北京、2番目の国際空港が9月に開業予定

北京で完成したばかりの巨大国際空港をのぞいてみた、北京大興国際空港

Zhang Chenlin/Xinhua via Getty) (Xinhua/Zhang Chenlin via Getty Images

  • 中国・北京の新しい国際空港の建設が完了した。
  • 北京大興国際空港は北京の南部に位置する。開業は9月30日の予定。

北京で2番目の国際空港の工事が完了した。開業は9月30日の予定。

中国の航空需要は増加し続けており、中国の空港はますます混雑が進んでいる。ブルームバーグによると、中国は2022年までに最大の航空市場の座をアメリカから奪うペース。混雑は北京のような大都市にある空港では特に深刻だ。

工事が完了し、総工費129億ドルの施設の全貌が明らかになりつつある。最新の国際空港の内部を見てみよう。

新しい北京大興国際空港(Beijing Daxing International Airport)。9月30日に開業すれば、レジャー、ビジネスの双方で増加する中国の航空需要への対応に寄与するものになる。

北京大興国際空港

Kevin Frayer/Getty Images


北京大興国際空港の開業によって、北京は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、東京など、複数の国際空港を持つ大都市に仲間入りする。

北京大興国際空港

Zhang Yudong/Xinhua via Getty


北京大興国際空港の旅客数は2025年までに年間7200万人、2040年までに1億人と予測されている。

北京大興国際空港

Zhang Chenlin/Xinhua via Getty) (Xinhua/ via Getty Image


空港と北京を結ぶ道路と鉄道はすでに整備されている。開業時にはフルオペレーションとなるはず。

北京大興国際空港

Kevin Frayer/Getty Images


離着陸など複数の主要テストが開業前に行われるとブルームバーグは報じた。最初のテストは5月13日に行われ、中国国際航空、中国南方航空、中国東方航空、厦門(アモイ)航空がさまざまなサイズの機体で参加した。

北京大興国際空港

China Stringer Network/Reuters



空港の建設には、屋外や広大なターミナルビルを含め、5年をかけた。公式発表の概算によると、北京大興国際空港と既存の北京首都国際空港を合わせた年間旅客数は2025年までに1億7000万人になるとブルームバーグは報じた。

北京大興国際空港

VCG/VCG via Getty Images




[原文:Beijing just finished construction on its massive new international airport — here's what it looks like

(翻訳:Makiko Sato、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み