第53回「パリ国際航空ショー」印象的な写真19枚、電気飛行機からアクロバットチームまで

パトルイユ・ド・フランス

リハーサル飛行を行うフランス空軍のアクロバットチーム「パトルイユ・ド・フランス」。開幕前日の2019年6月16日。

Pascal Rossignol/REUTERS

  • 第53回パリ国際航空ショー(International Paris Air Show)が6月17日〜23日(現地時間)まで開催された。
  • ショーのウェブサイトによると、パリ近郊のル・ブルジェ空港で開催されるパリ・エアショーは「世界で最も大きく、最も歴史ある航空宇宙機器の見本市」。

第53回パリ国際航空ショー(パリ・エアショー)がパリ近郊のル・ブルジェ空港(Le Bourget Airport)で開催された。ショーには、パキスタンのJF-17サンダーからロシアのアンサット・ヘリコプターまで、世界中の航空機が集結した。

ショーはフランス空軍のアクロバットチーム「パトルイユ・ド・フランス(Patrouille de France)」のパフォーマンスで幕を開けた。ショーではさまざまの航空機がデモンストレーションを行った。パリ・エアショーは1909年に始まり、2017年には32万2000人が訪れた

前半の4日間は商談者限定だったが、21日から最終日の23日までは一般公開された。パリ・エアショーの印象的な写真を見てみよう。

ショーに向けてリハーサル飛行を行う、地元カジノグループ、Tranchantのジェット機。

ショーに向けてリハーサル飛行を行う、地元カジノグループ、Tranchantのジェット機。

Pascal Rossignol/REUTERS


エアバスの無人機。ショー開幕直前の6月15日。

エアバスの無人機。ショー開幕直前の6月15日。

Pascal Rossignol/REUTERS


エアバス・ヘリコプターズ(Airbus Helicopters)のH145。6月18日。

エアバス・ヘリコプターズ(Airbus Helicopters)のH145。6月18日。

Pascal Rossignol/REUTERS


エアバスの「Vahana」は空飛ぶタクシーの試作機。

エアバスの「Vahana」は空飛ぶタクシーの試作機。

Pascal Rossignol/REUTERS


成都飛機工業公司(Chengdu Aerospace Corporation)が整備したばかりのパキスタン航空コンプレックス(Pakistan Aeronautical Complex)のJF-17サンダー。

JF-17 サンダー

Pascal Rossignol/REUTERS

JF-17サンダーは中国とパキスタンの共同開発。

フランス企業ダッソーのラファール。6月19日。

フランス企業ダッソーのラファール。6月19日。

Pascal Rossignol/REUTERS

ラファールはフランス空軍・海軍で活躍中。

フランス陸軍のユーロコプター・ティーガーのパフォーマンス。

ユーロコプター・ティーガー

Benoit Tessier/Pool/REUTERS


イスラエル企業のエビエーション(Eviation)の電気飛行機「アリス(Alice)」。6月16日。

イスラエル企業のエビエーション(Eviation)の電気飛行機「アリス(Alice)」。

Pascal Rossignol/REUTERS


ロシアは多目的ヘリコプター「アンサット」を展示 —— リボン・ダンサーも。

多目的ヘリコプター アンサット

Pascal Rossignol/REUTERS


飛行中のアンサット。

多目的ヘリコプター アンサット

Pascal Rossignol/REUTERS


ロシア・ベリエフ(Beriev)の多目的水陸両用機。Be-200ESはロシア非常事態省向け。

ロシア・ベリエフ(Beriev)の多目的水陸両用機。Be-200ESはロシア非常事態省向け。

Pascal Rossignol/REUTERS


エアバスの旅客機A350-1000。

エアバスA350-1000

Pascal Rossignol/REUTERS


ダッソー・ファルコン(Dassault Falcon)8X。6月19日。

ダッソー・ファルコン8X

Pascal Rossignol/REUTERS


フランス空軍のアクロバットチーム「パトルイユ・ド・フランス」による開会のパフォーマンス。

パトルイユ・ド・フランス

Benoit Tessier/Pool/REUTERS

機体は、ダッソー/ドルニエ・アルファ(Dassault/Dornier Alpha)。

パトルイユ・ド・フランスのリハーサル。6月16日。

パトルイユ・ド・フランス

Pascal Rossignol/REUTERS


「新世代戦闘機(NGF:New Generation Fighter)」は、フランス、ドイツ、スペイン空軍の後継機となる予定。

新世代戦闘機

Pascal Rossignol/REUTERS


NGFの前に並んだフランスのエマニュエル・マクロン大統領、スペインのマルガリータ・ロブレス国防相、フランスのフロランス・パルリ国防相、ドイツのウルズラ・フォン・デア・ライエン国防相、そしてダッソー・アビエーションのエリック・トラピエ会長兼CEO。

新世代戦闘機NGF

Benoit Tessier/Pool/REUTERS


コックピットからブラジル国旗を掲げたエンブラエルのE195-E2。ノーズにはライオンの顔、胴体には回路基板の模様。

エンブラエルE195-E2

Pascal Rossignol/REUTERS


トルコ航空宇宙会社(Turkish Aerospace)が展示した、戦闘機の実物大模型。6月17日。

トルコ航空宇宙会社の戦闘機の実物大模型

Pascal Rossignol/REUTERS




[原文:An electric plane, an experimental flying taxi, and French patriotism: 19 incredible images from the world's largest air show

(翻訳:Ito Yasuko、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中