のバージョンは「ピア・ツー・ピアの支払い、および小規模な事業主がリブラでの支払いを受け付けるために使えるQRコードなどの支払い手段をサポート」する予定。

「その後、POSシステムとの統合など、他の多くの店頭支払い手段を提供する」

POSシステムは一般的に、レジやカードリーダーを意味する。

フェイスブックのブロックチェーンプロダクト担当バイスプレジデント、ケビン・ウェイル(Kevin Weil)氏は、そうした過程でリブラはウーバーなど、パートナー企業のシステムと統合される可能性があるとBusiness Insiderに語った。

5. フェイスブックが完全にコントロールするわけではない

5. フェイスブックが完全にコントロールするわけではない

リブラの設立パートナー。

Facebook/Libra

フェイスブックはリブラの独立した監督組織として「リブラ・アソシエーション(Libra Association)」を設立した。フェイスブックとカリブラは、マスターカード、ウーバー、VCのアンドリーセン・ホロウィッツなど、28の「設立メンバー」の1つ。各社は最低限の参加費用として、1000万ドルを出資している。

マーク・ザッカーバーグ氏はリブラの発表の後、ブログにリブラの開始までに出資企業を100社集めたいと記した。理論的にはグーグル、ツイッターといったライバル企業にも門戸は開かれている。

同組織のメンバーになると、投票権が与えられ、新たな設立メンバーを選出したり、同組織のエグゼクティブチームを任命するマネージング・ディレクターの投票に参加することができる。

6. カリブラはフェイスブックと情報を共有しない ── ユーザーが自ら望まない限り

6. カリブラはフェイスブックと情報を共有しない ── ユーザーが自ら望まない限り

Hollis Johnson/Business Insider

「ユーザーがカリブラにシェアしたいかなる情報も、フェイスブックにシェアした情報とは別に保存される」とザッカーバーグ氏はブログに記した。

リブラのデフォルト設定では、いかなる情報もフェイスブックとシェアしない。フェイスブックは、リブラの情報をユーザーへのターゲット広告に使用することはないと繰り返している。カリブラのウェブサイトにも、カリブラのサインアップにはフェイスブックやWhatsAppのアカウントは必要ないと記されている。

しかし、テッククランチは、カリブラはユーザーにフェイスブックから重要なプロフィール情報などをインポートするかどうかを聞くだろうと記した。

7. フェイスブックにとっての意味は?

シンプルに言えば、広告収入。フェイスブックは、フェイスブックを利用している企業がリブラを採用し、リブラを使う消費者にものを売ることを望んでいる。もし、これがセールスを促進するなら、リブラは企業のフェイスブックへの広告出稿を促進するものになる。

8. 開発者はリブラのブロックチェーン技術を使った開発が可能に

フェイスブックは、リブラの開発に使用した新しいプログラミング言語「Move」をオープンソース化している。つまり、開発者はリブラの技術を使って新しいアプリを開発できるようになる。

カリブラを発表したブログの中で、フェイスブックはリスクを回避するための免責条項を記した。

「本発表には、Facebook社の製品および事業計画、ならびに見通しについての、将来予想に関する記述が含まれます。これらの将来予想に関する記述は、様々な要因や不確実性により、将来において実現しない可能性があります。本内容は上記のとおり当該資料の作成時点(米国時間 2019年6月18日)のものであり、含まれる将来予想に関する記述はすべて、当社が作成時点において合理的と判断した前提・仮定に基づくものです。当社は、これらの将来予想に関する記述を更新し、将来の出来事または情勢に適合させる責任を負うものではありません」

基本的にリブラはまだ未完成のプロダクト、2020年に具体化するまでに変更される可能性がある。

出典:フェイスブック



[原文:Here's what Facebook's new cryptocurrency Libra will look like and how it will work

(翻訳、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中