「トイ・ストーリー4」予想を下回るオープニング、だが依然ディズニー優勢な理由

「トイ・ストーリー4」

「トイ・ストーリー4」

Disney/Pixar

  • トイ・ストーリーシリーズの最新作「トイ・ストーリー4」のオープニング興収は、予想を下回った。
  • だが、アメリカ国内での興行収入は1億1800万ドルに達し、ディズニー作品の強さをさらに見せつけた。
  • 2019年現時点で、ディズニー作品はアメリカ国内およびグローバルでの興行収入トップ3を占めている。今年後半も大ヒットが予想される作品が控えている。

アメリカで6月21日金曜日(現地時間)に公開された「トイ・ストーリー4」の興行収入は1億1800万ドル(約130億円)、予想を下回った。

専門家たちは1億4000万ドルから1億7000万ドルと予想していた。Box Office Mojoは1億6500万ドル、一方、Boxoffice.comはより控えめな1億4900万ドルと予想した。

これらの数字は、2018年にアニメーション映画で史上最高のオープニング興収を記録した「インクレディブル・ファミリー」の1億8300万ドルに及ばない。

とはいえ、「トイ・ストーリー4」はアニメーション映画で史上3位のオープニング興収を記録した。2位は「ファインディング・ドリー」の1億3500万ドル。

「トイ・ストーリー4」は事前予想を下回ったこの夏の最新シリーズ作となった。これは観客がシリーズものに飽きている可能性を示唆している。Boxoffice.comのチーフアナリスト、ショーン・ロビンス(Shawn Robbins)氏は、作品は「ストーリーとして明らかに完結しているシリーズものが直面する極めて困難な闘いを改めて強調した」と記した。

だが1億1800万ドルのオープニング興収はアニメーション映画、特にシリーズ4作目の作品にとって、以前、素晴らしいオープニング。ロビンス氏は「トイ・ストーリー4」は失敗から程遠く、「アメリカの国内・国外で長期にわたって上映されるだろう」と付け加えた。現時点での興行収入は、全世界で2億3800万ドルに達している。

そしてさらに、「トイ・ストーリー4」はディズニーが2019年、他のどの映画会社よりも優勢であることを表している。

ボックスオフィスを担うディズニー

ディズニーは「アベンジャーズ/エンドゲーム」「キャプテン・マーベル」「アラジン」の3作品で、2019年現時点でアメリカ国内およびグローバルな興行収入のトップ3を独占している。そして「トイ・ストーリー4」はすでにアメリカ国内のトップ10に食い込んでいる。

記録的な興行収入となった2018年に比べると、2019年の興行収入は振るわずがディズニーは無縁なようだ。「トイ・ストーリー4」の公開前、2019年の興行収入は前年同期比でアメリカ国内で6%減、グローバルで4.7%減となっていた。

だがディズニー作品以外にも、状況を打ち破り、観客の心を掴んだ作品がある。

2017年の「ゲット・アウト」に続くジョーダン・ピール(Jordan Peele)監督の作品「アス」もその1つ。「アス」は制作費2000万ドルにもかかわらず、2019年3月にオリジナルホラー映画として史上最高額となる7000万ドルのオープニング興収をアメリカで記録し、グローバルでは2億5500万ドルの興行収入をあげた。制作プロダクション・ブラムハウス(Blumhouse)が得意とするところだ

「ヒックとドラゴン3」のグローバル興行収入は5億2000万ドル、「ジョン・ウィック:パラベラム」はシリーズ前作の興行収入を超えた珍しい作品で、グローバルで2億8900万ドルに達した。

だが、今年後半もディズニーの勢いは続きそうだ。

「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」「ライオン・キング」「アナと雪の女王2」の公開が控えている。


[原文:'Toy Story 4' opened below expectations at the box office, but still shows how Disney is dominating 2019

(翻訳:仲田文子、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中