おじさんはなぜ不機嫌なのか?忙しい人こそマストな「ご機嫌」という礼儀

会社では成果を出し、部下を育てなければいけない。プライベートでは育児をしながら、夫・妻ともいい関係を築いていきたい——。忙しい私たちを「不機嫌」にさせるストレスのタネやトラブル、罠は日常のあらゆるところに潜んでいます。そんな中……

スクショ画面

「40超えたおじさんである僕みたいな人間は、ニコニコしてるくらいで丁度いい」、プロジェクト管理ツール「Backlog」などWebサービスを開発・提供する、株式会社ヌーラボの代表取締役橋本正徳さんのつぶやきはTwitterで大きな反響を呼びました。

ダメだと分かってはいるけど、どうしても不機嫌が顔に出てしまう——そう感じている人は多いのではないでしょうか。今回は橋本さんにツイートの真意をうかがい、「不機嫌にならない」ための心構えを紐解きます。


PROFILE
橋本正徳:株式会社ヌーラボ 代表取締役
1976年福岡県生まれ。福岡県立早良高等学校を卒業後上京し、飲食業に携わる。劇団主宰やクラブミュージックのライブ演奏なども経験。1998年、福岡に戻り、父親の家業である建築業に携わる。2001年プログラマーに転身。2004年福岡にて株式会社ヌーラボを設立し、代表取締役に就任。株式会社ヌーラボは現在、チームのコラボレーションを促進する3つのWebサービス「Backlog」「Cacoo」「Typetalk」を開発・運営。また、福岡本社のほか東京、京都、シンガポール、ニューヨーク、アムステルダムに拠点を持ち、世界展開に向けてコツコツ積み上げ中。

“おじさん”という存在自体が不機嫌に見える?

——橋本さんがTwitterでつぶやいた内容が、「肝に銘じたい」「こういう上司と働きたい」と多くの方に共感されていました。

橋本正徳さん

僕としてはあのツイートには実験的なところがあって、最近、おじさんを批評する記事が妙に多いことを個人的にはあまり心地よく感じておらず、僕も “おじさんの批評” を書くと世の中からどれだけ注目をもらえるのかなあと投稿したら、見事に注目されましたね。「おじさんを叩く」という行為に対して、みんなちょっとした共感があるのかもしれません。それだけおじさんの周りにいる人が「ああ、あの人イライラしている」と感じているんだろうなって。でもこれは、僕みたいなおじさんが言ったから、すんなり受け入れてもらえたんでしょうね。

——自分は当事者だと感じる人にとっては「耳が痛いな 」と思ったかもしれませんね。

僕も日ごろから気をつけないといけないなあと思っていて、自戒も込めてツイートしたんです。40歳も超えましたし、僕くらいの年齢になると、存在しているだけでイライラしているように見える、みたいな。最近、書籍やネット記事でもよく話題にされていますよね。「不機嫌なおじさんが増えている」とか「不機嫌は罪」とか。

肩書きの影響もあると思うんですよ。僕も以前、社員から「なんかプンプンしてますね」って言われたことがあるんです。そんなつもりないのに。普通に個人的な意見として、会社をよりよくしようと話したのに、怒っているように思われたり、雑談感覚で新しいアイデアを話していたら、社員から本気と捉えられたり……。僕みたいないい加減な人間でも、相手はいい加減には受け取ってもらえない。気をつけなくちゃなあ、と。

さらに歳を重ねると、そんなことが増えていきます。ヌーラボは中途採用がメインなので、IT業界の中では比較的中堅の年代の社員が多いんです。年代も近い管理部の社員とよく、「ため息はやめておこうね」と話すんですけど、つい無意識に、ため息をついてしまうんですよ。はぁ、って。それが周りの社員にはプレッシャーになるようです。最近も「いま、怒ってます? 顔が怖くなってますよ」と言われました。そりゃあ、僕らみたいな年齢や立場の人がニコニコしていたほうが、周りにとっては平和ですよ。

——橋本さんはまだ40代前半ですが、「おじさんになったな」と感じていらっしゃるのですか。

いやあ、もう「腰が痛い」とか夜11時ごろには眠くなるとか、昔ならもうちょっと頑張れたはずなのに早く帰りたくなるとか、生物学的に自分が “おじさん化” していることは自覚せざるを得ませんよ。いいんです、年相応に生きるって大切なことですから(笑)。

橋本正徳さん

ただ、ことビジネスにおいては難しい局面もあるし、ちょっとした齟齬もある。ずっとニコニコするなんてそうそうできないし、ため息の一つや二つはしかたないじゃないですか。で、「はぁ…… 」とため息をつくんだけど、本人としては “乙女的で愛らしい「はぁ……」” のつもりだったりするんですよ。でも見た目がおじさんなもんだから、周りの人が「自分に対してイラついているかも」と思ってしまう。おじさんもかわいそうな境遇ですよね(苦笑)。

