【米大統領選】2020年の民主党候補を目指す、アンドリュー・ヤンとは

アンドリュー・ヤン

アンドリュー・ヤン。

Andrew Yang

アンドリュー・ヤンとは

現在の仕事:起業家。民主党候補として、2020年の大統領選を目指している

家族:妻エブリンとの間に2人の子どもがいる。

出身:ニューヨーク州スケネクタディ

所属政党:民主党

これまでの経歴:顧問弁護士。ヘルスケア分野のスタートアップの起業家。「マンハッタン・テスト・プレップ(Manhattan Test Prep)」のCEO。「Venture for America」の創業者兼CEO。

アンドリュー・ヤンの最大の成功

  • 2000年代半ばにはエリート向けの受験対策の会社「Manhattan GMAT」のCEOだったが、2009年に大手教育会社カプラン(Kaplan)に売却した。
  • スタートアップに大学生を送り込むフェローシップ・プログラムを手掛けるVenture For Americaを創業、金融危機で大打撃を受けた。
  • Venture For Americaの500人のフェローや卒業生たちは、アメリカ各地で2500以上の雇用を生んでいるという
  • 2012年、オバマ大統領(当時)からホワイトハウスでチャンピオン・オブ・チェンジ賞を受賞。2015年にはグローバル起業家のための大統領大使にも選ばれている。アメリカのビジネス誌『ファスト・カンパニー(Fast Company)』の「ビジネス界における最もクリエイティブな人 100人」にも選ばれた。

[原文:Andrew Yang is running for president in 2020. Here's everything we know about the candidate and how he stacks up against the competition.]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中