【更新】7pay不正利用、被害試算は900人 総額5500万円。4日14時で「チャージ」完全停止、新規登録も停止へ

7pay サイト

セブンイレブンのキャッシュレス決済「7pay」で、不正利用問題が発生した。

7月4日15:30更新:

  • 不正利用の手法について、「10万円ぶんのタバコを買う」といったことを確認している
  • 不正アクセスのほとんどは海外IPからと言及。国・地域の具体例としては中国の名を挙げた
  • 本人認証などの不備が指摘されているが、同社としては「(サービスイン前の同社のセキュリティー審査では)脆弱性は指摘されていなかった。そこについてはきちんと確認した」という認識
  • 同社は、本件に関して被害届を出す方針
  • デジタル事業全体への影響については「(キャンペーンなどの施策が)期待どおりに進まない可能性はある」

セブン&アイ・ホールディングスは7月4日14時に同社のキャッシュレス決済「7pay(セブンペイ)」の不正利用問題に関する緊急会見をおこなった。

当面の間、セブンペイの現金・クレジットカードを含めたすべてのチャージ機能および新規登録を停止すると発表した。なお、新規登録に関しては原稿執筆時点で停止しておらず、同社は「近日中に停止する」としている。

7pay アイコン

7payのアプリアイコン。

セブン&アイ・ホールディングスによると、7月4日午前6時時点での想定被害者数は約900名。推定被害金額は約5500万円にのぼる。ただし、これらの数値は実際の被害金額ではなく、7月1日のサービス開始から3日間で「1万円以上のチャージを行い、その同額を当日中に支払った人」の累計数からの試算だという。

なお、会見の中では、7月3日の24時時点で、登録ユーザー数は約150万人だったことも明らかにした。

被害については全額、セブンが補償

不正利用の原因について同社は「現在調査中」としており、チャージ、および間もなく実施する新規登録停止中の間に調査を進めるとしている。なお、停止期間は定められておらず、同社は「なるべく早いタイミングで再開したい」と話している。

会見の中で同社は被害の補償に関しては「すべての被害に対して、我々が補償するのが基本原則」と話した。被害を受けた場合やそのほか不安に感じられるサポートについては、既に設置している緊急ダイヤルで問い合わせるようにアナウンスしている。緊急ダイヤルの連絡さきはセブンペイのお客様サポートセンター緊急ダイヤルは次のとおり。

セブンペイのお客様サポートセンター緊急ダイヤル:0120-192-044

(文・小林優多郎伊藤有、撮影・小林優多郎)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み