——では、橋本さんも「不機嫌に見えないように努めている」ほうなんですね。何か意識されていることはありますか。

一つは、何か問題が起きたとき、極力人のせいにせず、状況や仕組み、関係性のせいにするようにしていますね。そして他責ではなく、自責にしようとする。自責で考えると、自分のほうへ意識が向かうじゃないですか。何か起こったとき、「自分以外はみんなバカだ!」みたいに感じてしまうことがあれば、自分を疑ったほうがいい。どんなにロジカルに考えて、自分はちゃんとしているはずなのに、周りが誰も賛同してくれないというなら、自分が間違っているってことだと思います。一人でも賛同者がいるなら、大丈夫かもしれないけど。

もう一つは、対外的なイメージ。今回みたいな取材のときに、よく腕を組んだ写真を撮られそうになるけど、「それはちょっと、すみません」と断ります。写真のイメージってずっと残るじゃないですか。特にインタビュー記事みたいに活字になると、大して意味のないことも意味ありげに受け取られるし。読んだ方にそうやって気難しくて偉そうな感じで覚えられても、実際の僕とは全然違うから、ちょっとでもふざけた感じで撮られたいんです。なんかポーズしてみせたりして。

橋本正徳さん

そうやって意識していても、やっぱり不機嫌になることはあります。そんなときは第三者目線というか、自分のことを一歩引いて見る「もう一人の自分」を意識するようにはしています。あ、イライラしてるな。マズいぞ、って。まあ、本当にイライラするとそれどころじゃなくなりますけど(苦笑)。

自分で言うのもなんですけど、僕だってそこそこいい上司だと思うんです。人のせいにしないし、みんなを楽しませるのが好きだし。でも人になにか伝えることが得意なわけではないので、その努力が周りにちゃんと伝わっているかどうかは自信がありません。だから、周りからちゃんと「怒ってませんか?」と指摘してくれるのはありがたいですよね。

不機嫌にフタをする「モヤモヤ」という表現

——「不機嫌に見える」ことでどんな弊害があるのでしょうか。周りは萎縮しちゃうし、気が散るし、雰囲気も悪くなるし、いいことは何もないですよね。それに最近は「新種のイライラ」も現れた。

チャットコミュニケーションって、イライラや不機嫌が「保存された」状態になるじゃないですか。グループチャットで誰かと誰かが言い合いみたいになって、怒りや攻撃的な言葉を表現してしまったがために、グループに入っている数十人がそのウォッチャーになって、仕事が止まる。一晩経っても、それを見返すと思い出してしまう、という…… 弊害しかないですよね。

プライベートなら、イヤなスレッドを見なければいいんだけど、仕事ならそうもいかない。もちろん、チャットによって意思疎通は格段に楽になったし、生産性も格段に上がりました。でもまだその伝え方や表現方法が確立できていなくて、ほんの少しの誤解やすれ違いがイライラを増幅させてしまうこともある。新たに顕在化してきた問題なのかもしれません。

——確かに、チャットツールでも起こりますし、TwitterなどSNSでも「あちこちで衝突が起きているな」という印象を覚えます。

僕らも「Backlog」というプロジェクト管理ツールを開発していますから、絵文字を使って明るく楽しくやり取りできるようにして、なるべく怒りやイライラを感じさせないような仕組みを取り入れようとしています。その考え方をなるべく仕事にも反映したいなと考えていて、仕事ではよく「人を管理する」というけど、そもそも人が人を管理するって、無理だし大変だし、楽しくないじゃないですか。

だからうちの管理部は、なるべく人力での管理を減らして、システム化できるところはシステム化して、しかもそれを楽しく使えるようにしよう、というふうに進めています。自社開発した「Nu Hello」という勤怠管理システムも無機質なUI(ユーザーインターフェース)だと味気ないので、キャラクターが返事を返してくれるような仕組みなんです。

勤怠管理システム「Nu Hello」のスクショ画面

勤怠管理システム「Nu Hello」

それと最近、「モヤモヤする」ってよく聞くようになった気がしませんか? あれも「不機嫌」を別の言い方に変えた言葉だと言えると思っていて。

——確かに。私もよく使います。

「モヤモヤ」にも2種類あると思うんですよ。一つは、自分に対するモヤモヤ。クリエイターやモノづくりをする人たちって、何をつくろうか、何をどうしようかと、まだイメージになっていないような段階で「モヤモヤ」がある。それは成長の糧になるからいいんですよ。

