金正恩委員長と「近く再会することを楽しみにしている」トランプ大統領がツイート

握手をするトランプ大統領と金委員長

板門店で握手をするアメリカのドナルド・トランプ大統領と北朝鮮の金正恩委員長(2019年6月30日)。

KCNA via REUTERS

  • アメリカのトランプ大統領は7月1日(現地時間)、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は「とても元気で、健康」そうに見えたとし、「近く再会することを楽しみにしている」とツイートした。
  • トランプ大統領は、アメリカと北朝鮮それぞれのチームが「極めて長期的かつ根強い問題の解決策に取り組むため」会合を持つと書いた。
  • トランプ大統領は6月30日、アメリカの現職大統領として初めて北朝鮮に足を踏み入れた。

北朝鮮の金正恩委員長との歴史的な会合を受け、アメリカのトランプ大統領は7月1日(現地時間)、金委員長は「とても元気で、健康」そうに見えたとし、「近く再会することを楽しみにしている」とツイートした。

その上で、アメリカと北朝鮮それぞれのチームが「極めて長期的かつ根強い問題の解決策に取り組むため」会合を持つと述べた。

「急がないが、最終的には(解決に)至ると確信している! 」と、トランプ大統領はツイートしている。

トランプ大統領は6月30日、アメリカの現職大統領として初めて北朝鮮に足を踏み入れた。韓国の文在寅とともに金委員長に会った韓国と北朝鮮の間の非武装地帯で、トランプ大統領は報道陣に対し、自身と金委員長の関係性を「素晴らしい友情」と表現した。

「我々は最初に会った瞬間から互いに好感を持っていた。それはとても重要なことだ」とトランプ大統領は付け加え、金委員長をホワイトハウスへ招待するとした。

トランプ大統領と金委員長はこれまでに2度、首脳会談を行ってきた。約1年前、シンガポールで行われた初めての首脳会談では、朝鮮半島の平和を目指し、北朝鮮の「朝鮮半島の完全な非核化に向けた取り組み」を含む4本柱の合意に至った。

2度目の首脳会談はベトナムの首都ハノイで2019年2月に行われたが、非核化と制裁解除で合意できず、予定を切り上げて終了した。

[原文:Trump tweets that Kim Jong Un 'looked really well and very healthy' following meeting in North Korea]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み