ウィンブルドンの「芝」が示す、テニスの変化

ウィンブルドンの芝コート

芝コートへの立ち入りを禁止する標識

Peter Nicholls/Reuters

  • ウィンブルドンでは長年にわたって、サーブアンドボレースタイルのプレイヤーはますます少なくなっている。
  • プレースタイルの変化は、過去50年の芝コートの摩耗の変化に表れている。
  • プレースタイルの変化と芝コートに与えた影響はまた、ベースラインからボールを打つことのメリットを奪った。

1968年のオープン化(プロ出場の解禁)以降、ウィンブルドンでの戦略は「サーブアンドボレー」でネットに出ていくスタイルから、ベースラインにとどまり、パワフルなショットで長いラリーを戦うというほぼ唯一の戦略へと移行した。

このプレースタイルの変化は2週間にわたる大会での芝コートの摩耗パターンに表れている。芝コートの摩耗はボールの挙動に影響を与え、戦略にも影響する。

過去50年間に行われたウィンブルドン決勝戦の画像から、プレーの戦略と芝コートの摩耗がどのように変わってきたのかを見てみよう。

1970年:マーガレット・コートがビリー・ジーン・キングを破る。プレイヤーはコート全体を使ってプレーしていた。至るところに摩耗が見られ、パターンはほとんどない。

1970年:マーガレット・コートがビリー・ジーン・キングを破る。プレイヤーはコート全体を使ってプレーしていた。至るところに摩耗が見られ、パターンはほとんどない。

YouTube/Wimbledon


1975年:アーサー・アッシュがジミー・コナーズを破る。芝コートの摩耗はまだ広範囲に及んでいる。しかし、すり減っていない小さなエリアが出始めている。

1975年:アーサー・アッシュがジミー・コナーズを破る。芝コートの枯れた部分はまだ広範囲におよんでいる。しかし、すり減っていない小さなエリアが出始めている。

YouTube/Wimbledon


1980年:ビョルン・ボルグがジョン・マッケンローを破る。摩耗はまだ広範囲に及んでいるが、プレーヤーは通常、左右に動く前に中央を駆け上がったため、摩耗した部分はより真ん中にある。

1980年:ビョルン・ボルグがジョン・マッケンローを破る。摩耗はまだ広範囲に及んでいるが、プレーヤーは通常、左右に動く前に中央を駆け上がったため、摩耗した部分はより真ん中にある。

YouTube/Wimbledon


1985年:ボリス・ベッカーがケビン・カレンを破る。プレイヤーはまだネットプレーを行っていた。だが、摩耗パターンはネット際とベースライン際が左右に広がっているアルファベットの「I」のような形をしている。

5d1f6aaca17d6c1d29054d86

YouTube/Wimbledon


1990年:マルチナ・ナブラチロワがジーナ・ガリソンを破る。サーブアンドボレーをしない選手の中には、ショットにスピンをかけ、摩耗した芝を利用した者もいた。芝コートの摩耗した部分ではバウンドはほぼ予測不可能になったからだ。

1990年:マルチナ・ナブラチロワがジーナ・ガリソンを破る。サーブアンドボレーをしない選手の中には、ショットにスピンをかけ、擦り切れた芝を利用した者もいた。芝コートの摩耗した部分ではバウンドはほぼ予測不可能になったからだ。

YouTube/Wimbledon


1995年:シュテフィ・グラフがアランチャ・サンチェス・ビカリオを破る。サーブアンドボレーの痕跡はまだ見られるものの、1990年代半ばまでに芝コートの摩耗はベースライン付近に集中してきた。

1995年:シュテフィ・グラフがアランチャ・サンチェス・ビカリオを破る。サーブアンドボレーの痕跡はまだ見られるものの、1990年代半ばまでに芝コートの傷みはベースライン付近に集中してきた。

YouTube/Wimbledon


2000年:ピート・サンプラスがパット・ラフターを破る。2000年代初頭までに、ネットプレーはもはや主要な戦略ではなくなった。だが、ペースを変えたり、意表を突く戦略として使われていた。その結果、ベースラインからのショットのバウンドは予測しやすくなった。

2000年:ピート・サンプラスがパット・ラフターを破る。2000年代初頭までに、ネットプレーはもはや主要な戦略ではなくなった。だが、ペースを変えたり、意表を突く戦略として使われていた。その結果、ベースラインからのショットのバウンドは予測しやすくなった。

YouTube/Wimbledon


2005年:ロジャー・フェデラーがアンディ・ロディックを破る。まだネット近くに摩耗はあるが、2000年代半ばの大きな変化は摩耗した芝の位置がベースラインのより深い位置になったこと。以前はベースラインの前後にあったが、ほぼ全体がベースラインの後ろになった。

2005年:ロジャー・フェデラーがアンディ・ロディックを破る。まだネット近くに摩耗はあるが、2000年代半ばの大きな変化は枯れた芝の場所がベースラインのより深い位置になったこと。以前はベースラインの前後にあったが、ほぼ全体がベースラインの後ろにある。

YouTube/Wimbledon


2010年:セリーナ・ウィリアムズがベラ・ズボナレワを破る。ネットプレーをするプレーヤーが少なくなるにつれ、カバーしなければならないエリアは小さくなった。

2010年:セリーナ・ウィリアムズがベラ・ズボナレワを破る。ネットプレーをするプレーヤーが少なくなるにつれ、カバーしなければならないエリアは小さくなった。

YouTube/Wimbledon


2015年:ノバク・ジョコビッチがロジャー・フェデラーを破る。興味深いことにカバーするエリアは狭くなったものの、同時にプレーヤーがよりパワフルになったため、より深い位置でプレーするようになり、コートのサイズは事実上広くなった。

2015年:ノバク・ジョコビッチがロジャー・フェデラーを破る。興味深いことにカバーするエリアは狭くなったものの、同時にプレーヤーがよりパワフルになったため、より深い位置でプレーするようになり、コートのサイズは事実上広くなった。

YouTube/Wimbledon


2018年:ノバク・ジョコビッチがケビン・アンダーソンを破る。2018年、プレイヤーはよりネットに出るようになったため、ネット近くに少し摩耗が表れた。サーブアンドボレーの時代からは程遠いが、ここ数年はちょっとした“復活”が見られた。

2018年:ノバク・ジョコビッチがケビン・アンダーソンを破る。2018年、プレイヤーはよりネットに出るようになったため、ネット近くに少し摩耗が表れた。サーブアンドボレーの時代からは程遠いが、ここ数年はちょっとした復活が見られた。

YouTube/Wimbledon




[原文:Images of the Wimbledon grass show how much tennis has changed over the last 50 years and the impact on the ball is huge

(翻訳:Toshihiko Inoue、編集:増田隆幸)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中