10代のうちに「自己ブランド」確立、プレッシャーを受けるZ世代

Z世代の真ん中の世代は、2004年にフェイスブックが誕生したとき、まだ幼児だった。

Z世代の真ん中の世代は、2004年にフェイスブックが誕生したとき、まだ幼児だった。

Jeffrey Greenberg/Universal Images Group via Getty Images


Business Insider Z世代特集

  • Z世代はインターネットのない生活を体験したことがない。
  • Z世代の真ん中にあたる世代は、2004年にフェイスブックが誕生したとき、まだ幼児だった。
  • インターネットは常に生活の一部だった。そのためZ世代にとって、オンラインでのブランドを早く確立しなくてはならないというプレッシャーはますます大きくなっている。

今のティーンの中には、数百万人ものオーディエンスとともに育ってきた者もいる。

19歳のアマンダ・スティール(Amanda Steele)は、美容テーマの動画を投稿し、YouTubeで270万人のチャンネル登録者を獲得している。彼女は、2010年にチャンネルを開設したとき、今のような状況になることはまったく想像していなかったと語った。

「YouTubeで動画を見ることや、自分で動画を撮影することが大好きだった。誰も見てくれなくても、動画を撮影して投稿するつもりだった」とアマンダはBusiness Insiderに語った。

「その頃の美容コミュニティには、私が大好きな商品やトレンドについての情報があった。私の実際の生活からだと、そんな情報は得られなかった。私にとって成功とは、私が行うことにただ関心を持ってくれるオーディエンスを獲得すること。Youtubeは私にとって家そのものであり、逃げ場だった。本当の自身でいられる場所だった」

だが、オンライン上でそうした地位を確立することは、簡単なことではなかった。

アマンダは、チャンネルを開設した当初、ネガティブなコメントがどれほど彼女自身を迷わせたかについて語った。フォロワーの目に晒されることで彼女の感性は変化し続けたため、スタイルを変えたと批判されたこともあった。

「自分がどんな人間なのか、自分のスタイルは何か、人生に何を求めるのかといったことに答えを見つけ出そうとしていたときに、フォロワーは私がすでにそれらを確立していることを求めていた。そのことに本当にストレスを感じていた」

フォロワーの中には、彼女が成長過程にあり、いろいろなことにチャレンジして、考え方を変えても良いということに考えが至らないような人もいた。多くのフォロワーにとって、どんな変化でもアマンダの「ブランド」に問題を引き起こすものだった。

「フォロワーは私を特定のスタイルに当てはめていた。だから私が何か新しいことにトライすると、本当のアマンダではないと考えた。だが、私は、私にとって一番大切なことは、自分が何者なのかを知ることだと気づいた。そしてその後、人に見られる人物になることができた」

だが、オンラインでのブランディングに関連する問題は、Youtubeスターだけの問題ではない。Z世代の真ん中にあたる世代は、2004年にフェイスブックが誕生したとき、まだわずか2歳だった。ソーシャルメディアは常にZ世代の人生において重要な部分を占めてきた。

だが若い世代は、オンラインプラットフォームとしばしば複雑な関係を築いている。単につながりを求めたり、スマホ依存症と戦っているわけではない。

Z世代は、自己ブランドを確立しなければならないとプレッシャーを感じている。ファッション、セルフィー(自撮り)、旅行の写真、何か達成したことに関する投稿など、何をメインとするかに関わらず。

1884人の若者を対象にしたBusiness Insiderの調査では、回答者の54%が他の人が何をしているかを知るためにソーシャルメディアを使っていると答えた。投稿されている完璧なイメージの写真を追うことは、若いうちから不安やストレスを抱えてしまう引き金になりかねない。

■Z世代のソーシャルメディアの利用目的

Z世代のソーシャルメディアの利用目的

Yutong Yuan/Business Insider

「インフルエンサーではない人でさえ、ただのインスタグラムの投稿に必要以上にこだわっている。馬鹿げたこと」と20歳のエイナー・エルカサビー(Aynour Elkasaby)はBusiness Insiderに語った。

「あまりにも力を入れ過ぎている。その力をもっと生産的なことに向けるべき」

エイナー自身、以前はソーシャルメディアへの投稿について「考え過ぎていた」と語った。

「自分自身に対して、もっと自信を持つべき。そして何かをするときは、『やらなくてはならない』と考えるのではなく、『やりたい』ことをやるべき」

※敬称略


[原文:Gen Zers say they feel pressured to establish their 'brand' by the time they leave their teens

(翻訳:仲田文子、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み