1カ月1万6000円でシャンプー&ブローし放題。髪切らないサブスクサービスで美容師も支援

Jetset

「Jetset」では月額定額制でシャンプーやブローなどのサービスが受けられる。

「Jetset」提供

働く女性たちはとにかく忙しい。毎日の生活の中で、この時間が節約できたら、と思うことは少なくない。

そんな中、女性たちの「キレイでいたい」「でも時短で」という2つの欲求に応えたサービスが広がりつつある。シャンプー&スタイリングに特化したサロンだ。

日本における先駆けは、「女性のライフスタイルを変える、髪を切らない美容室」が合言葉の「Jetset(ジェットセット)」だ。

創設者兼CEOのジュリア・スポッツウッドさんは、日本人の母とアメリカ人の父を持つ。鎌倉で生まれ、7歳からカリフォルニアで育った。大学卒業後は金融系企業のニューヨークオフィスに勤務。帰国後も金融系コンサルタント会社で働いてきた。

髪を洗うか、1時間長く寝るか

創設者兼CEOのジュリア・スポッツウッドさん

「Jetset」を創業したジュリア・スポッツウッドさん。金融などで働いていた時期、「髪を洗うか、1時間長く寝るか」常に葛藤していた経験から創業した。

撮影:松下久美

当時は夜中まで働き、帰宅後は『髪を洗うか、1時間長く睡眠時間を確保するか』、毎晩のように葛藤していたが、たいていは眠気が勝った。

「キレイではいたいけど、面倒だし時間がかかる。朝も自分の思う通りの髪型にはなかなか決まらない。パッと行けて、短時間で髪を洗ってセットもして気分転換までできるような場所がほしいと願っていました」

そんな理想のサービスがニューヨークやロサンゼルスを中心に始まったことを知ったのは7~8年前のこと。「Dry Bar(ドライバー)」と呼ばれるシャンプーとブローをしてくれるサービス。まさに求めていたものだった。

「日本人女性の働き方や生活は近年大きく変わっています。結婚や出産をしても働き続ける女性が増え、働いていないママも家事だけでなく子どもの用事で大忙し。利用しやすい価格で、忙しい女性をサポートできたらと起業を決意しました」

2014年に東京・広尾に「Jetset」をオープン(その後、麻布十番に移転)。この5月11日には新業態1号店を銀座にも出店した。サブスクリプション型(月額定額制)の通い放題にしたのだ。ブロー&アイロンは1万6000円(所要時間20分)、シャンプー&ブローが1万8000円(30分)、シャンプー&ブロー&アイロンが2万3000円(45分)で何度通ってもいい(都度利用のビジター制も用意)。麻布十番店は「Jetset Salone」に改称して会員限定のVIPサロン化した。

美容師の自由な働き方を実現

Jetset

Jetsetでは美容師の新しい働き方をサポートすることにも注力している。

撮影:松下久美

顧客の一人で外資系メーカー勤務の32歳の女性は、こう話す。

「仕事の隙間時間に通っています。髪の毛がしっかりセットされるだけで気分がアガり、その日のテンションが大きく変わります。プレゼン前に気合を入れたい時も立ち寄って、企画書を見ながらセットしてもらっています」

PR会社勤務の28歳女性は、「簡単に予約ができて、所要時間が見えるのでスケジュールを立てやすい。プロに任せて気に入った髪型で過ごすようになって仕事もプライベートも充実しています」。

利用客は35~55歳が中心で、20代後半~70代まで幅広い。今後は表参道をはじめ、多店舗化に本腰を入れる。商業施設内やオフィス内、ジム隣接地など、出店立地も広がりそうだ。

一方で、ジュリアさんは美容師の新しい働き方をサポートすることにも注力している。美容師の離職率は1年目で約50%、3年目で約80%、10年目で約92%と驚くほど高い(厚生労働省「産業別入職率・離職率」より)。そこで、「指名制度なし」「自由な勤務体系」(フルタイムでも週1回3~4時間の勤務も可能)「サービス残業なし」を実現。子育て中のママや、一度リタイアした人なども受け入れやすくした。

「技術や資格はあっても、子育てや介護などで安定的にシフトに入れず働き先が見つからないという美容師さんや、子育てが一段落してからもなかなか復帰に踏み切れない元美容師さんはたくさんいます。そこでフレキシブルな働き方ができる仕組みを作りました。働いている人がハッピーかどうかはお客さまにも伝わる。スタッフを大切にすることが、お客さまを大切にすることにつながると思っています」

全国200以上の既存の美容室と提携して

MEZON

美容定額アプリ「MEZON」は、東名阪地域などの200以上の美容室でと提携。好きな美容室を選んで月額定額でサービスを受けられる。

撮影:ミチカモチヅキ

一方、東名阪地域と沖縄にある200以上の美容室と提携して、シャンプー・ブロー、ヘアケアが一定額で通い放題の美容定額アプリ「MEZON」(メゾン)を提供しているのが、Jocy(ジョシー)が展開するサービ「MEZON(メゾン)」だ。

