独立記念日にトランプ大統領が世界に見せたい、米軍の装備の全て

トランプ大統領

Assoicated Press/Alex Brandon

7月4日の独立記念日を盛大に祝う計画のアメリカのトランプ大統領は、戦車から戦闘機まで、あらゆるものをワシントンD.C.で開かれるイベントに持ち込もうとしているようだ。

トランプ大統領は、他国で見られるような大規模軍事パレードをやりたいと以前から希望していた。中でも、パリで観覧したフランス革命記念日の軍事パレードに感銘を受けたという。フランスのパレードについて、大統領は「これまで見た中でも最高のパレードの1つだった」とし、「これを上回るものにしなければならない」と語った。トランプ大統領は軍事パレードを2018年にもやろうとしたが、費用が増大し、実現しなかった。

今回の軍事パレードについては、全てのアメリカ市民にとっての祝日を政治化するものだとか、米軍のパレードは伝統的に戦争に勝ったときのみに行われるものだといった批判もある。だが、大統領は盛大な打ち上げ花火や軍事パレード、戦闘機の実演飛行、大統領の演説などで構成される 「Salute to America(アメリカに敬礼)」と名付けたこのイベントに全力を挙げている。

7月1日(現地時間)、トランプ大統領は「我々は素晴らしい装備、最新の装備を持っている」とし、「我々はワシントンD.C.で素晴らしい独立記念日を迎える。他に類を見ないものになるだろう」と述べた。

トランプ大統領が命じたとされる、イベントに登場予定の装備の全てを見ていこう。イベントにかかる費用は明らかになっていない。


戦車「M1 エイブラムス」

M1 エイブラムス

US Marine Corps Jeremy Fasci

歩兵戦闘車「ブラッドレー」

ブラッドレー

REUTERS/David Mdzinarishvili

M88 装甲回収車

M88 装甲回収車

U.S. Marine Corps photo taken by Cpl. Alexander Mitchell

ステルス爆撃機「B-2」

B-2

Wikimedia Commons

ステルス戦闘機「F-22 ラプター」

F-22 ラプター

US Air Force Photo

ステルス戦闘機「F-35 ライトニング II」

F-35 ライトニング II

US Air Force Photo

戦闘機「F/A-18 スーパーホーネット」

F/A-18 スーパーホーネット

米空軍のアクロバット飛行隊「ブルーエンジェルス」。

U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 2nd Class Timothy Schumaker

戦闘機「F/A-18E スーパーホーネット」

F/A-18E スーパーホーネット

U.S. Navy photo by Chief Mass Communication Specialist Shannon Renfroe

輸送機「MV-22 オスプレイ」

MV-22 オスプレイ

U.S. Marine Corps photo by Cpl. Carlos Lopez

VC-25(エアフォース・ワン)

エアフォース・ワン

AP

VH-92(マリーン・ワン)

マリーン・ワン

AP Photo/Manuel Balce Ceneta

[原文:Here's all the military firepower Trump wants to show off at his big Fourth of July bash]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み