もう一つのモヤモヤは、対人関係や上司、会社、あるいは社会に対して感じるもの。たぶんそれは何らかの違和感や怒り、嫉妬のようなものなんだろうけど、今はやたら怒るのも良くないし、不機嫌になるのもマズいからって、「モヤモヤ」という言葉でフタをしている。それってなんかズルいなあというか、もっときちんと言語化したほうがいい気がするんです。

「モヤモヤする」と言った時点で、何か具体的に違和感があるのは確かなのに、直接的に言葉にするのがはばかられるから、ボヤかしている。でも言われたほうは「あ、何か気にいらないんだな」「あれ、何か間違ってたかな」と勘ぐってしまう。「何か隠してない?」みたいな。

「不機嫌」を一生懸命取り繕おうとして、ふわっと出てくるのがモヤモヤなんだろうけど、聞いているほうはうっすらと事情が分かるし、でも勘違いかもしれないから踏みこめない。そこだけを聞かされても何も解決しないし、相手はもっと「モヤモヤ」しますよ。

取材風景

——貴社は海外にも拠点がありますが、日本と海外とで「不機嫌」の受けとめられ方は違いますか。

海外ではプロジェクト単位で進めていくので、良くも悪くもドライというか、そこまで感情的にならないかもしれません。それぞれ異なる意見を言い合っても、マネジャーが「これで行こう」と決めたらみんなスッとその方向へ進んでいく。

日本だととにかく「すり合わせ文化」というか、事前に極力意見をすり合わせて、そもそも反対意見があまり出ないようにして、みんなが合意できてからGO、という。長く勤めるのが前提の会社だと、人間関係が悪くなっては元も子もないですから、機嫌よくいるほうがメリットも大きい気がします。

社長と社員は「片思い」でいい

——橋本さんが「こういう人はうまく不機嫌と付き合えているな。若い人にも好かれるだろうな」と思うのはどんな方ですか。

Twitterを通して見ているかぎりだけど、佇まいでいうと電気グルーヴの石野卓球さんはすごいなあと思います。いろいろと難しい状況でもつねにユーモアがあるというか、ちゃんとエンターテインメントをやっているな、って。あと、NON STYLEの石田(明)さんとかもいいですよね。子育ての様子とか日常とか、いい感じに力が抜けていて。個人的にはなんか、小難しいことを考えていても、芋洗坂係長みたいなインターフェースでいられたらいいなあって(笑)。

社長としては、社員も「お客さま」なんですよ。だから仕事でも社員に楽しんでもらいたいなあと思っている。もともと演劇や音楽をやっていたから、根っからそういうのが好きなんですよね。みんなが楽しそうに仕事をしているのを見るのが楽しいし、それなら僕も楽しい感じにしていよう、と。

橋本正徳さん

——経営者には「ビジョンを語って、社員を引きつける」みたいなイメージがありますが、橋本さんは「楽しそうな社員を見守る」側なんですね。

自分が不器用なので、できる人への嫉妬かもしれないけど、一生懸命ビジョンを語っている記事を読んだりすると、「本当にそう思ってる?」ってツッコミたくなっちゃう(笑)。なかなかそういうふうに語れないんですよねえ。逆に社員がちゃんとビジョンを語ってくれたりして、「勉強になるなあ」って聞いています。

社員には「僕と働きたい」と思ってもらうよりは、「プロダクトをよりよくしたい」「お客さまのために働きたい」と思ってもらいたいんです。僕は社員のため、社員はお客さまのため……矢印は一方通行だけど、「片思い」でいいと思うんです。それでいい。

あ、もちろん経営陣には僕と一緒に働いてほしいんですけど、それ以外の社員には、これまで培ってきたお客さまに対して何か貢献したい、と考えてもらったほうが健全な気がします。

——「不機嫌にならない」ため、どんなことに気をつければいいでしょうか。

会社の同僚や部下だとちょっと距離感があるし、仲間だとなあなあになってしまうから、自分のおじいちゃんおばあちゃんとか、孫と話すときの感覚で話してみるといいんじゃないかな。ちょっとだけ襟を正すじゃないですか。

とかなんとか言ってるけど、自分が本当にできているかどうかは不安ですね……。この記事を読んだ社員が「社長、全然できてないじゃん」って思ったらどうしよう(苦笑)。まあ、あれですよ。最悪、不機嫌になるようなことがあっても、寝たら忘れちゃいましょう。

橋本正徳さん

(取材・文:大矢幸世、企画・編集:岡徳之、撮影・伊藤圭)

"未来を変える"プロジェクトから転載(2019年6月13日公開の記事)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み