提携美容室ならどこでも通えるため、職場や出先、自宅のそばなど予定や用途に合わせて美容室を選べる。直営展開やFC展開を基本とする「Jetset」に比べて、サービス拡大のスピードが速い。

「女子」を社名の由来とする同社は、「Create My Life , Bet My Life」をスローガンに、固定概念や常識にとらわれず、自分の生き方に全力で賭ける大人の女性を支援することを目指して2017年10月に設立。創業者はサイバーエージェント時代の上司と部下コンビだ。上司だった石黒武士氏が副社長に、部下だった鈴木みずほさんが社長に就任した。

サイバーエージェント時代には、ソフトバンクやカルチュア・コンビニエンス・クラブなどと事業提携して主に新規事業開発を手がけていたという2人。

「失敗も含めて、新規事業の立ち上げや、ビジネスモデルの作り方を学ばせてもらいました。私のポリシーは、『三方良し』のビジネスを設計すること、体験型マーケティングを追求することです。美容室が輝き、ユーザーが輝き、そして自分たちも活きる、美のプラットフォームを目指します」(鈴木さん)

髪がキマればプレゼン採用確率上がった

Jocy(ジョシー)社長の鈴木みずほさん

Jocy(ジョシー)社長の鈴木みずほさん

撮影:ミチカモチヅキ

ビジネスチャンスを感じたのは、自身の体験によるところも大きい。サイバー時代、月に4~5回は大事な会食やプレゼン前に美容室でセットしていた。若手だし、自分に自信がなかったのだという。だが、ヘアをキメて臨んだら、プレゼンが通る確率が上がった。

「普通の美容室では価格が高いシャンプー&スタイリングを、定額で通い放題にすることで、見た目の美しさはもちろん、髪がキマることで自信がついたり、エネルギーがチャージできたりするお手伝いをしていきたいと思っています」

美容室といえば、「2カ月に1度くらいの割合で、髪を切りに行く場所。ついでにカラーやパーマをするところ」というイメージがあるが、平日通い放題でシャンプー・ブロー、アイロンセットが1万6000円、土日を含めると2万5000円、ヘッドスパやトリートメント、リタッチ、ヘアアレンジ、前髪カット・パーマなどのヘアケア付きが3万5000円に設定し、何度も通えるようにした。

客層は30代後半~40代前半が中心で、家でケアする時間がない働く女性や家事に追われる主婦などまで広がっている。1カ月の平均利用回数は9回で、地域によっては12回というところも。継続率が96%以上というのも利便性と満足度の高さの表れだ。

美容室の新規顧客開拓に

MEZON

定額美容サービスを利用する女性たちは「髪型がキマると、自信につながる」と話す。

撮影:ミチカモチヅキ

よく利用しているという広告代理店勤務の鈴木美紗さん(25)は朝、カッコよくヘアスタイルをキメても、午後になったら崩れてしまうことが多くて、プレゼンや大切な出来事の前には美容室に飛び込んでいた。「MEZON」は友人から紹介され2018年10月から利用。行きやすい店を選べるので重宝して週2~3回使っている。

「最初は少し高いかなと思いましたが、朝も夜も時短になりますし、リラックスもできます。何よりもヘアスタイルがキマっていると自信につながる。サロンから街に出た途端、『カワイイでしょ!』『私を見て!』という気分になるんです(笑)。頭がシャキッとして、仕事の効率も上がりますね」

鈴木社長によると、帰宅前にリラックス目的やマッサージ感覚で立ち寄る人も予想以上に多かったという。

「オンオフを切り替える、サードプレイスとして活用していただけているようです。今は女性客が9割ですがメンズも強化していきたいですね。今後はより生活インフラとして定着させていきたいです」

Jetsetと同様、「美容室の救世主」としての役割も担いたいという。美容室が増え、新規顧客開拓としてクーポンなどによる割引で価格競争が激化している。

「『MEZON』ならお店の雰囲気を確かめ、シャンプー&ブローの技術やトークなどで安心感や信頼感を抱いてもらい、カットやカラーもお願いしようと思えるような関係を築く、いわば新規顧客との新たなタッチポイントとして寄与できると思っています。アイドルタイム(閑散時間)の有効活用で、余分なコストをかけずに新たな収益源として活用してもらえればと考えています」

松下久美:ファッションビジネス・ジャーナリスト、クミコム代表。「日本繊維新聞」の小売り・流通記者、「WWDジャパン」の編集記者、デスク、シニアエディターとして、20年以上ファッション企業の経営や戦略などを取材・執筆。2017年に独立。著書に『ユニクロ進化論』。

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み