選挙のあり方を変える? ジェネレーションZは、インスタグラムで政治ニュースを読む

スマートフォンを使う若い人たち

Olivia Harris/Getty

バナー

  • アメリカでは、ジェネレーションZが政治ニュースで頼りにしているのはインスタグラムだ。
  • Business Insiderの調査では、回答者の約65%がインスタグラムを毎日チェックしていると言い、多くのジェネレーションZが特に政治ニュースの主な情報源として、インスタグラムを挙げている。
  • 10代もしくは20代前半の若い世代の中には、彼らの世代のソーシャルメディア依存が政治的分断を固定化しているのではないかと心配する声もある。

ジェネレーションZは、インスタグラムのフィードでニュースを読んでいる。

ソーシャルメディアは今や、全ての世代が当たり前に使っているものだ。ただ、Business Insiderの調査によると、アメリカでは若い世代の半数以上はスナップ(Snap)、ユーチューブ(YouTube)、インスタグラム(Instagram)を日々チェックしている。

ソーシャルメディアは、ジェネレーションZが世界で今、何が起きているかを知るための一番の方法だ。13~21歳のアメリカ人1884人を対象に、1月11~14日に行ったBusiness Insiderの調査では、回答者の59%がニュースの主な情報源としてソーシャルメディアを挙げた。

調査結果

ジェネレーションZはどこからニュースを知るか?

Yutong Yuan/Business Insider

中でも、インスタグラムは飛びぬけている。回答者の約65%が、インスタグラムを毎日チェックしていると言い、多くのジェネレーションZが特に政治ニュースの主な情報源として、これを挙げた。

上の世代のアメリカ人たちは、こうした若者のインスタグラム依存に驚くかもしれない。だが、ソーシャルメディアはさまざまな形でコンテンツを絶え間なく提供できるのだ。

調査結果

毎日チェックするソーシャルメディアのプラットフォームは?

Shayanne Gal/Business Insider

@trump_making_us_great」や「@the19thdc」といったアカウントには、ニュース動画や記事と一緒にミームも投稿されているし、「@stump-president-trump」や「@conservative__americans」といったアカウントには、ツイッター(Twitter)やタンブラー(Tumblr)、フェイスブック(Facebook)といった他のプラットフォームのコンテンツが再投稿されている。

こうしたミームに加えて、ソーシャルメディアの大スターの1人、アレクサンドリア・オカシオコルテス下院議員といった本物の政治家のアカウントも存在する。オカシオコルテス議員はインスタライブを通じて頻繁にフォロワーと直接会話し、都会のガーデニングから移民の収容施設まで、さまざまなテーマをカバーしている。そして今、2020年の大統領選を目指す候補者たちも、オカシオコルテス議員にならって、自身のインスタライブでアピールしている。

ソーシャルメディアによる分極化

オカシオコルテス議員

ソーシャルメディアの大スター、アレクサンドリア・オカシオコルテス下院議員。

Hollis Johnson/Business Insider

エンドレスなコンテンツには落とし穴もある。ジェネレーションZのある若者は、自らの世代のソーシャルメディア依存がさらなる分断を生んでいるのではないかと、Business Insiderに語った。アルゴリズムが保守的なユーザーには右寄りのコンテンツを、リベラルなユーザーには左寄りのコンテンツを結びつけるからだ。

サウスダコタ州在住の右寄りの大学生、ケイティ・フォスターさん(21歳)は、「ソーシャルメディアには、誰かが投稿した特定の候補者のスピーチの一部を切り取ったものによって、30秒から2分の間にその候補者に対する意見を一変させる力があります」と語った。

「ジェネレーションZの大半は、時間に追われています」とフォスターさんは言い、「忙し過ぎるんです。特に大学生の場合、わたしには1時間の討論会を見る時間はありません。悲しいことですが、正直に言って2分間の動画でわたしは心変わりするでしょう」

Business Insiderの調査では、回答者の約半数が自身を保守ともリベラルとも分類しなかった。残りの約半数は左右、ほぼ等しく分かれた。

調査結果

ジェネレーションZの政治的信念。

Yutong Yuan/Business Insider

コネティカット州在住のチャーリー・シポリンさん(18歳)は、「わたしたちの世代から見ると、間違いなく両者の間には敵意があります」と言い、「大きな政治的な分断があると思います」と語った。

2020年の大統領選に向け、インスタグラムは議論の主要舞台となりそうだ。候補者たちがインスタグラムに押し寄せる中、ジェネレーションZの大半の有権者にとって初めての大統領選で、インスタグラムの力が試される。

[原文:Instagram is Gen Z's go-to source of political news — and it's already having an impact on the 2020 election]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み