再選の可能性は高い? トランプ大統領の支持率が就任以来、最高に —— 最新世論調査

トランプ大統領

AP Photo/Manuel Balce Ceneta

ロゴ

  • ワシントン・ポストとABCニュースが行った最新の世論調査では、トランプ大統領の支持率が就任以来、最も高かった。
  • トランプ大統領の支持率は44%。
  • 世論調査の結果、トランプ大統領を「支持する」と答えた人の大半が、前副大統領で2020年の大統領選を目指している民主党のジョー・バイデン氏よりも、トランプ大統領の方が大統領として好ましいと回答した。これは、トランプ大統領の振る舞いは大統領らしくないと考えている有権者ですら変わらなかった。

アメリカのトランプ大統領は、ワシントン・ポストとABCニュースの最新の世論調査で、就任以来、最も高い支持率を得た。

トランプ大統領の仕事ぶりを支持しないアメリカ人は依然として多いが、今回の世論調査ではその割合は53%だった。

一方、トランプ大統領の支持率は44%と、4月から5ポイント上がった。大統領の経済運営をアメリカ人の51%が支持していることが支持率の上昇を後押しした。

トランプ大統領は2016年の大統領選で約46%の票を得て、勝利した。

ワシントン・ポストとABCの調査では、 有権者の8人に1人がトランプ大統領の振る舞いは大統領らしくないとしつつ、それでも「支持する」と回答した。また、こうした人々の3分の2が、2020年の大統領選に向け、民主党の有力候補と見なされている前副大統領のジョー・バイデン氏よりも、トランプ大統領の方が大統領として好ましいと答えている。

これは失言しようと物議を醸そうと、それに左右されることのない非常に忠実な支持基盤がトランプ大統領にはあることを示している。

再選を目指すトランプ陣営は先週、4~6月期に1億500万ドル(約114億円)の献金を集めたと発表し、資金集めで民主党候補たちを圧倒した。

だが、トランプ大統領にとって、今回の世論調査は良い話ばかりではない。例えば、アメリカ人の10人に6人以上は、トランプ大統領の振る舞いは大統領らしくないと考えていて、半数以上が「支持」したのは経済政策のみだった。また、今、選挙が行われたら、誰を支持するかとの問いに対しては、バイデン氏が53%の支持を得て、トランプ大統領(43%)を上回った。

それでも、トランプ大統領には2020年の大統領選に向けて、強い支持基盤と見事な資金力がある。一方の民主党はバラバラで、それが大統領選にも影響を及ぼし、結果的にトランプ大統領に有利に働きかねない。

大統領選(一般選挙)は1年以上先のことで、今後、さまざまな変化が起こり得る。だが、トランプ大統領の再選に向けた戦いは順調と言えそうだ。

[原文:A new poll shows Trump has a major shot at being reelected in 2020]

(翻訳、編集:山口佳美)

ソーシャルメディアでも最新のビジネス情報をいち早く配信中

あわせて読みたい

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み