「給与即日払い」のペイミー、サイバーエージェントなどから7億円調達

payme

「給与即日払い」をうたうフィンテックサービスのPayme(ペイミー)。

画像:Paymeウェブサイト

給料即日払いサービス「Payme」を提供するペイミーは創業2周年の7月7日、7億円の第三者割当増資を実施したことを明らかにした。

引き受け先はサイバーエージェント、ミクシィ、インキュベイトファンドの三者だ。

サイバーエージェントについては、2018年頃から再開した「藤田ファンド」からの出資だ。同社代表取締役社長の藤田晋氏が自ら手がける投資で、「若手経営者の応援の側面が強い」(同ファンド担当者)という。

ペイミーの後藤道輝社長が過去にサイバーエージェントの内定者だった経緯もあり、従来から両社のつながりは深く、今回の投資につながった模様だ。

Paymeは、企業の勤怠データと連携して、実労働時間から給与計算を行って即日払いを行うサービス。飲食チェーン・人材派遣・コールセンターなど250社以上と契約しており、サービス導入先の従業員数は12万人、累計の流通金額は15億円にのぼるという。

ペイミーの後藤社長はこうコメントする。

「単身世帯の2人に1人が貯蓄ゼロ、10代20代の貯蓄していない若者の数が60%を超えるいまの時代、体調不良や急な出費といった『もしも』の際に、前払いサービスがあればもっと安心して働けるのでは、との想いからこのサービスを始めた。

今回調達した資金を使い、決裁機能の拡充やより幅広い企業との提携を進めていきたい」

(文・西山里緒)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中