ファーウェイCEO、戦いに勝つために「世界から天才少年集める」

任CEO

ファーウェイの創業者、任正非CEO

REUTERS/Aly Song

中国IT企業ファーウェイ(華為技術)の創業者、任正非CEOは、組織の活性化のために、世界から「天才少年」を招く意向を明らかにした。

ファーウェイが6月27日、任CEOの発言として従業員へのメールで明かした。

任CEOは「ファーウェイは世界の先頭を行き、自ら標準をつくり、他社がついてくるような企業にならなければならない」と訴え、「今年は世界から20-30人、来年は200-300人の天才少年を招へいする。天才少年たちはドジョウのように、ファーフェイの組織に刺激を与えてくれるだろう」と述べた。

ファーウェイのスマホ

トランプ大統領は6月29日に、ファーウェイに対する禁輸措置を見直すと表明したが、先行きはなお不透明だ。

REUTERS/ Regis Duvignau

任CEOは最後に、「今後3-5年で“武器”を総入れ替えして、この戦争に必ず勝つ」と組織を鼓舞している。

アメリカ政府は5月、ファーウェイに禁輸措置を発動したが、トランプ米大統領は6月29日の米中首脳会談後に、禁輸措置を一部見直し、同社への米製品の輸出を認める考えを示した。

(文・浦上早苗)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中